ELSブリストル留学生による語学留学ブログ|文化の違い difference of culture

留学ジャーナル|留学相談から滞在中のケアまで

留学のことなら、なんでも相談ダイヤル フリーコール:0120-890-987

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

文化の違い difference of culture

February 13, 2015


ブログも最終戦という事で、私が留学生活で得たことや、みなさんが留学前に気になるであろう情報などを、共有しようと思います。

今日は、この7ヶ月間、英語以上に学んだこと。文化の違いについて書こうと思います^^! 



まずは、アメリカ人。全てに対してストレートです。日本人からするとズバズバ物事を言われて傷つくことが少なくなかったです。向こうはただ単に思ったことを言っているだけで、傷つく必要はないのですが、私には慣れていない文化なので、ストレートパンチとなって、結構ぐさぐさきました。笑


でも反対に、何か相談すると具体的すぎる位の答えが返ってきます。なので相談したその場で的確な答えがいつも見つかりました。とてもいい相談相手でした!

 

そして、日本はよく「察する文化」と言われますが、本当にその通りです。


アメリカは、何でも言わないと伝わらない、という文化なので、自分の考えははっきり伝えるし、嫌なことがあったらすぐその人に言うし、まあ溜め込まないからストレスとかは溜まらないしいいのかな。

でも前のホストマザーと彼は本当によく喧嘩をしていて、私は関係ないのにその度によく胃が痛くなっていました。笑 


中国人は、ありがとう、という言葉をほぼ使いません。仲のいい友達に台湾人と中国人の子がいるのですが、日本で使う場面でありがとう、と言うと、何でありがとうって言うの?とよく不思議がられました。車で往復一時間位かけて私の家までわざわざ送ってくれた時も、自然にありがとうって言ったら、ありがとうと言う必要はないよ、もっと長距離の時だけ使ってと。

まじか〜とびっくり。中国では、感謝を表す事は距離を感じるのかな。よくtoo politeと言われました。親しければ気を使わない方がいいということみたいですね〜

 

ラテン系やヨーロッパ系の国はどこでも陽気で、目が合う度ウインクするし、とにかく態度がでかい。授業中もです。日本では考えられない様な体勢で毎日授業を受けていました。笑


でもこれも全部人にもよると思うので一概には言えませんが、私がこの留学生活で感じた文化の違いの一部です。

 

あとは・・この話題のついでに、留学を考えている日本の男性の方。

レディーファーストはこっちに来る時に、ぜひ意識してほしいことです!

日本以外の国は、ほぼ全員と言って良いほどレディーファーストが身に付いているので、アメリカでしないと結構違和感を感じられると思います。

 



そして、何と言っても!留学する時に1番気になる問題、治安のことですよね。

日本は本当に治安が良い国だと、こっちで生活していると何度も思います。

でもブリストルはとても治安が良くて夜道を一人で歩いても怖い思いをしたことがありません(ホームレスや怖い人も見たことがありません)


が!首都のプロビデンスに行くと、一人で夜歩くのは怖いです。バスの乗客も夜遅いと客層の柄が変わります。黒人の人や貧困層の人が一気に増えます。

あと夜に限らず早朝でも、プロビデンスのバスターミナルの待ち合い室はバスを待っているだけなのに、周りには目を合わせてはいけないような人が結構いるので、気を張ります。

でもプロビデンスに夜や早朝行くなんてことはNYCなどへ旅行する時だけなので、日常生活では関係ないです。


一度、夜道の公園をどうしても歩かなきゃ行けない時があったのですが、案の定、ホームレスに物乞いをされ、食べかけのクッキーをあげたこともありました。

こちらで生活していると精神面もかなり鍛えられている場面が多いです・・

 

治安の違いは、ニューヨークなど都会に行くと余計に分かります。NYの地下鉄の駅はデパ地下みたいな感じで人がいっぱいいるのですが、奇声を発したり、外見が怖い人がたくさんいました。

それを象徴するかのように、警官が5m間隔ぐらいで立っていました。確かに警官が常にパトロールしていないと何かが起きてもおかしくなさそう。

でもダウンタウンの観光客でにぎやかな所では一人でニューヨークの夜道を歩けました。常に気は張ってましたが。


ということで日本がどれだけ治安がいいか、実感します。本当に平和な国です。

 

 

最後に最近びっくりしたこと。

アメリカの大学の数学は日本の中高生レベルということを知りました!

もちろんアメリカでも数学専攻の学生はすごいと思いますが、義務教育で受ける数学は日本と比べると結構レベルが低いです。

アジアは数学がすごい、と良く言われるのですが、現地の大学の友達の数学ノートを見てびびりました。大学生にして、なんと、分数のかけ算割り算をやっていました。

でも難しいと言っています・・・


でも確かに学校の先生もこの前、500ー350の計算を暗算できなくて黒板に書いて計算してて、んん?とかなりの衝撃をうけました。笑 

おーい150だよー・・


それに比べたら日本人は数学がすごいと言われるのは当たり前ですね。

 

こういうことも、一緒に過ごしているから気づけることですね^^



 ≪ American family Super Bowl ≫ 

プロフィール

profile
高井 小与実さん(25歳)
高校の頃から海外生活、留学、語学習得に憧れを持ち続け、社会人になり資金を貯めたら行こうと決めていました。気づけば社会人4年目、今しかできないことをしたい!場所は以前旅行で行って感銘を受けたアメリカ、NY。…の近くの郊外の港町。海外ドラマの影響で、広大な敷地の芝生のある大学に憧れていたため、この学校に一瞬で惹かれました。人生で一番タフになって、一番冒険する濃い時間にします!

カレンダー

ELSブリストルに通う留学生ブログのページです。
留学の実現はここからスタート!短期留学や語学留学はもちろん、ワーキングホリデー、大学留学、大学院留学まで幅広くご紹介している留学ジャーナルが、皆さんの海外留学への思いをカタチに変えます。海外留学の実現は、留学ジャーナルで!

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

フリーコール:0120-890-987

留学に関するお問い合わせはお気軽にお電話にてご相談ください

サイト内検索

本社:〒160-0016 東京都新宿区信濃町34 JR信濃町ビル6階
観光庁長官登録旅行業第1695号 一般社団法人留学サービス審査機構(J-CROSS)認証事業者
一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員 一般社団法人留学・語学研修等協議会(CIEL)正会員 一般社団法人海外留学協議会(JAOS)正会員
NAFSA Association of International Educators会員 特定非営利活動法人国際教育交流協議会(JAFSA)賛助会員
このサイトに関するお問い合わせは e-mail:webmaster@ryugaku.co.jp

TOP