「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

留学ジャーナルでオーストラリア留学しました!

  • 高校卒業後、オーストラリアへ。通訳士・翻訳士を目指す! 続きをみる

  • 最初は苦戦!それでもひとつずつ乗り越えて成長を実感できた 続きをみる

  • 「人とのつながり」が念願の大学院進学の支えに 続きをみる

はじめての留学 オーストラリア留学に強い理由 留学体験者の今は?

オーストラリアのどこで学ぶ?

7つの州を持ち、その州ごとに違った大自然の顔を見せるオーストラリア。グレートバリアリーフの玄関口ケアンズや国内最大のリゾート地ゴールドコーストなど、観光客に人気のスポットが点在する。都市部に滞在したいならシドニーがおすすめ。第2の都市メルボルンは、テニスをはじめスポーツイベントが多く、楽しめる。ブリスベン、パースは都市と自然が融合していて住みやすい。ケアンズは美しい海を眺めながらのんびり過ごすことができる。

adelaide perth brisbane cairns goldcoast hobart melbourne sydney

オーストラリアでできる留学の種類

オーストラリアで語学留学

私立の語学学校は、毎週入学可能というフレキシブルさを持ち、日本人スタッフが常駐する語学学校も多いので初心者でも安心。大学付属の語学コースは、大学のキャンパスで開講されることが多く、大学施設が利用でき、キャンパスライフが楽しめる。一般英語コースでは、読む・聞く・話す・書くの4つのスキルを総合的に学ぶ。英語力がつけばビジネス英語や英語の試験対策コース、あるいは大学進学準備コースにも進める。児童英語教師を養成するコースや、幼稚園ボランティアが行えるコースなども人気で、将来の仕事につながる経験を積むことができる。

オーストラリアの語学留学ココがおすすめ
  • 教育水準が高い。
  • 時差が少ないため、短期間でも行きやすい。
  • 学生ビザでもアルバイトが可能。
オーストラリアの語学留学ココはCHECK
  • 国土が広いため都市間の移動に時間がかかる。
  • 地理的にアジアからの留学生が多い。
  • 昨今、景気が良いため、物価が高め。

オーストラリアで短期留学

私立の語学学校なら、最短1週間から可能。日本人スタッフが常駐している学校も多いので初めての留学でも安心。オーストラリアの雄大な自然を楽しみたい!という方には、語学にプラスして、スポーツを楽しむプログラムも人気。美しい海でのサーフィンやダイビング体験は格別。また、中高生向けのコースも人気が高い。大学付属の英語コースは5週間からという学校が多い。

オーストラリアで大学留学

全41校の大学のうち、38校が国公立で高い教育水準を保っているので、レベルの高い大学が揃っていることが特徴。留学生の受け入れも幅広く、看護学や理学療法学など医療・福祉系の専攻や、アジアに特化したビジネス系の専攻も留学生に人気。新学期は2月にスタートする。

オーストラリアで大学院留学

国公立大学が中心のオーストラリアでは、大学が高度な専門研究を推進しているため大学院の注目度が高く、博士課程に在籍する留学生の割合が他国と比較して高い。修士号は1.5~2年、博士号は3~5年取得にかかる。新学期は2月。

オーストラリアで休学・認定留学

オーストラリアは2月と7月に学期が始まるので、4月から翌年3月までの1年間の休学・認定留学でも、無理なく大学聴講を組み込むことが可能。大学付属の語学コースで英語力をアップしたのち、IELTS6.0以上あれば学部履修が可能となる。IELTSスコアが若干満たない場合は、英語の授業と並行して学部の授業を1~2科目履修することができる学校もある。このほか、一般英語コースで英語力を磨いた後、ビジネスやホスピタリティなど専門分野を学んだり、試験対策コースを受講するのもおすすめ。

語学+学部聴講 (University of Wollongongの場合)

オーストラリアで専門スキルアップ留学

公立と私立の専門学校が充実しているので、留学期間に合わせてさまざまな選択できるコースも豊富。付属英語コースがある専門学校も多く、入学基準も大学留学に比べて緩やかなのが特徴。オーストラリアならではの特性を活かした、ボランティアやネイリスト、アロマテラピーなど将来につながる最先端分野においても、留学生のためのプログラムが用意されている。TAFEという職業訓練専門学校がある。

語学+学部聴講(私立の専門学校の場合)

オーストラリアでワーキングホリデー

対象年齢は18~30歳で学校に通えるのは4ヵ月以内。同一の雇用主の下での就労は6ヵ月以内となる。1年目のワーキングホリデー(以下、ワーホリ)で決められた条件をクリアすれば、2年目にセカンドワーホリを申請することもできるので、最長で2年間のワーホリが可能だ。

オーストラリアでインターンシップ&ボランティア

大学を卒業すると一定期間就労が可能になるPost Study Work Visa(卒業後就労ビザ)が2013年より導入された。また語学学校によっては、授業とともに幼児教育、日本語教師アシスタントといったボランティアをつけるコースがある。

オーストラリアで高校留学

オーストラリアは、国を挙げて留学生の受け入れを進めているため、環境が整っている。公立、私立校とも短期留学や卒業目的の高校留学が可能で、英語力が不足している留学生は、正規の科目を受講する前に、高校や語学学校の英語コースで学べる。

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

留学ジャーナルが留学を少しでも考えているあなたに提供できること 留学前:無料カウンセリング、申込手続き、滞在先手配、出発前ガイダンス、他。留学中:緊急時24時間無料電話相談、生活相談/進路相談、現地サポート。留学後:キャリアサポート、OBの交流、他。

留学ジャーナルに相談しよう。エリア別のカウンセリングセンターをご案内。フェアやセミナー情報も掲載しています。

東京(北海道・東北・関東・甲信越エリア)

名古屋(東海・中部・北陸エリア)

大阪(近畿エリア)

広島(中国・四国エリア)

福岡(九州・沖縄エリア)

TOP