ECボストン留学生による語学留学ブログ|恐ろしや・・・スノーストーム!!

留学ジャーナル|留学相談から滞在中のケアまで

留学のことなら、なんでも相談ダイヤル フリーコール:0120-890-987

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

恐ろしや・・・スノーストーム!!

December 23, 2009

18日~20日の2泊3日で、ニューヨークに行ってきました!!

今日は、NYで見た美しいクリスマスイルミたちをご報告するつもりでした・・。
がッ、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、19日~20日にかけて
アメリカ北東部にスノーストームがやってきたのです。

アメリカに来て初めてのスノーストーム・・・!!
しかも、旅先で体験することになろうとは・・・(;^_^ A

私たちは20日にニューヨークからボストンにバスで帰ることになっていたのですが、
前日から降り積もった雪で、バスは全便キャンセルに。

機転を利かせた夫のおかげで、アムトラック(列車)の夜7時の便をなんとか
予約することができたのですが、空いていたのがファーストクラスしかなくて、
かなり痛い出費に(;_;)
さらには、列車も、たくさんキャンセル便が出たり、なんとか出発できた便も
3~5時間の遅延が出ていたりしていて、自分たちが予約した列車が本当に
出発するのかどうか、直前まで分からないような状態でした。

↓↓こちらは、アムトラックの列車を待つ人々であふれかえった駅の様子。

%E3%83%9A%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%81%A7%E5%BE%85%E3%81%A4%E4%BA%BA%E3%80%85.jpg


こういう状態は、日本の台風のときと似ていました。
皆、自分の列車が出発するのかどうか分からない中で、辛抱強く待っていました。

ボストン行きが全線キャンセルになってしまったバスステーションでは、
「泊る所(orお金)がない」と言って、そのままそこで夜を明かそうとしている人が
7~8人いました。

私たちが予約した列車は、ラッキーにも1時間半の遅延で出発することができました。
列車に乗り込んだ乗客たちは、ほとんどが私たち夫婦と同じように、バスや飛行機の
キャンセルのために慌ててアムトラックを予約した人たちだったようで、
列車が動き出すと、皆、安堵のためか、ハイテンションで知らない乗客とも
おしゃべりしだし、車内はちょっとしたお祭り騒ぎ状態に(≧∇≦*)

私も、そのお祭り騒ぎに参加したかったのですが、なんだか熱っぽくて、関節も
痛み出して。具合が悪くて、ぐったりしてしまいました(;_;)

なんとか深夜0時過ぎにボストンに帰りつき、タクシーで自宅マンションに帰りついた
ときには、精神的にも肉体的にもボロボロになっていました。
極寒&吹雪の中、クリスマスイルミを見るために屋外に出ていたのが災いしたのか、
はたまた、バスの全線キャンセルでバタバタしたせいか、
寒い駅構内で、いつ来るかわからない列車を待ち続けたせいか、
私は久しぶりに高熱を出してしまいました・・・(;^_^ A

今はもう熱はありませんが、喉がひどく痛いです・・・(;_;)

スノーストーム・・・。それは、とても恐ろしいものでした・・・。
今度スノーストームに出会うときは、絶対に旅先ではないことを祈ります!
いや、というか、もうスノーストームには出会いたくない!!
やっぱ、北国の冬は一筋縄ではいかないデス。
特に、私のような九州人には・・・(;^_^ A 
いやはや、手痛い洗礼をうけましたデス。

最後にコレ↓↓は、泊っていたホテルの前の道路で撮影した写真です。
こんなに雪が積もっているの見るのって・・・。スキー場以外では初めてかも(*^_^*)

%E3%83%9B%E3%83%86%E3%83%AB%E5%89%8D%E3%81%AE%E9%81%93.jpg


スノーストームは、ホンットに辛かったけれど、そんな吹雪の中でも
美しいイルミネーションはばっちり見てきたので、その写真は次回のブログに
載せますね~(^ Q ^)/゛

日本も寒くなってきていると思いますので、皆さまも風邪等にお気をつけくださいね!

 ≪ クリスマスイルミネーション(in Boston)☆ クリスマスイルミネーション (in NY) ☆その1 ≫ 

プロフィール

profile
新井 さくらさん
社会人になって海外旅行にはまり、旅先で困らないようにと始めた英会話。上達するにつれ「もっとペラペラになりたい」との思いは募るものの、留学なんて夢のまた夢・・・。そう思っていたのに、夫の海外赴任でボストンに住むことに!歳を重ねるにつれて新たなチャレンジには臆病になっていたけれど、せっかく舞い込んだチャンスなので、いろんな新しいことに挑戦したいです。

※2009年4月~2010年1月ブログ担当

カレンダー

ECボストンに通う留学生ブログのページです。
留学の実現はここからスタート!短期留学や語学留学はもちろん、ワーキングホリデー、大学留学、大学院留学まで幅広くご紹介している留学ジャーナルが、皆さんの海外留学への思いをカタチに変えます。海外留学の実現は、留学ジャーナルで!

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

フリーコール:0120-890-987

留学に関するお問い合わせはお気軽にお電話にてご相談ください

サイト内検索

本社:〒160-0016 東京都新宿区信濃町34 JR信濃町ビル6階
観光庁長官登録旅行業第1695号 一般社団法人留学サービス審査機構(J-CROSS)認証事業者
一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員 一般社団法人留学・語学研修等協議会(CIEL)正会員 一般社団法人海外留学協議会(JAOS)正会員
NAFSA Association of International Educators会員 特定非営利活動法人国際教育交流協議会(JAFSA)賛助会員
このサイトに関するお問い合わせは e-mail:webmaster@ryugaku.co.jp

TOP