「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

留学ジャーナルで休学・認定留学しました!

    • 人生観が変わった留学。世界中から来た人たちと仲良くなれた! 続きをみる

    • 留学中のサポートに感謝!積極的にチャレンジし続けた留学 続きをみる

    • 不安は相談して解消。留学中もサポートがあってよかった。 続きをみる

はじめての留学 休学・認定留学に強い理由 留学体験者の今は?

休学・認定留学とは?

休学留学とは?

日本の大学に籍を置いたまま、休学して海外に半年~1年間、留学するのが休学留学。在籍している大学の協定校に関わらず、自分の目的・希望に合う留学先やプログラムを選ぶことができる。

認定留学とは?

多くの大学で、留学での取得単位を日本の大学の卒業単位として認定してもらう認定留学制度がある。各大学ごとに対象校が決まっているが、単位が認められれば4年間で卒業できる。

おもなプラン

語学留学

語学力を集中的に伸ばすなら、やはり語学留学。確実な英語力を身につけることは大きな自信につながるはず。就活では留学中の語学力の伸び幅=努力の結果としてのアピールにも。語学学校の各種英語試験対策コースの受講もおすすめ。英語力を形に残すことができる。

語学留学+インターンシップ

語学学校の語学+インターンシップコースを利用し、語学力をアップした後、最後の数ヵ月間インターンを経験するプラン。働く仲間も、仕事の相手も現地の人なので、語学のハードルは高いが、実践的な語学力を身につけることができる。インターンシップができる企業は語学学校がアレンジしてくれる。

語学留学+学部聴講

学部聴講の様子の写真 留学の前半は語学力をブラッシュアップし、後半に大学の授業を聴講。大学の授業聴講に求められる英語力は高いため、スタートの段階で一定基準以上の語学力が必要。現地の学生に混じって、積極的に授業に参加する体験は確実な実力アップができる。大学での取得単位が移行できるケースもある。

ここが気になる!留学中の心配3大要素

学費

休学留学か認定留学かで日本の大学に支払う授業料が異なるが、国立大学は基本的に休学中の授業料は免除。私立大学は施設費などの名目で休学費がかかるのが一般的。大学によって対応が異なるので、まずは、自分の大学に確認を。最近は休学留学の対応が進み、休学にかかる費用は以前より安くなってきている。

単位

認定留学で単位が認められる場合も、受講した授業によって移行できる単位の種類があり、在籍する大学での専攻関連の授業に限られることがある。また、移行可能な単位の数に上限があることがほとんど。在籍する日本の大学によって異なるので、留学前に自分の大学の制度の確認を。

就職活動

留学経験や英語力だけでなく、なぜ留学を志し、留学中にどんな努力をし、留学で何を得たか、といったエピソードをアピールにつなげるのがコツ。留学ジャーナルでは留学を成功させるために、休学認定留学する大学生を対象に、留学前・帰国後にワークショップを開催している。

休学・認定留学へのギモン

休学・認定留学のメリットは?

留学先の大学の様子の写真 大学生のうちに、外国人と渡りあえる語学力を身につけ、異なる文化への対応力が身につく。長期間の留学をしても、帰国後に大学生という保証された立場に戻ることができ、新卒として就職活動ができるなど、大学生の特権を十分生かすことができる。

何年次に行くのが良い?

留学先の大学の外観写真 就活がスタートする時期までに復学することを考えて、大学2年次または3年次で留学する計画を立てる人が多いが、ベストなタイミングは人それぞれ。

体験談

シアトルに留学したN・Oさんの留学中の様子の写真 【N・Oさん 大学3年修了時にアメリカ/シアトルへ9ヵ月休学留学】
9ヵ月の留学経験を活かし、帰国後に就職活動をして外資系コンサルタント会社への就職が決まりました。 休学留学の準備をしていた大学3年の冬ごろ、まわりの友人は就活モードに入っていて、「こんなことしていていいのか?」と思うこともありました。でも、留学して「自分は何をしたいのか」を見つめ直すことができた気がします。

休学留学で得られたものは?

大学生に聞きました。休学留学で得られたものは?

留学ジャーナル調べ「大学生の長期留学に関するアンケート」より(有効回答90名)英語力46人、友人・ネットワーク40人、広い視野・新たな価値観24人、世界観(文化の多様性など)16人、日本への誇り14人、自分への方向性12人、コミュニケーション能力10人、度胸8人、家族への感謝8人

体験談

カリフォルニアに留学したC・Sさんの留学中の様子の写真 【C・Sさん 大学3年の春から1年間アメリカ/カリフォルニアで休学留学】
語学力に加えて日本を客観的に見ることができたり、価値観の違いを知り、物事に対して主観的に取り組む姿勢も身につきました。英語力だけでなく、現地学生とともに学ぶことで、語学力以上のものが身につきます!

就活に活かそう!休学・認定留学事前ワークショップのススメ!

休学・認定留学事前ワークショップとは?

これから留学に出発する大学生を対象に、年2回、ワークショップを開催。出発前に留学目的を再確認し、留学中に何をするべきかを明確にするのが目的。同じ目的を持つ大学生同士の交流の機会となっている。

留学ジャーナルキャリアカウンセラー

田仲 愛

留学後どんな自分になっていたいか(目標)、そのための何をすればよいか(アクション)について考えていきます。

  1. 自己分析グループワーク

    留学に対する考えや「なりたい自分像」を自己分析するグループワーク。
    留学・就職どちらにも役立つと毎回好評。

  2. 就活セミナー

    「最新就職事情」、「留学前・留学中にやるべきこと」などキャリアカウンセラーが具体的にアドバイス。

  3. 先輩の留学・就活体験談

    現地の暮らしや帰国後の就職など、先輩の貴重な経験談が聞ける絶好のチャンス!
    気になることをどんどん質問しよう。

  4. 留学中の目標設定

    留学成功に欠かせないのが「留学の目標設定」。具体的な目標を宣言することで、留学へのモチベーションが更にアップ!

  5. 交流会

    毎回帰るのが名残おしいほど盛り上がる交流会。
    リラックスした雰囲気の中で自分と同じように休学・認定留学する仲間ができる。

休学・認定留学ワークショップをもっと詳しく知る

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

留学ジャーナルが留学を少しでも考えているあなたに提供できること 留学前:無料カウンセリング、申込手続き、滞在先手配、出発前ガイダンス、他。留学中:緊急時24時間無料電話相談、生活相談/進路相談、現地サポート。留学後:キャリアサポート、OBの交流、他。

留学ジャーナルに相談しよう。エリア別のカウンセリングセンターをご案内。フェアやセミナー情報も掲載しています。

東京(北海道・東北・関東・甲信越エリア)

名古屋(東海・中部・北陸エリア)

大阪(近畿エリア)

広島(中国・四国エリア)

福岡(九州・沖縄エリア)

TOP