ECマンチェスター留学生による語学留学ブログ|プラハ 2(注意点)

留学ジャーナル|留学相談から滞在中のケアまで

留学のことなら、なんでも相談ダイヤル フリーコール:0120-890-987

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

プラハ 2(注意点)

November 17, 2016

前回プラハについて書きましたが今回別にして書きたいことがあります!それはプラハでの「注意点」です!

注意点とは「お金」です!プラハにはたくさんの観光客がきます。その観光客をねらった姑息な商売をする人やお金をだまし取ろうとする人達がいます。まあ、観光地の宿命ではありますが、、、

実際に経験した具体例を何個か載せたいと思います。友達とスーパーにいって色々別で買いました。そしたら、一番最後に買い物をした友達がすごく遅くて心配して戻ったら友達が店員さんともめていました。理由を聞くと200チェココルナ渡したのにおつりが足らないと言っていました。店員さんに言うと100チェココルナだったと言っていました。そこからはその一点ばりで結局お金は帰ってきませんでした。友達は確実に200だったと言っていました。前にその友達とロンドンに行ったときにお土産を買ったのですがその時多くおつりが来てその友達はわざわざ返しにお土産屋さんに引き返すほど正直者なので嘘をついてるとは思いませんでした。

もう一つは夜の街にはパブやストリップクラブの集客の人がうろうろしています。彼らはエントランスフリーや飲み放題など一見いい条件に見える言葉で捕まえようとしてきます。ぼくらはかなり慎重だったので名前をネットで調べたり実際にパブに見に行ったりしたので引っかかることはなかったのですが知らない町でどこに行ったらいいかわからない観光客をそのような手口でぼったくろうとする人たちもいます。

観光地の宿命ではありますがプラハに行ったときは気をつけてください。

ちなみにこのOld town squareの所にめっちゃくちゃいます。

image3.JPG

 ≪ プラハ 1 サッカートーナメント 二回目 ≫ 

プロフィール

profile
山喜 賢友さん(21歳)

なんとなく大学生活を過ごしていましたが、何か物足りなく大きなことに挑戦したいと思いました。そこで、せっかく英米文学科に所属しているのだから英語を話せるようになって卒業したいと思い、留学を決意しました。私はサッカーが好きなので本場のイギリスでサッカーを観るのが小さい頃からの夢でした。また、観光も好きなので様々な場所を訪れ、多くの人と関わり、英語だけでなくイギリスの文化など日本では経験できない多くのことを学びたいです。

カレンダー

ECマンチェスターに通う留学生ブログのページです。
留学の実現はここからスタート!短期留学や語学留学はもちろん、ワーキングホリデー、大学留学、大学院留学まで幅広くご紹介している留学ジャーナルが、皆さんの海外留学への思いをカタチに変えます。海外留学の実現は、留学ジャーナルで!

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

フリーコール:0120-890-987

留学に関するお問い合わせはお気軽にお電話にてご相談ください

サイト内検索

本社:〒160-0016 東京都新宿区信濃町34 JR信濃町ビル6階
観光庁長官登録旅行業第1695号 一般社団法人留学サービス審査機構(J-CROSS)認証事業者
一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員 一般社団法人留学・語学研修等協議会(CIEL)正会員 一般社団法人海外留学協議会(JAOS)正会員
NAFSA Association of International Educators会員 特定非営利活動法人国際教育交流協議会(JAFSA)賛助会員
このサイトに関するお問い合わせは e-mail:webmaster@ryugaku.co.jp

TOP