オークランドでの留学生活をリアルタイムにレポート|2017年6月

留学ジャーナル|留学相談から滞在中のケアまで

留学のことなら、なんでも相談ダイヤル フリーコール:0120-890-987

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

再就職活動のまとめ②

June 30, 2017

皆さま、こんにちは。

今回は書類作成についてです。

キャリアアップではなく、キャリアチェンジである自分は、

履歴書はともかく、職務経歴書に大苦戦しました。

履歴書はね、学歴と志望動機的なのを書くだけなので、

まぁ楽チンなんですけど・・・。

職務経歴書は、今までの仕事で得たものを、

次の仕事にどう活かせるかを書くもの、ですよね。簡単に言うと。

なので、企業もそれを見て、こいつに仕事が任せられるかどうか

を見るわけです。キャリアアップであれば、

そこそこアピールも簡単でしょう。自分の場合は、

プログラミングできます!とか、

オフィスはvisioまで使えます!とか。たとえばね。

でも、チェンジなので、最悪の場合、本当に武器がないワケです。

エンジニアからティーチングへの転職なので・・・

自分の場合は、アルバイトの塾講師をほんのさわりだけ入れて、

新人研修とあとは留学中にティーチング系のクラスと資格を取った

ということを前面に出していきました。

職歴ではないですが、留学中の勉強内容もアピールになると

アドバイスされ、それに共感したからです。

英語力はTOEICのスコアと、留学で得たcertificateしか見せておらず、

大抵は恐らくこの英語力で落とされるかなって感じです。(^_^;)

なので、英語力のアピールよりは、ティーチングの勉強経験と、

熱意を書いていきました。

それでも面接に一度呼んでもらえたのはラッキーだったかなと

思っているくらいです。

本当に、それくらい書類作成大変で難しかったんですよ!!

未だに自信ないですし。(^_^;)

なので、キャリアチェンジの時の書類作成は、

兎にも角にも、前職で次の希望職に少しでもプラスになるような

経験を洗い出して書くこと!だと思います。

これができれば、そんなに難しくないと感じました。

本当に小さなことでもいいと思います。若干こじつけたような

感じになることもあると思います。自分はありました。(笑)

大して、興味はあったけどアピールできる経験が

本当に全くないっていうパターンもあったんですよね。

実はそこは結局応募しなかったんですけど・・・

恐らく応募した場合は、書類に全然違うことを書いてたと

思います。だって、嘘は書けないですから、ないものは

ないですからね・・・。

そういう場合はもう熱意で売っていくしかないと思いました。

如何にその仕事をやってみたいか!如何に自分ならできるか!

ということをアピールするしかないと思います。

面接にさえ呼んでもらえれば本当にもうこっちのもんなんですよ!(^^)

社会人留学でビビってるそこのアナタ!(笑)

キャリアチェンジの場合の転職活動、書類作成は

自分が想像していた以上に大変でした!(^_^;)

でも結果的に留学しなけりゃよかった・・・って

思うほどではありません。ここで1ヵ月大変な思いをしても、

留学した経験の方がはるかに大きいです。お釣りがくるなんて

もんじゃありません。(笑)

そんなのと比べるだけ留学に失礼です!(笑)

と自分は思っているので、まぁ帰国後に大変な思いも

勿論するとは思いますが、自分がしたいと思っているなら、

思い切ってしてみてはいかがでしょうか?(^^)

まとめって言ってるけど、まとまってんのかなぁ?(^_^;)

次回は面接について書きますね。

再就職活動のまとめ①

June 26, 2017

皆さま、こんにちは。

今回から数回(もかかるか分からないけど)にわたって、

再就職活動のまとめをしていきたいと思います。

今までアップしてきた内容と被る内容も多々あるかもですが、

ご了承ください。

あと、再就職活動をする人の立場っていうのは色々とあると思います。

あくまで自分の経験からの話なので、すべての人に対して

フォローできているわけではありません。ので、まぁ、

一例として・・・という感じで見ていただければと思います。

まず、自分の場合は、プログラマからティーチング職への

キャリアチェンジでした。

なので最初(の1ヵ月くらい?)は軽く?求人を探しながら

業界を知ることから始めました。

自分が知っている英会話業界はAEONしかなかったので、

AEONも勿論参考にしながら英語のティーチング職という形で

色々な形態の仕事を調べました。

応募条件を見ながら一番思ったことは、

英語関係のティーチング職希望の場合、応募条件は大体が

TOEIC800以上(相当)という英語力の目安。

これが自分にとっては一番大きな障害でした。

因みに以前載せましたが、自分のTOEICスコアは715です。

なので、自分が応募できる条件で求人を探さなきゃ

いけなかったんですねぇ。ここでかなり選択肢が狭まりました。

何故なら、求人に応募するときは、こちらの条件より先に、

相手の条件を満たさないと資格が得られないからです。

たまにあるTOEIC700以上みたいな求人を見つけ、

それに応募・・・みたいな大枠が出来上がっていましたが、

そのあと大事なのがやはり給料でしょう。

この業界、平均年収がどれくらいなのかはまだよくわかりませんが、

大体300万台なような気がします。

年齢的に最低でも400くらいは欲しいかな~と思いながら

探すのですが、よくても大体350~ってところが殆ど。

因みに自分の場合、月給23~とか言われてもピンときません。(笑)

前職が年俸制だったので、年収表記がありがたいです。(笑)

因みに、年収が同じなら、ボーナスはない方がお得ですよ☆(^^)

引かれる税金が変わってきたと思います。

なので、それを考えても年収表記の方がいいかなって思っちゃいます。

その次に考慮したのが残業代と休日です。

特に月給表記のところは残業代があるかどうかがかなり重要。

年俸制は残業代が出てもでなくても、最低ラインがわかるので

あんまり気にならないんですよね。

で、気づいたのは、残業代支給の会社はあまりない!ってこと。

支給と書いてあってもネットで調べると、2万円固定とか・・・

2万円の残業代って意味あります??(^_^;)

ないよりマシですが・・・勿論。。。何かナメられてると

思いますよね。。。(笑)

最近はネットで会社の情報とかも見られるので、

社員、元社員の口コミなどをかなり参考にして選びました。

休日、というか有休のとりやすさなどはこういうところを

参考にできます。実際、ティーチング職というのは

サービス業なので、自分が今までいた開発職と違い、

有休はとりづらいだろうなぁという印象がありますし。

そんな中でもなるべく取りやすいところがいいですよね。

で、ここまでくるとかなり絞られます。

むしろ、あんまりありません!!(笑)

上記の中で自分が最初に妥協したのは年収でした。

300万台を受け入れよう、って。(^_^;)

でもその場合は残業代必須っていう条件付きで探しましたね。

というわけで、ポイントは

・職種(大前提)

・英語力(自分のレベルで入れるか?)

・給与(年収、残業代など)

・休日や福利厚生など

という感じでした。

その結果、応募した会社はなんとたった4社でした。

応募した・・・応募できた・・・かな??

これでもどこか妥協した・・・というところが多いです。

英語力で応募できる企業がだいぶ限られちゃったので、

まぁ仕方ないですね、これは。。。

・・・もっと英語勉強しとけよって話です。(´・ω・`)ショボーン

でも?、だから?、

現実は残酷で、TOEIC700以上って書いてある求人に

TOEIC700の人が本当に応募して受かる確率はそんなに

高くないんじゃないか?っていうのが自分が感じたことでした。

まぁ勿論自分の場合はもう一つキャリアチェンジっていう

大きな障害があったので何とも分かりませんが。

英語力もそうですが、何が一番大変だったかというと、

それはやはり書類作成です!

もう何度も書いているので、このブログを読んでくれている

方々ならご存知だとは思いますが・・・。(^_^;)

就活終了のご報告

June 23, 2017

皆さま、こんにちは。

先日内定をいただいた企業ですが・・・

考えた結果、そこに行くことにしました。

正直、100%満足しているわけではないのですが、

今はまずティーチング職の経験を積んで、英語力も磨く。

NZで同じクラスにいた日本人のコが、同じ日にTOEICを

受けて自分より200点スコアが良かったんですよ。

帰国も彼女の方が先だったし(滞在期間は彼女の方が長い)、

同じクラスにいたのにやはりこんなに差があったんだなって

改めて思い知らされて・・・

だったらまずは、やれるところでやれることからやろう!

って思いました。

ここで培った経験とレベルアップした英語力で、

また更に上を目指せばいい、と。そう思いました。

というワケで、自分の再就職活動はこれで

一応終わりということになります。

今回は、まぁ就活終わりましたって報告のエントリーで、

前回書きましたが、この後数回に渡って今回の就活の

総括と、留学生活のまとめを行って、このブログは

終了となるのかな、と思います。

留学と同じで終わりが見えてくると何だか感慨深いですねぇ~。

内定

June 15, 2017

皆さま、こんにちは。

先日受けた最終面接ですが・・・

受かりましたー!!\(^o^)/

まさか1日で結果が来るとは思いませんでしたが・・・。

再就職活動を始めて・・・まぁ2ヵ月くらいですか。

思ったより苦戦したなぁというのが個人的な印象です。

というのも、何度も書きましたが、自分の想像以上に

書類審査に通らない!(笑)

キャリアチェンジだから仕方ないって何度も書きましたが、

それでもね。。。そこはちょっとメンタルきた時期もありました。

とはいえ、一応これで一社内定もらったということで・・・

後はどう返事をするか。(笑)

正直、内定出る前までは結構行く気あったんですが、

いざ内定をもらうと急に悩みだします。(^_^;)

何でですかねぇ?(^_^;)

なので、今ちょっと会社側にいくつか質問をしていて、

それで最終的にどうするか決めようかなって思っています。

が、まぁ多分行くことになるのかな。

何よりも本当にお金ないし・・・(´・ω・`)ショボーン

そんなわけで、とりあえずどう返事したかはまた

近いうちにブログで報告します。

正式に入社の運びとなったら、今回の転職活動の

まとめと、もうすでに少し昔の話になってしまいましたが、

留学のまとめを改めて行いたいと思いますので、

皆さま、もうしばらくの間、お付き合いいただければと

思います。m(__)m

最終面接

June 14, 2017

皆さま、こんにちは。

先日、今選考が進んでいる企業の最終面接を

受けてきましたー。

最終面接は社長面接。

生まれて初めての社長面接・・・。う~ん・・・

なんだかんだ言ってちょいちょい緊張はしましたね。(^_^;)

今回の会社、ちょっと面接が変わっているというか・・・

新卒のころ受けた企業の所謂普通の?面接とは違っていて、

今のところ、よくある志望動機とか、転職動機とか、

留学動機とか・・・そういったことを特に聞かれていません。

今回社長面接ということで、おお、ついにここで聞かれるか!?

と思っていたのですが・・・

そのあたり全く聞かれることなく。。。

せいぜい何で先生になろうと思ったのですか?

くらい。。。

あとは・・・書類を見ながら、ダーツのことを色々聞かれ(笑)、

イーオンのことを色々話し(笑)、

社長の考える英語教育についての話を聞き~的な感じでした。

なので、手応え的には可もなく不可もなく・・・という感じ。

自分自身特にダメなところは見当たらなかったし、

かといって確信があるわけでもなく・・・といった感じ。。。

でも、留学ジャーナルのスタッフの方曰く、面接派の

自分としては(笑)、多分大丈夫だろうっていうのが本音です。

兎にも角にも、2~3日中に返事は来ると思いますので、

受かっていることを祈ります。(^_^;)

まさかのpass!!

June 08, 2017

皆さま、こんにちは。

先日お話しした英語のjob interviewですが・・・

何と!

何故か!!

passしましたー!!\(^o^)/

自分でも何でpassできたか全くわからんとです。

手ごたえも分からなかったわけですし。。。

まぁでも、兎にも角にもpassしたワケです。

なので、次はいよいよ最終面接になります!!!

最終面接は、所謂社長面接だそうで・・・

過去の就活で社長面接というものをやったことがない

自分としては、社長面接って一体何を話せばいいんだ?

って感じなのです。(^_^;)

でもまぁ、自分は面接派だと言われているので(笑)

何とかなるだろう、と勝手に思っています。

結局、現段階での印象ではありますが、

書類選考をパスするのが一番大変な気がしています。

その人の強みや、求めている仕事に対して、

自分にできることをアピールするための材料になる

書類ですが、キャリアチェンジの場合ってやはりそれが

どうしても弱くなってしまう。。。

特に自分の場合は・・・。

働きたい職場や職種があっても、

応募資格を満たせないんですよね。

また、満たしていたとしても、いざ書類を書くと

その職種に対するアピールになるような内容じゃない、と。

まぁこれは書類チェックをしてくれる人がいて、

してもらったから言われたことですが。

やりたい、やってみたい職種に対して、

自分の職歴が全く生かせなかったり、アピールになるような

過去の経歴がないことって、キャリアチェンジの場合

ままあると思うんですよね。結局その場合は、

自分の職歴を素直に書き、あとはどれだけやってみたいかという

熱意を伝えるしかない・・・。

熱意だけでどうにかなることなんてそんなにないかもしれませんが、

やりたいことや行きたいところがある人が揺らぐことのない

唯一のものって熱意だと思うんですよね。

それを文章におこすのもまた簡単な話じゃないと思うんですけど。

自分の場合、ティーチングの経験はないですけど、

それに対する熱意や、日本の英語学習制度に関する疑問などを

ここ数年持っていたので、そのあたり、

何故教えたいという結論に至ったかをかなり熱く語れます。

書類にはある程度言葉を選びながら書きますが、

面接では結構熱く話します。

まぁこないだは英語だったので熱さがどこまで伝わったかは

分かりませんが・・・。(^_^;)

なので、キャリアチェンジの方で書類にどう書いていいか

分からないという方は、やはり如何にそれがやりたいかという

熱意をしっかりと書くのがいいと思います。

結構、受けの狙いを勧められることが多い気がしますが、

それよりも素直な気持ちを書く方が実は相手には

よく伝わるんじゃないかなぁと今思っています。。。

・・・ってまぁまだ再就職決まってませんけどね。(^_^;)

予想外の面接

June 02, 2017

皆さま、こんにちは。

本日、またまた面接に行ってきました。

前回受けたところのステップ2です!

ステップは3まであり、今回パスできれば

次が最終とのことです。・・・が・・・

今日の面接がですね・・・

史上稀にみる手ごたえの無さというか、

分からなさというか・・・。(^_^;)

面接って、個人的な手ごたえあるじゃないですか?

できたとかダメだったとか・・・

そんなのすら計れないほど(漢字あってる?)、

全くどうだったか手ごたえが分からない面接でした。

それは何故か??

何故ならば・・・

英語だったから!!(どーん!)

そう、英語で面接だったんですよ・・・

何の予告もなく・・・

100%日本人の見た目の人が入ってきて、

英語であいさつ・・・

つられて英語であいさつ・・・

そのまま英語で会話・・・

もうメッチャ大変だった!!

I was so upset you know?

って感じ・・・。(^_^;)

で、これまた下手に模擬面接なんてやってたら、

いよいよを持ってアドリブ聞かなくなるところだった。(笑)

因みに、一応相手の言っていることの90%以上は分かったし、

まぁbest answerだったかどうかは分からないけども・・・

特に問題なく面接は終了。

恐らく、返答内容というよりは、オレの英語学習経験と、

英語力そのものを知りたかったのかな、と。。。

だから、手ごたえが分からないと。

終わった後あんまりにもどうしていいか分からなくて

(ってゆーかどうしようもないんだけど)、

思わずそのままAEONに行っちゃいました。(笑)

英語で面接だったと話したらみんな興味深々・・・(^_^;)

でもAEONで話したおかげでそれ以降はちょっと

気持ちが安定。(笑)そこはさすが安定のAEON!

とりあえず、やることはやったというか、終わった面接を

どうこう言っても結果が変わるわけではないので・・・

まぁ結果を待つとします。。。

初めて、面接怖い!と思った瞬間でした~(^_^;)

・・・一応他のとこも探しとこうかな。(^_^;)

プロフィール

profile
小松原 悠史さん(31歳)
ニュージーランド語学留学奨学生。英会話を勉強し始めて5年、学生時代嫌いだった英語が、今では将来英会話を教える仕事に就きたいと思えるほど好きになりました。この度、奨学生としてですが留学するという長年の夢が実現するのを大変嬉しく思っています。日本語を忘れるくらい、英語を見て、聞いて、感じて、喋り倒してきたいと思います!

カレンダー

最近のエントリー

Crown Institute of Studiesに通う留学生ブログのページです。
留学の実現はここからスタート!短期留学や語学留学はもちろん、ワーキングホリデー、大学留学、大学院留学まで幅広くご紹介している留学ジャーナルが、皆さんの海外留学への思いをカタチに変えます。海外留学の実現は、留学ジャーナルで!

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

フリーコール:0120-890-987

留学に関するお問い合わせはお気軽にお電話にてご相談ください

サイト内検索

本社:〒160-0016 東京都新宿区信濃町34 JR信濃町ビル6階
観光庁長官登録旅行業第1695号 一般社団法人留学サービス審査機構(J-CROSS)認証事業者
一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員 一般社団法人留学・語学研修等協議会(CIEL)正会員 一般社団法人海外留学協議会(JAOS)正会員
NAFSA Association of International Educators会員 特定非営利活動法人国際教育交流協議会(JAFSA)賛助会員
このサイトに関するお問い合わせは e-mail:webmaster@ryugaku.co.jp

TOP