メルマガバックナンバー|短期留学や語学留学など、留学するなら留学ジャーナル

留学ジャーナル|留学相談から滞在中のケアまで

留学のことなら、なんでも相談ダイヤル フリーコール:0120-890-987

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求
[Vol.73]「ワールド留学フェア 2006 Fall」 詳細決定!
─────────────── 留学ジャーナル e-News────── 

    RYUGAKU JOURNAL   e-News    vol.73        2006/08/10

        Website/Mobile>> http://www.ryugaku.co.jp/
=================================================================
 e-Newsは、これまで留学ジャーナルのサイトでメルマガ登録をされた方、
 資料請求時に留学ジャーナルからの情報を希望された方にお送りしています。

==☆ TOPICS ☆ ==================================================
【RJ News】
 ★ 「ワールド留学フェア 2006 Fall」 詳細決定! ★
 ★ 比べてみよう!アメリカの大学 vs 日本の大学 ★
 ★ イギリスは物価が高いとあきらめていませんか? ★
 ★ 一度訪れるとファンになる国、ニュージーランド ★

【コラム】Sports Glossaries  ~スポーツでみる英語~
 『まもなく開幕、世界バスケ!』

【海外カルチャーガイド】 
  From Los Angeles  『アメリカTV界の祭典、エミー賞授賞式』

=================================================================
こんにちは。留学ジャーナルです。

毎年10月に行われている留学ジャーナル主催の「ワールド留学フェア」。
今年も、海外の語学学校、専門学校、2年制・4年制大学から学校スタッフが
来日し、みなさんの留学に関する疑問や質問に直接お答えします!

そこでフェア開催にあわせて、e-Newsでも次回8/17配信号から10/5配信号まで、
全8回にわたり「海外大学の教育制度」について、詳しくご紹介していきます。
アメリカの2年制大学と4年制大学、イギリスやオセアニアの
ファウンデーション・コースなど、日本とは違う各国のシステムについて
解説していきますので、ぜひこちらもお楽しみに!


----【ケータイから気軽に国際電話】-------------------------------

ドコモのケータイなら、「009130」をプッシュするだけで簡単に日本から
世界236の国・地域へいつでもどこでも国際電話がかけられます。
留学前の事前連絡や帰国後の留学先の友人やホストファミリーへの連絡は
もちろん、日本にいるご両親にかけ方を教えておけば、
ご両親のケータイからホームステイ先にも簡単に連絡ができるので便利!
留学中でも家族とつながっていられます。
指定した電話番号への通話料が割引になる「ゆうゆうコール」も
適用されるのでさらに安心です。

>>> http://www.nttdocomo.co.jp/pr/world/01.html


----【RJ News】--------------------------------------------------

★ 「ワールド留学フェア 2006 Fall」 詳細決定! ★
海外の大学への進学を考えているなら、まずこのフェアへGo!インターネット
だけでは知ることができない最新情報を、学校スタッフが直接みなさんに
お話しします。この機会に、アナタの進路をじっくり考えてみませんか?
>>> http://www.ryugaku.co.jp/spot/wf_2006fall/

★ 比べてみよう!アメリカの大学 vs 日本の大学 ★
少子化の影響で「大学全員入学時代」を迎える状況にもかかわらず、
日本を飛び出して、アメリカの大学で学ぶメリットとは?
>>> http://www.ryugaku.co.jp/news/news.php?nid=646

★ イギリスは物価が高いとあきらめていませんか? ★
物価の高さで敬遠されがちなイギリスですが、実は安く生活できるのです!
イギリスで賢く、安く生活するための方法をご紹介します。
>>> http://www.ryugaku.co.jp/news/news.php?nid=654

★ 一度訪れるとファンになる国、ニュージーランド ★
のどかでのんびりとした環境に、フレンドリーなKiwi(ニュージーランド人)
が魅力!クライストチャーチにあるイチオシの学校はこちら↓です。
>>> http://www.ryugaku.co.jp/contents/ichioshi/


-----【コラム】---------------------------------------------------

 Sports Glossaries  ~スポーツでみる英語~  text by Kyoko Hoshino

 vol.7『まもなく開幕、世界バスケ!』

8月19日に開幕予定の、「FIBAバスケットボール世界選手権」(世界バスケ)。
1950年から4年に一度行われている、男子バスケットボールの世界一決定戦で、
15回目となる今回は、初めて日本で開催されます。
世界各地から24チームが集結、頂点をめざして激突します。
暑い夏に、熱い戦いが期待されますね。
そこで今回はバスケットボール用語に注目してみます。

“Buzzer Beater”は、ゲームやクォーターの終了ブザーとほぼ同時に決まった
シュートのこと。この一発で逆転することもあることから、日常生活の中でも
「起死回生の一発」といった意味で使われることもあるようです。

似たような言葉に、“Clutch Shot”があります。
こちらは「ゲーム終盤の大事な場面でのシュート」のこと。この得点で
逆転したり、ダメ押ししたりと、試合を決定付ける値千金のシュートです。
“Clutch”は、動詞では「つかむ・握る」ですが、「ピンチに強い」という
形容詞や、「難局」といった名詞もあり、“in the clutch”というと、
「いざというときに」という意味になります。

「自動車のクラッチ」も同じ単語です。エンジンからの駆動力を駆動輪に
伝える装置で、ミッションの切り替え時に使われます。
スポーツでも重要な局面や試合の流れを変えたいときに投入される選手を
“Clutch Player”といい、バスケットボールでは特に、「勝負どころでの、
重要なシュートを任された選手」を、“Clutch Shooter”と呼びます。
野球でいえば、「ピンチヒッター」といったところ。
さて、今年の世界バスケではどんな“Clutch Shooter”が
登場するのでしょうか?今から楽しみです。


----【海外カルチャーガイド】--------------------------------------

From Los Angeles  『アメリカTV界の祭典、エミー賞授賞式』

今回は、アメリカのエミー賞についてご紹介します。

今年で58回目を迎える“58th Annual Primetime & Creative Arts Emmys”。
エミー賞は、例えていうなら「テレビ界のアカデミー賞」で、
ドラマをはじめ、ドキュメンタリー、ニュースなどのあらゆるテレビ番組や、
テレビに関する業績に対して贈られる賞です。

毎年7月に各部門のノミネートが発表され、そこから一気に盛り上がります。
今年の授賞式は、夜7時から11時までのプライムタイムと呼ばれる時間帯に
放映される番組を対象した賞が8月27日に、クリエイティブアートと呼ばれる
アニメーションなどを対象とした賞が8月19日に、
ロサンゼルスのShrine Auditoriumでそれぞれ行われます。

海外のドラマが数多く見られるようになったこともあって、
プライムタイムのドラマ部門の受賞結果は、日本でも注目されます。
例えば、今回のドラマ・シリーズ部門の作品賞にノミネートされているのは、
日本でもおなじみの『24』『ザ・ホワイトハウス』などの5作品。
特に『24』は、作品賞のほかにも、キーファー・サザーランドの主演男優賞
など、今年最多の12部門にノミネートされています。

日本との違いが面白いのは、作品の1エピソードを対象とする監督賞や脚本賞
があることで、同じドラマシリーズでもエピソードごとに分けて
何人かの監督や脚本家が担当することが多いアメリカならではでしょう。
例えば、今回の監督賞のノミネートのひとつは、
“ドラマ『Lost』のシーズン2のエピソード「Live Together, Die Alone」を
監督したジャック・ベンダー監督”といった感じです。

さて、今年の受賞結果はいかに!?まだ日本にきていない作品も多く紹介
されるので、興味のある方はぜひ公式サイトからチェックしてください。

例:第58回エミー賞の公式サイト
    http://www.emmys.org./index.php

次回から、このコーナーでは「海外大学の教育制度」についてご紹介します。
「海外カルチャーガイド」は10/12配信号まで休載致します。ご了承ください。
第1回目は、イギリスの大学・公立カレッジの情報をお届けします。


----------------------------------------------------------------
このメールの配信停止を希望される方は http://www.ryugaku.co.jp/
にて「メールマガジン」ボタンから購読停止手続きをお願いします。
================================================================
  発行:株式会社 留学ジャーナル 
  〒160-0016 東京都新宿区信濃町34 JR信濃町ビル6階
  国土交通大臣登録旅行業第1種第1695号 
  社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員
  ホームステイツアー等適正化協議会正会員
  http://www.ryugaku.co.jp/    e-desk@ryugaku.co.jp
================================================================
            Copyright(C) RYUGAKU JOURNAL, Inc.
当メールマガジンに掲載された全ての記事を転載することを禁じます。
----------------------------------------------------------------

≪  [Vol.72]「イリノイ大学奨学金留学制度」説明会のお知らせ    [Vol.74]短期留学にオススメ!時差ナシのオーストラリア留学  ≫

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

フリーコール:0120-890-987

留学に関するお問い合わせはお気軽にお電話にてご相談ください

サイト内検索

本社:〒160-0016 東京都新宿区信濃町34 JR信濃町ビル6階
観光庁長官登録旅行業第1695号 一般社団法人留学サービス審査機構(J-CROSS)認証事業者
一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員 一般社団法人留学・語学研修等協議会(CIEL)正会員 一般社団法人海外留学協議会(JAOS)正会員
NAFSA Association of International Educators会員 特定非営利活動法人国際教育交流協議会(JAFSA)賛助会員
このサイトに関するお問い合わせは e-mail:webmaster@ryugaku.co.jp

TOP