ECロンドン留学生による語学留学ブログ|ディケンズミュージアム

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

ディケンズミュージアム

January 21, 2014

Dikenzzzz
クリスマス・キャロルやオリバーツイストの作者、チャールズ・ディケンズのミュージアムに友だちと行ってきました。
至って普通の住宅街にある、ディケンズと彼の家族が実際に住んでいた家が、博物館になっています。

実は私、彼の作品を一切読んだことがなく、何の知識もなく行ってみてもいいものだろうか、面白いのだろうか、、、と思っていたのですが、私がとても好きだったのが、これ。



ディケンズの食卓、なのですが、ディケンズの親しい友人それぞれに定位置があって、彼らの席に置かれているお皿に似顔絵と、ちょっとした説明文がついていました。
左手にいつも親友が座って、この三人が飲み友だちでよく一緒に出かけて、、、などなど。
本を読んでいない、ディケンズに対する一切のイメージがなかった私としては、全く知らない人の家にいって、その人の交友関係や人柄を、部屋の様々なところにある小さなキャプションの文章を読んで垣間見る、という新鮮な体験、違った楽しみ方をしたかな、と思います。

10ヶ月ロンドンにいますが、普通の生活を送るのでいっぱいいっぱいで、なかなか美術館や博物館に行けていなかったのですが、帰国が迫ってきた今、せっかくだからいろんなところ、いっておかないと、、、と焦っている次第です。
 ≪ 美味しいごはん。 日本から友だちが来ていました。 ≫ 

プロフィール

profile
津賀 恵さん(20歳)
美術大学の彫刻科で勉強しています。やりたいことは積極的に消化していかないと、時が過ぎるのは早い!ということで、留学に踏み切りました。散歩が趣味なので、現地ではたくさんの美術館、画廊等に足を運び、さまざまな展示を観たいです。人種、文化、芸術のるつぼであるロンドンでの出会いの機会を大切に、一つひとつの新鮮な体験を、後の糧にしたいと思います。

カレンダー

ECロンドンに通う留学生ブログのページです。
留学の実現はここからスタート!短期留学や語学留学はもちろん、ワーキングホリデー、大学留学、大学院留学まで幅広くご紹介している留学ジャーナルが、皆さんの海外留学への思いをカタチに変えます。海外留学の実現は、留学ジャーナルで!

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

TOP