アメリカの4年制大学の仕組みがわかるページ

留学ジャーナル|留学相談から滞在中のケアまで

留学のことなら、なんでも相談ダイヤル フリーコール:0120-890-987

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

アメリカ4年制大学コース アメリカの4年制大学へ進学する 日本にはない専攻も多く、ダブルメジャーも可能

こんな人に向いています

  • 整った施設の中で学びたい
  • 日本にはない特殊な専攻を学びたい
  • 学びながら現地で専攻を決めたい

<アメリカ>大学進学モデル

<アメリカ>大学進学モデル

アメリカには約2,300校の4年制大学があり、150以上のさまざまな専攻科目を学ぶことができます。社会や学生のニーズに応じた多彩なプログラムが存在し、単なる知識の習得だけではなく、より実践的・実用的な知識と技術を身につけることができます。
アメリカの大学は、一般的に"ユニバーシティ"と称され、幅広い専攻分野の学科を学ぶことができる「総合大学」と、幅広い教養課程を4年間かけて学ぶ「教養大学(リベラルアーツ・カレッジ)」、そして、日本で例えるなら美大、音大といったような専門的な学習に特化した「専門単科大学」の3タイプに分類されます。
日本と大きく違うのは、入学後にさまざまな分野を幅広く勉強した後、一部の専攻科目を除いては、出願時に決定した専攻科目から、専門課程の勉強に本格的に取り組む3年次までに、別の専攻科目に変更できることです。また、2つの専攻科目を同時に学ぶ「ダブルメジャー制」などがあることも、世界中から多くの留学生を受け入れているアメリカの大学システムの魅力です。

留学ジャーナルがオススメする大学留学

東部 中部 西部 南部 アメリカ地域図
英語力の目安 TOEFL iBT61(PBT500)以上
学力の目安 GPA2.5以上
学 歴 高校卒業以上
年間費用 (授業料+滞在費) 約310万円~

ココが知りたい!日本の短大や大学から、アメリカの大学へ編入は可能?

日本の短大や大学から、アメリカの4年制大学への編入も難しいことではありません。
もちろん、出願時点で4年制大学に入学できるだけの英語力(TOEFL iBT61(PBT500)以上)が必要ですが、編入したい4年制大学の入学基準に見合った成績を取っていれば可能性は十分あります。
ただ、何年次に編入できるのか、日本の大学の単位がどれだけ認められるのかは、出願先のアメリカの4年制大学や専攻科目によって異なります。日本の大学で履修した科目と同じ科目が編入先の大学でも要求されていれば編入単位として認められますし、英語を除いた一般教養科目が多ければ多いほど、編入単位は数多く認められると一般的には言われています。

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

フリーコール:0120-890-987

留学に関するお問い合わせはお気軽にお電話にてご相談ください

サイト内検索

本社:〒160-0016 東京都新宿区信濃町34 JR信濃町ビル6階
観光庁長官登録旅行業第1695号 一般社団法人留学サービス審査機構(J-CROSS)認証事業者
一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員 一般社団法人留学・語学研修等協議会(CIEL)正会員 一般社団法人海外留学協議会(JAOS)正会員
NAFSA Association of International Educators会員 特定非営利活動法人国際教育交流協議会(JAFSA)賛助会員
このサイトに関するお問い合わせは e-mail:webmaster@ryugaku.co.jp

TOP