「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

留学ジャーナルでアメリカ留学しました!

  • 夢は“日本のスポーツ現場で活躍できる研究者兼コーチ” 続きをみる

  • 語学面も精神面も大きく成長できた1年間のアメリカ留学 続きをみる

  • 単位取得と部活でのレギュラーの座を目指して奮闘の日々! 続きをみる

はじめての留学 アメリカ留学に強い理由 留学体験者の今は?

アメリカのどこで学ぶ?

大自然と大都市が存在し、バラエティに富んだ文化が楽しめるアメリカ。"人種のるつぼ"というほど多種多様の民族、文化が融合しており、幅広い学問領域と質の高さで世界の教育と研究を常にリードしている。地域によって街や人々の雰囲気も違うので自分に合った都市を選ぼう。

アメリカでできる留学の種類

アメリカで語学留学

大学付属の語学コースと私立の語学学校がある。大学のキャンパスで開講されるコースが多く、大学施設を利用できるのがメリット。大学の授業聴講が可能なこともある。大学入学を目的とした留学生が多く集まっているのも特徴だ。一般英語コースでは、読む・聞く・話す・書くのスキルを学ぶ。英語力がつけば、ビジネスシーンで必要な英語が学べるビジネス英語コースや、大学・大学院で学ぶための進学準備英語コース、成績などは大学入学の条件を満たしていて、英語力だけ不足している場合に通う条件付入学コースなども受講可能。

アメリカの語学留学ココがおすすめ
  • 語学学校やロケーションの選択肢が多い。
  • 大学キャンパス内にある語学学校の中には、ネイティブのカンバセーションパートナーを作れるところもある。
  • ルームメイトがアメリカ人になる可能性がある寮もあり、英語力アップにもつながる。
アメリカの語学留学ココはCHECK
  • 1週間の留学でも、週18時間以上授業を受ける場合は、学生ビザが必要。
  • 読み・書き中心の学校も多いので、自分の目標を達成できるコースを選ぶ。
  • 地方では、交通の不便なところもあるので、自分の希望する環境を選ぶ。

アメリカで短期留学

私立の語学学校なら、1週間から留学可能。入学日は設定されているが、通年でいつでも入学できる。大学のキャンパス内で開講されるコースが多いのもアメリカの短期留学の特徴。名門大学で開講される、大学付属の英語コースもあり、人気が高い。

アメリカで大学留学

4,000校以上の大学があり、英語コースから大学院まで世界中の留学生を受け入れてきたアメリカの大学。2年制大学から4年制大学への編入や在学中の専攻変更など、柔軟性が高い。留学生にとって種類やレベルなど選択肢の広さが魅力だ。

アメリカで大学院留学

国内外の優秀な学生が集まった、世界基準の高いレベルで勉強ができる大学院留学。ハードルは高いが、単なる知識を自信と力に変えられる。修士課程は2年間で、講義(コースワーク)主体のコースは規定の単位数を取得すれば卒業できる。

アメリカで休学・認定留学

半年以上語学留学を考えているのであれば、英語の実力がついた後に+αのコースの受講も可能。大学生の場合は、語学留学にプラスして大学で専門的な内容を学ぶ「学部聴講プログラム」がおすすめ。アメリカではオープンユニバーシティプログラムなどと呼ばれ、大学の求める基準を満たせば、1年間大学に在籍することができる。

アメリカで専門スキルアップ留学

専門学校以外に2年制大学(コミュニティカレッジ)のサーティフィケートコースなど、1年程度で修了できて実践的な専門スキルを勉強する留学。未経験者でも入学可能で、入学基準も大学留学に比べて緩やかなのが特徴。また、ビジネス系の専門スキルアップであれば、アメリカの大学のエクステンションコースを受講することもできる。

アメリカの大学のエクステンション

主にアメリカの大学が社会人向けに開講している公開講座のこと。短期間でレベルの高い大学の授業を体験できるので、キャリアアップやキャリアチェンジを目指す社会人におすすめ。講師には、会社経営者なども含まれる。

留学期間は?

プログラムにより異なるが、3ヵ月前後のコースと、6ヵ月、9ヵ月のコースが主流。入学時期は年3~4回設定されているため、将来設計に合わせて 時期と期間が決められるのがメリット。

どんなことが学べる?

例えばビジネス講座なら、人事管理やマーケティング、会計・財務管理が人気。実務も学ぶが、重点はマネジメントに置かれている。教師陣も大学の講師のほか、会社経営者なども教鞭を取るため、理論だけでなく、実践にすぐに役立つ有益な内容が学べる。

1年間の留学で何ができる?

エクステンションコースで専門分野を学ぶには、大学での授業を理解できる程度の英語力が必要(目安はTOEFL iBT80、TOEIC760)。英語力が足りなければ、受講前に大学付属の英語コースで英語力をアップさせてからコースに参加することもできる。また、エクステンションコース修了後には地元企業でのインターンシップが可能(授業に組み込まれている場合もあり)。

アメリカでインターンシップ&ボランティア

大学を卒業すると、最長で1年間、Optional Practical Training(OPT)として現地企業で就労体験する許可がもらえる。また語学学校によっては、空いた時間に日本語教師アシスタントやチャイルドケアセンターでのボランティアができるコースもある。エクステンションコースで専門分野を学んだ後にインターンシップをする方法もある。

業界最大級を誇る650校以上の学校を検索できます。
アメリカの語学学校検索 アメリカの大学一覧 アメリカの短期留学コース一覧

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

留学ジャーナルが留学を少しでも考えているあなたに提供できること 留学前:無料カウンセリング、申込手続き、滞在先手配、出発前ガイダンス、他。留学中:緊急時24時間無料電話相談、生活相談/進路相談、現地サポート。留学後:キャリアサポート、OBの交流、他。

留学ジャーナルに相談しよう。エリア別のカウンセリングセンターをご案内。フェアやセミナー情報も掲載しています。

東京(北海道・東北・関東・甲信越エリア)

名古屋(東海・中部・北陸エリア)

大阪(近畿エリア)

広島(中国・四国エリア)

福岡(九州・沖縄エリア)

TOP