留学経験者に聞く語学学校、大学などへの留学体験談

【お知らせ】8月、9月は混み合ってきていますが、まだ間に合います。お問い合わせはお早めに。留学相談はこちら

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

私の留学体験談

一覧をみる

英語を話す楽しさに気づいた!クラスメイトなどとの交流も満喫 

オーストラリア/シドニー

少人数のグループワークを通じて打ち解けられた!

昨夏に2週間のトロント語学留学を体験。さらに成長したいと思って2度目のこのシドニー留学を決めました。留学先をオーストラリアに決めた理由は、アルバイト先である英会話スクールで、留学やワーホリの経験者の方々から勧めてもらったからです。時差が少なくて治安が良く、日本人が過ごしやすいという点をとくに魅力に感じました。私は寒いのが苦手なので、日本が冬の間に行ったらシドニーは夏だというのも素晴らしいと思いました。

私が通った語学学校は、教室に小さいテーブルがいくつかあり、1つのテーブルに2~4人で座るので、グループワークの際に少人数で発言しやすい環境でした。そのため、クラスメイトとすぐに仲良くなれたのがうれしかったです。ブラジル、チリ、フランス、スペイン、台湾など、さまざまな出身地の人がいて、日本人は私以外には1人だけ。同年代の子たちだけでなく両親と同じくらいの年代の人も多く、家族のような雰囲気で、みんなでランチを食べたり廊下でおしゃべりしたりと、とても楽しかったです!

先生方は笑顔いっぱいで、生徒が自分の意見を言いやすい環境

先生もみんな明るくて笑顔が絶えず、先生たちに会うと元気がもらえます。担任の女性の先生もとっても元気な方で、どんな意見でも否定をせず、一度受け止めてからそれに対してコメントをくれるので、授業中に意見を言うのがあまり得意でない私でも安心して話せました!また、選択授業を担当したサイモン先生はコメディアンのように明るくてダジャレ好き。私はツボが浅いのですぐにゲラゲラ笑ってしまって、それを逆に笑われたりしました(笑)。

とくに印象的だった授業は、教科書のテーマがFinance(財政)で会社を立ち上げた人の話が出てきた際に、「自分の会社を立ち上げるとしたらどんな会社にするか」を、お金のやりくりや資金収集の方法なども含めて、チームごとにプレゼンしたことです。私のチームは「海中ホテル」にしたのですが、ロマンチックで良い!という意見がある一方、現実味がなさすぎて資金収集できないよ!という声もあって盛り上がっておもしろかったです。

料理上手なホストブラザーが作ってくれたのは本格的なラーメン!

ホストファミリーにもとても恵まれました。ホストファザーが元シェフで、25歳のホストブラザーも料理好きのため、家にはいろんな食材やソース、調理器具が揃っていました。ある日、ブラザーが日曜日に1日中台所にこもっていると思ったら、作っているのはなんとラーメン!スープや麺もイチから手作りで、ファザーも少しアドバイスなどをしていました。そうして、お父さんと息子が料理しているのをマザーとおしゃべりしながら眺めるのは、本当の家族の一員になれたようでうれしかったです!夕食として出てきたラーメンはチャーシューも煮卵もすごくおいしくて感激。ファザーもマザーもおいしそうに食べていました。

また、現地のビーチの美しさに魅了されました。こんなに透明な海があるのかとびっくり。日本ではあまり海に行くことはありませんでしたが、あまりの海の綺麗さにビーチに出かけるのが大好きになって、週末は必ず海を訪れていました。オペラハウスでイタリア語上演・英語字幕の『カルメン』を観たのも素晴らしい思い出です。かなり緊張して行きましたが、CMで耳にしたことのある曲も多く、英語字幕もあまり難しくなかったので楽しめました。その他、放課後は毎日のようにシドニー観光をしていました。もともと1人旅が好きな私は、1人で歩いていろんなところに遊びに行きました。

英語学習へのモチベーションが大幅アップ。友達の輪も広がった

今回の留学での最大の収穫は、英語が楽しいと思えたこと!そして大好きなホストファミリーと出会えたこと、同時期に滞在していたトルコ人の男の人とブラジル人の女の子に出会えたことです。夕食後にはマザーも一緒にみんなで1~2時間おしゃべりすることがよくありました。「英語が話せるとこんなに大勢の人といろいろなことが話せる」、その楽しさに気づくことができました。いつか、トルコ、ブラジル、日本と、お互いの国を訪れ合おうという目標もできました。

将来は国際的な仕事に就きたいと思っています。具体的には、空港に関わる仕事を目指しています。シドニーで得た「英語を話す楽しさ」と「話せなかったときの悔しさ」を忘れずに、今後も英語の勉強に邁進していきたいです。また、自主的に動いて計画し、飛行機に乗ってトロントとシドニーに行ったという経験は自信にもつながったので、これからもいろいろな国に行ってたくさんの刺激を受けたいと思っています。

また、私は時間的、経済的な理由で長期留学は難しかったので短期留学に2回行きましたが、短期でも自分の英語力を試せるし、現地で経験したことが英語学習のモチベーションにつながりました。どんな語学留学も必ず自分を成長させてくれるので、留学を検討している方はぜひチャレンジしてみてください!

留学ジャーナルの
カウンセリングの感想

ゆっくり詳しく話を聞いてくださったので、自分の希望とライフスタイルに合った学校選びができた。

留学した人

高木 千香子 さん(20歳)

留学の種類

短期留学

滞在期間

2018年2~3月(3週間)

滞在方法

ホームステイ

学校

English Language Company

留学の理由・目的

小さい頃から英語に興味があり、いつか留学してみたいと思っていた。英語力を伸ばすと同時に、ホストファミリーとの生活を通じてその国の生活を実際に体験してみたいと考えた。

担当カウンセラー

高橋 夕美

留学前不安に思ったこと

前回の留学でホストファミリーとうまくコミュニケーションできなかったり、授業中に発言できなかったりした経験があったので、今回もその2点が不安だった。

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求
お急ぎの方はお電話で! フリーコール 0120-890-987

留学ジャーナルが留学を少しでも考えているあなたに提供できること 留学前:無料カウンセリング、申込手続き、滞在先手配、出発前ガイダンス、他。留学中:緊急時24時間無料電話相談、生活相談/進路相談、現地サポート。留学後:キャリアサポート、OBの交流、他。

東京(北海道・東北・関東・甲信越エリア)

名古屋(東海・中部・北陸エリア)

大阪(近畿エリア)

広島(中国・四国エリア)

福岡(九州・沖縄エリア)

TOP