ECロンドン留学生による語学留学ブログ|男子禁制

留学ジャーナル|留学相談から滞在中のケアまで

留学のことなら、なんでも相談ダイヤル フリーコール:0120-890-987

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

男子禁制

May 07, 2009

今回は男子禁制です。
エゲレスのハムステッドは、ベルサイズパーク駅の近くにある女の園をご紹介しますので。

というのはまぁ冗談で、そこの兄ちゃん、姉ちゃん、寄っておいで見ておいで!
ロンドンの女子寮大公開だよ◎


まず建物の外観。
うーん、古めかしいでしょ。

DSC02180_b.JPG

そしてコレは私の部屋のある廊下。
寮とは言っても、一人部屋が並んでいるのでホテルのようですよね。
この建物全体で50部屋近くあるのでは??

DSC02194_b.JPG


そしてコレが私の部屋です。各部屋、少しずつ家具の配置が違うんですよね。
広さも少しずつ違います。

DSC02184_b.JPG

DSC02189_b.JPG


今回皆さんに一番お見せしたかったのはコレ!
私の部屋のドアです。何が特別なのかって、部屋の番号を見てみて下さい。


DSC02202_b.JPG


DSC02199_b.JPG


…「4」

日本だと、四という数字は、死を連想させるということで、部屋番号などに使われないですよね。
4番の部屋に住めるのなんて海外(韓国・中国はどうなのかな?)だけ!ということで特をした気分◎

しかしながら、その自分の部屋が4だということに気付いたときには、
少しばかりぎょっとしたのも事実です。

といっても、数日、もしくは1週間ほど経ってから、「お!この部屋、四じゃん!」と気付いたのですが笑


ハイ。こんな感じです。

この写真、昨日撮ったのですが、そのために部屋を片付けたんです。
なまじ慣れない片付けなどをやってしまったので、
ペンケースを飾り棚に置いたまま、
今日は学校に筆記用具無しで行ってしまいました。

 ≪ ピクニック Cambridge ≫ 

プロフィール

profile
I.M.さん
宮崎公立大学4年生。専攻の英米文学を勉強する中で、イギリスで英語を学ぶことに憧れ、’08年10月から10ヵ月間の予定でロンドンに留学。英語の生活に身を浸し、英語の感覚を肌で学ぶ生活に期待しています。イギリス文学の作家の生地などを訪ねてみたいですね。ネイティブにより近い感覚で文学作品を楽しめるようになることが到達目標です!
※2008年09月~2009年08月ブログ担当

カレンダー

ECロンドンに通う留学生ブログのページです。
留学の実現はここからスタート!短期留学や語学留学はもちろん、ワーキングホリデー、大学留学、大学院留学まで幅広くご紹介している留学ジャーナルが、皆さんの海外留学への思いをカタチに変えます。海外留学の実現は、留学ジャーナルで!

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

フリーコール:0120-890-987

留学に関するお問い合わせはお気軽にお電話にてご相談ください

サイト内検索

本社:〒160-0016 東京都新宿区信濃町34 JR信濃町ビル6階
観光庁長官登録旅行業第1695号 一般社団法人留学サービス審査機構(J-CROSS)認証事業者
一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員 一般社団法人留学・語学研修等協議会(CIEL)正会員 一般社団法人海外留学協議会(JAOS)正会員
NAFSA Association of International Educators会員 特定非営利活動法人国際教育交流協議会(JAFSA)賛助会員
このサイトに関するお問い合わせは e-mail:webmaster@ryugaku.co.jp

TOP