ECボストン留学生による語学留学ブログ|実は・・クラスが上がりました・・・

留学ジャーナル|留学相談から滞在中のケアまで

留学のことなら、なんでも相談ダイヤル フリーコール:0120-890-987

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

実は・・クラスが上がりました・・・

November 11, 2009

もう4週間も前のことになるのですが、実は、学校のクラスが上がりました・・・!
私は今まで、上から2番目のレベルのクラスにいたのですが、
な、なんと一番上のレベルのクラスに昇進してしまいました・・・!!

これって普通うれしいことですよね(;^_^ A
上のタイトルも「クラスが上がりました!!」と元気よく書くべきですよね(;^_^ A
でも、上のタイトルが表わしている通り、私の心は複雑なのです・・。

実はですね、9月頭、つまり2カ月以上も前から「上のクラスにあがっていいよ」と
先生から言われていたのです。
でも、私はいろいろと理由をつけては、上のクラスにあがる時期を後ろ後ろに
ずらしてきました(;^_^ A

その理由は・・・・・
   一番上のクラスになると圧倒的にテキストが難しくなって
    宿題の量も増えるから!!

という、なんともお恥ずかしい子供じみた理由でした(;^_^ A

特に私の場合、大学とか大学院受験のためにアメリカに来ているわけではないので、
できれば、語学学校にも「厳しさより楽しさ」を求めて通っていましたので・・。

実際に上のクラスにあがってみると、今までのクラスとはかなり様子が違っていました。
今までのクラスでは、英文法や新しいイディオムを習ったりすることが中心でしたが、
今度のクラスは、まるで大学のゼミのような内容です。

どのような授業内容かというと、たとえば・・・

1.数ページあるエッセイを読んで、制限時間内に設問に答える。
  ちなみに、エッセイの中には分からない単語もたくさんでてくるのですが、
  これらの単語をいちいち辞書で引いていると制限時間内に設問が解けないので、
  分からなくても前後の文脈で推測していくしかないのです。
  なので、エッセイの中で重要となる単語の意味を推測し間違えてしまうと、
  設問の答えも、求められている回答とは180度違ったものになって
  しまったりして、私はかなり痛い目に合っています(>_<、)

2.ディベート
  これなんかまさに、大学のゼミみたいですよね~。
  しかも、ディベートする内容が難しいんです。私は今まで2回やりましたが、
  1回目のテーマは「銃規制を厳しくすればアメリカはより安全な国になれるか」
  2回目は「遺伝子組み換え作物のメリットとデメリットはどちらが大きいか」

  遺伝子組み換え作物の話なんて、専門用語が多すぎて、日本語でも議論が難しい
  のに、英語でなんて本当に泣きそうでした。
  今のところ2回とも、優秀なクラスメートのおかげでなんとか乗り越えています。

3.プレゼンテーション
  これは、今までのクラスでも頻繁に行ってきたので、要領は得てきました。
  ただし、今までのクラスと違うところは、要求される長さの違い。
  今までは大抵5分~10分でしたが、このクラスでは30分を要求されます(;^_^ A


大体、授業の中で柱となってくるのは、以上の3点です。
ディベートもプレゼンテーションも、家でリサーチしたりパワーポイントを作って
きたりしないといけないので、まるで大学生に戻ったような感覚になっています。
大学生の頃と違うのは、自分自身の肉体と精神の衰えだけ・・(;^_^ A

そうそう、上の3点につけくわえて、2週間に一回、エッセイも書いてくるように
言われるんですよ~・°°・(>_<)・°°・。

「先生!私は他の生徒みたいに若くないんです!」
「夫のために家事もしなきゃならないし」「だから免除して!」

・・・・と言えたらどんなにいいかな、と思っている今日この頃です・・・(;^_^ A

ただ、もちろん、も・ち・ろ・ん!
このクラスの方が、「真面目に課題をこなせば、力がつく授業内容になっている」
と確実に思います。
一番上のクラスだけあって、クラスメートたちも「ハーバード大学」や「MIT大学」
を目指している生徒が多くて、刺激にもなります。

たった4週間経験しただけで、根をあげそうになっている私ですが(;^_^ A
なんとか卒業まで、取り残されないで、皆について行けたらな~と思います!

ちなみに、このクラスでお食事会に行った時の写真を載せまーす。
私以外は、「ヨーロッパ系」と「サウジアラビア」の人しかいないんですよ☆
みんな陽気で良い人そうでしょ?!それもまたこのクラスの魅力です(^-^)☆

%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%B7%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%88%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%BC.jpg

 ≪ セルティックス初観戦!! 人間観察&想像のエッセイ ≫ 

プロフィール

profile
新井 さくらさん
社会人になって海外旅行にはまり、旅先で困らないようにと始めた英会話。上達するにつれ「もっとペラペラになりたい」との思いは募るものの、留学なんて夢のまた夢・・・。そう思っていたのに、夫の海外赴任でボストンに住むことに!歳を重ねるにつれて新たなチャレンジには臆病になっていたけれど、せっかく舞い込んだチャンスなので、いろんな新しいことに挑戦したいです。

※2009年4月~2010年1月ブログ担当

カレンダー

ECボストンに通う留学生ブログのページです。
留学の実現はここからスタート!短期留学や語学留学はもちろん、ワーキングホリデー、大学留学、大学院留学まで幅広くご紹介している留学ジャーナルが、皆さんの海外留学への思いをカタチに変えます。海外留学の実現は、留学ジャーナルで!

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

フリーコール:0120-890-987

留学に関するお問い合わせはお気軽にお電話にてご相談ください

サイト内検索

本社:〒160-0016 東京都新宿区信濃町34 JR信濃町ビル6階
観光庁長官登録旅行業第1695号 一般社団法人留学サービス審査機構(J-CROSS)認証事業者
一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員 一般社団法人留学・語学研修等協議会(CIEL)正会員 一般社団法人海外留学協議会(JAOS)正会員
NAFSA Association of International Educators会員 特定非営利活動法人国際教育交流協議会(JAFSA)賛助会員
このサイトに関するお問い合わせは e-mail:webmaster@ryugaku.co.jp

TOP