私の留学モーメンツ

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

留学生の一日を見る!

小河佳子さん(カナダ・トロント)
都内の大学に通う大学3年生。昔から海外の憧れを持ち、大学2年生の時に決心し、留学ジャーナルに駆け込む。当初反対していたお父様を説得し、カナダの語学学校に留学。最初は、英語のスピードになれなかったり、ホームシックにかかったりもしたが、今となっては良い思い出。学校の仲間、ホームステイ先に恵まれ、充実の日々を過ごしている。インタビュー動画では、佳子さんが留学を決断するきっかけ、留学するまでの様々なハードル、今の生活、今後の夢など、じっくり語ってもらいました。是非最後までご覧ください。

佳子さんの
一日を見る

  • 朝はいつも爽やかに。カナダの朝陽は心なしか日本よりも爽やか。
  • 今日は、どんな新しいこととの出会いがあるんだろう、なんて考えなからさっと身支度。
  • 朝食は、たいていシリアルでサッと済ませまる。カナダのシリアルは美味しい!
  • 朝の住宅街を通り抜けて駅まで。季節で色が変わる街路樹は私のお気に入り。
  • 路面電車と地下鉄を乗り継ぎ、学校まで向かう。電車もおしゃれ。
  • トロント市内の中心部にある学校へ到着。入り口は人種のるつぼ。
  • 授業開始。先生が今日のテーマを話してくれる。しっかり聞かないと、ついていけないから若干緊張も。
  • 分からないことがあったら、躊躇せずに先生に質問。どんなことでも、親切に答えてくれる先生。
  • 授業では積極的に自分が前へ出て発言。失敗を恐れないチャレンジ精神も養いました。
  • 放課後も、クラスメートとトーク。各国の話や、休日はどこへ遊びにいくかとか。
  • もうここは、第二の我が家。ホストマザーやルームメイトの顔みるとひと安心。
  • 楽しみの夕食時間。イタリア出身のホストマザーの手料理は、全部美味しい!今日はなにかな?
  • 食事をとりながら、しばし女子トーク。恋愛の話とか、ホストマザーとルームメイトと幸せな時間。
  • 今日の復習と明日の授業に備えてしっかり予習。日本ではこんな勉強しなかったな。
  • 有意義だから、あっという間に1日が終わってしまう。明日に備えて早めの就寝。
  • 明日はどんな1日だ...zzz

出田修一朗さん(カナダ・トロント)
都内の大学に通う大学生。小学生の時に南アに滞在していたが、英語を喋れるようにはならなかった。なんとか英語をものにしたいと、かねてから留学を考えていた。大学1年生のときに一念発起し、一年間の語学留学へ。トロントでの生活にも慣れ、外国人とルームシェアをしながら、刺激あふれる生活を送る修一朗さん。あの時の決断していなかったら、今自分はここまで成長していなかったと、語る。

修一朗さんの
一日を見る

  • 日本では朝は苦手だったけど、ここでは不思議とちゃんと起きれる。
  • 今日も忙しい毎日が始まるぞ!と気合いをいれる寝起きのミネラルウォーター。
  • 朝食は、シリアルとフルーツ。トロントの物価はちょっと高いのが難点。
  • 爽やかな住宅街を超えて、駅まで。ここは学校までは約1時間かかるけど、青々とした自然があるから好き。
  • トロント市街中心部。格好良いビジネスマンを横目で見ながら、いつかはああなるぞと思いながら足早に。
  • 学校へ到着。いつものように、となりのパン屋さんから良い香りが...
  • すでにクラスメイトは教室で着席。今日も滑り込みセーフ。
  • グループワークでは、クラスメイトは超積極的なので、うかうかしていると自分の出番がなくなってしまう。
  • 国際都市トロントは、人種国籍で差別もされない分、競争はハードなのだ。
  • 休み時間に友人とのトーク。南米、アフリカ、中東、欧州、アジアから。TV番組でこんなのあったな。
  • サードとして活躍している地元の草野球チームの練習。今度の日曜は、地区の決勝戦なので真剣に練習。
  • 明るいうちに帰宅。ルームメイト達は帰っているかな?

  • 今日は、まだ誰も戻っていないから、早めに復習と予習をしておく。
  • ルームメイトと、ピザのデリバリーを頼む。トロントのピザはYummy !
  • 話し出すとキリがないほど、盛り上がる。ルームメイトも、最高の財産。
  • 今日も有意義な1日だった。おやすみなさい...zzz

留学生の本音を探る!

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

TOP