「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

留学ジャーナルで大学留学しました!

  • 高校卒業後、オーストラリアへ。通訳士・翻訳士を目指す! 続きをみる

  • 単位取得と部活でのレギュラーの座を目指して奮闘の日々! 続きをみる

  • 留学は大変なことがいっぱい。だけどその分、成長できる! 続きをみる

はじめての留学 大学留学に強い理由 留学体験者の今は?

大学の種類

4年制大学/University

アメリカやカナダでは日本と同様に4年間で大学の学位を取得できる。最初の2年間で一般教養を学び、後半の2年間で専門課程を学ぶ。イギリスやオーストラリアなどでは多くの学部が3年間で学位を取得できるが、日本の高校卒業が最終学歴の場合は、通常1年間のファウンデーションコースの履修を事前に必要とする。

2年制大学/College

アメリカやカナダでは2年間の学部課程を修了すると準学士号が取得できる。職業に直結したスキルを学ぶ職業コースと4年制大学への編入を目指す編入コースがある。職業コースは、仕事に直結するスキルを習得でき、編入コースはより高いレベルの大学を目指せるのがポイント。授業料を抑えたい人にもおすすめ。

大学留学について教えて!

入学に必要な学歴は?

高校卒業以上。日本のような入試はないが、高校での成績が重視される。入学申請時にTOEFLなどのテストスコアやエッセイの提出が必要。イギリスの大学は基本的に3年制で、入学後すぐに専門的な勉強が始まるので、日本の高校卒業後、留学する場合、ファウンデーションコースと呼ばれる進学準備コースに入る必要がある。

ファウンデーションコースとは?

イギリス、オーストラリア、ニュージーランドの大学留学を目指す留学生向けに設けられた進学準備コース。日本を含め、教育システムが異なる国から大学進学する場合、ここで専門科目の基礎知識に加えて、カレッジスキル(ノートの取り方、講義の聞き方、ディスカッション法、論文の書き方)を学ぶ。期間は約9ヵ月から〜1年間。

入学に必要な英語力は?

大学のレポートを書いたり、リサーチができるだけの英語力が必要。出願時には英語力を測る英語テストのスコア(アメリカやカナダの場合はTOEFL、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドの場合はIELTS)が必要になるので事前に受験しておこう。最近では、英検(2級以上)を留学時の入学資格条件として認める大学もある。

英語力が足りない場合は?

英語力が足りなくても、現地で英語力を伸ばしながら大学入学を目指す道がある。英語力が入学条件に達していない場合でも出願を行い、「条件付き入学」で合格内定を取ることができる。条件付き入学には、合格内定を得た大学の付属集中英語コースで勉強するタイプと、大学提携の語学学校で学ぶタイプがある。

入学に必要な学力は?

高校の成績(編入の場合は大学も)を提出。難関・人気大学になるほどよい成績が求められるため、英語だけでなく、ほかの科目でもよい成績を修めておく必要がある。アメリカの場合、成績が4年制大学への入学基準に満たしていない場合でも、2年制大学から編入し、最後には4年制大学を卒業する方法もある。

費用はどれくらいかかる?

国や都市・エリア、選んだ留学スタイル、学校によっても変わってくるが、授業料と生活費(住居費、食費、交通費、交際費など)を留学期間中、支払えるだけの十分な資金は必要。平均的な公立(州立など)の大学の留学費用は、300~400万円程度の預金残高証明書を、出願の際に提出することを求められる。

費用を抑える方法は?

日本や外国の政府をはじめ、さまざまな団体が奨学生を募集しているので、それらをうまく活用しよう。日本の大学や海外の大学が提供しているもの、地方自治体、民間のものなど探してみると意外と多い。そのほか、留学先に比較的物価の安い国・地域を選ぶ、滞在費用を工夫する方法もある。

大学で学べる専攻は?

海外で学べる専攻は多種多様で、最も重要なのは「何に興味を持ち、何を学ぶか」ということ。将来、どのような仕事に結びつくのかを視野に入れながら、主な専攻をチェックしておこう。主な専攻にはビジネス、国際関係学、スポーツマネジメント、コミュニケーション、ジャーナリズム、旅行学、環境学などがある。

大学留学、どんな学び方がある?

大学を卒業

英語力に自信があれば、日本の高校卒業後、海外の大学へ直接入学し、そのまま4年間を過ごす。ただし、入試がないため、高校時代の成績は合否判定のポイントとなる。アメリカの場合、多くの留学生は高い英語力が求められない2年制大学にまず入り、2年間勉強した後、4年制大学に編入してそのまま4年制大学を卒業している。

学部聴講

アメリカでは条件さえ合えば、1学期だけでも正式な学生として授業を履修し、単位を取得することができる。イギリスやオーストラリアでは英語コースと学部聴講をセットにしたスタディアブロードプログラムを持つ大学も多い。学部留学の条件を満たしていなくても、現地の学生と一緒に授業を受けられるのが魅力。

大学に編入

アメリカでは、2年制大学から4年制大学へ編入する学生が多い。同様に英語力など入学基準をクリアしていれば、日本の大学からアメリカの大学に編入する道もある。同じ専攻の科目や一般教養科目なら、日本で取得した単位を留学先の卒業単位として認められる可能性もあるので、編入先の大学でまずは確認しよう。

公開講座

アメリカの大学で開かれており、エクステンションとも呼ばれる。短期間ながらレベルの高い授業を提供している。アート系からビジネスまで学べるジャンルは豊富で、アメリカの社会人や短期で学びたい学生、留学生が多く在籍する。教授以外にも実際の企業人が講師になることも多く、実践的な授業であるのも特徴。

各国の大学留学

アメリカの大学留学

約4400以上ある大学には、コミュニティカレッジ、リベラルアーツカレッジ、総合大学などがあり、それぞれ学生のニーズにあわせた教育を提供、編入制度などフレキシブルな教育制度が魅力。

アメリカの大学の特徴

カナダの大学留学

90以上ある4年制大学は、そのほとんどが公立で、学校間のレベル格差が少なく、世界的にみても、教育の質やレベルの評価は高い。充実したESLコースから難関大学を目指す留学生も多い。

カナダの大学の特徴

イギリスの大学留学

ケンブリッジ大学、オックスフォード大学をはじめとする長い伝統と格式に基づいたレベルの高い大学教育を誇る。約700年も前から留学生を受入れてきた実績と経験に基づく留学生サポートも魅力。

イギリスの大学の特徴

オーストラリアの大学留学

大学のほとんどが公立で世界ランキング上位にあがる大学も多い。世界的に評価の高い大学で学べるメリットに加え、留学生を保護する国家法が設けられているので、安心して学業に専念できる。

オーストラリアの大学の特徴

ニュージーランドの大学留学

国立総合大学が8校と、少数精鋭で大学の質を保つという政府の方針に加え、大学の品質保証の審査をするなど、国や大学が高い教育水準を保つ努力をしているのが特徴的。

ニュージーランドの大学の特徴

ヨーロッパの大学留学

それぞれの国の歴史と文化を受け継ぐ大学教育は、ヨーロッパ諸国の相互交流で、グローバル教育へと進化し、注目が高まっている。英語で学位をとれる大学もあるが、生活レベルの語学力は不可欠。

ヨーロッパの大学の特徴

業界最大級を誇る650校以上の学校を見ることができます。

大学一覧

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

留学ジャーナルが留学を少しでも考えているあなたに提供できること 留学前:無料カウンセリング、申込手続き、滞在先手配、出発前ガイダンス、他。留学中:緊急時24時間無料電話相談、生活相談/進路相談、現地サポート。留学後:キャリアサポート、OBの交流、他。

留学ジャーナルに相談しよう。エリア別のカウンセリングセンターをご案内。フェアやセミナー情報も掲載しています。

東京(北海道・東北・関東・甲信越エリア)

名古屋(東海・中部・北陸エリア)

大阪(近畿エリア)

広島(中国・四国エリア)

福岡(九州・沖縄エリア)

TOP