「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

私の留学体験談

一覧をみる

海外で働いてみたい!ワーキングホリデーで叶えた夢 

カナダ/トロント

文化の違いを受け入れることで人間関係がスムーズに

留学生活で得たものは、たくさんあると思います。最初は、学校の授業に必死についていっていました。4ヵ月経った頃には、テストにおいては自分から点数を取りに行くようになり、仕事ではもっとナチュラルに会話ができるようになりたいと思いました。初めは聞き取ることに一生懸命でしたが、だんだん相手の言いたいことはわかるようになってきました。

人間関係においては、育ってきた文化が違い、お互い母国語でない英語でコミュニケーションを取らなければならないため、たまに噛み合わないこともありますが、そこは、仕方ない。と、受け入れることもしばしばありました(笑)。

学校の友達やホストファミリーのおかげで寂しさを感じなかった!

印象に残っているのは、やはり一番最初のクラス。入学当初は、授業についていくことに必死でした。レベルが上がるにつれ、みんなクラスはバラバラになっていきますが、それでも廊下などで会えば、「Hi! How are you?」と関係が続いていることを実感できることがうれしかったです。

ホストファミリーとの思い出は、日々の生活です。祝日や、季節、文化、家族の時間をとても大切にしている家族で、ホームステイをしているときは寂しさを感じることもありませんでした 。

英語を英語で理解することが大切

他国の人は、文法が苦手でも、語い力に長けています。そのせいかSpeaking、Listeningにおいても上のクラスに行くにつれて日本人は減ってきます。

日本にいる間にしておいた方がいいと思うことは、英語を英語で理解しようとすることです。例えば、Grammarの単語が頭に入っていれば先生の解説も頭に入ってきやすいです。また、入学後は、現地に入れば、多少はSpeakingもListeningもできるようになると思うので、自然と伸びる部分だけでなく、自分から学びにいって自分で能力を伸ばしていくことがキーポイントになってくると思います。わたしはそこに気づくのが遅く、少し後悔した部分もありました。でも、気づいたからよかった ! 「英語を英語で理解する」ことが大切だと思います。

帰国後も役立つ、現地での仕事で学んだ接客英語

カナダでの職探しは、e-Mapleやindeedというサイトで検索しました。私がいたトロントでは、酒類の提供には資格が必要であり、それを持つことでアルバイトの幅も広がるということでしたが、私は残り期間も短かったため資格なしでサーバーとして雇ってもらえるお店で働いていました。接客用語を学べたことが帰国後のアルバイトでも大いに役立っています。

帰国後、活かされるカナダでの経験

帰国して約1年半が経ち、カナダでの生活は本当にあっという間だったと感じています。帰国直後はTOEICがとても伸びていたので喜びましたが、その後なかなか伸びず、今も勉強しているところです。また、SNS等を通して、カナダで知り合った友達ともたまに連絡を取ったりもしていました。

現在は、留学中の体験を大学の後輩に伝えたり、留学を考えている学生にアドバイスをしたり、ボランティアとして通訳のようなことをしたりしています。加えて渡航前からの目標としていたJ-shineの資格取得に励んでいるところです。もう長期での海外滞在の可能性は低いですが、日本でできること、次の世代に海外へ一度は踏み出してみることの魅力を伝えていきたいと考えています。また機会があれば、私も長期で海外を旅行したいと思っています!

留学ジャーナルの
カウンセリングの感想

留学からワーキングホリデーに変更したのもカウンセラーの方のおかげだった。渡航前、不安なことがある度にメールをし、質問していた。その度に、丁寧にアドバイスをくださり、一人で準備していた私にとって大きな支えだった!

留学した人

米徳 優菜 さん(21歳)

留学の種類

ワーキングホリデー

滞在期間

2016年7月~2017年2月(8ヵ月)

滞在方法

ホームステイ

学校

International Language Academy of Canada, Toronto

留学の理由・目的

留学について考えだしたのは、外国の異文化に触れたいと思ったことがきっかけ。中学生・高校生だった当時は、短期留学もしくはホームステイだけを考えていた。その後、大学に入学し、“大学生活の間でしておきたいこと”の1つに留学を挙げ、留学について調べている間に、どうせなら外国で働いて社会に出てみたいという思いが出てきた。これが留学からワーキングホリデーに切り替えた理由だった。

担当カウンセラー

伊藤 未来

留学前不安に思ったこと

一番不安だったことは、日本に帰国したときに成長できているかということ。語学の勉強は日本でもできるので、意味のある留学、現地でしか学べないこと、経験を積めるか不安だった。また、外国人の友達ができるかも不安だった。

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

留学ジャーナルが留学を少しでも考えているあなたに提供できること 留学前:無料カウンセリング、申込手続き、滞在先手配、出発前ガイダンス、他。留学中:緊急時24時間無料電話相談、生活相談/進路相談、現地サポート。留学後:キャリアサポート、OBの交流、他。

留学ジャーナルに相談しよう。エリア別のカウンセリングセンターをご案内。フェアやセミナー情報も掲載しています。

東京(北海道・東北・関東・甲信越エリア)

名古屋(東海・中部・北陸エリア)

大阪(近畿エリア)

広島(中国・四国エリア)

福岡(九州・沖縄エリア)

TOP