カナダ留学

  • カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから 無料留学相談
  • 資料のご請求はこちら ご希望の資料を無料でお届けします

「海外でのんびりする」「語学を真剣に学ぶ」「働く経験をする」。どんな留学目的でも、良質でリーズナブルに叶えられるのがカナダ。大学間のレベル差は少なく、教育水準は高い。また、国の安全性と清潔さもトップレベル。公用語が英語とフランス語なので、2つの言語を学ぶこともできる。

カナダ留学体験談

最初は不安もありましたが、現地に着いてみると学校はとても明るくアットホームな雰囲気で、先生をはじめとするスタッフの方々も皆フレンドリー。初日から安心して学校生活をスタートできました。

木原 菜穂 さん(20歳)

カナダ留学体験談の続きを読む


カナダのどこで学ぶ

日本の27倍、世界で第2の国土を誇るカナダ。5人に1人がカナダ以外の生まれで、国内最大の都市トロントでは人口の約半分を移民が占める。そのため外国人が受け入れられやすい環境や雰囲気がある。バンクーバーやビクトリアがあるブリティシュ・コロンビア州は太平洋に面していて温暖。対してトロントのあるオンタリオ州は冬の寒さは厳しいが、活気ある国際都市として発展している。自分の好みに合った都市を選ぼう。

※都市名をクリックすると、都市の詳細が表示されます。

カナダ地図 バンクーバー ビクトリア カルガリー モントリオール トロント

バンクーバー

「世界一住みやすい街」に選ばれる常連のバンクーバー。夏場はドライで涼しく、高緯度ながら冬場の寒さもそれほど厳しくない。近代的な大都市でありながら、すぐ近くに海や山が広がるロケーションこそ、バンクーバーの魅力といえる。

ビクトリア

バンクーバー島の南端に位置し、三方を海に囲まれたビクトリアはイギリスの伝統をそのまま受け継ぐ風情のある都市。カナダの主要都市の中で一番温暖で、カナダ人もここに住むことを憧れる。街並みはイギリス調建築の建物が多く美しい。

カルガリー

1988年冬季オリンピック会場となったカルガリーは、人口約106万人、ロッキー山脈のふもとにある石油産業で経済的に潤う活気ある都市。雄大なカナディアン・ロッキーへのゲートウェイでもあり、アウトドアアクティビティが盛ん。

モントリオール

カナダ第2の都市モントリオールは、英語とフランス語が話されるバイリンガル都市。セント・ローレンス河に面した街並みは「北米のパリ」とも呼ばれ、近代的なビルが立ち並ぶ。2つの言語と文化が交差する環境はまさにコスモポリタン。

トロント

オンタリオ湖の北岸に位置するトロントは、治安が良く美しく整備された、摩天楼輝くカナダ随一のビッグシティ。国際的規模の美術館や博物館が点在し、都会的なビジネス街はカナダ経済の中心地といえる。街のランドマークはCNタワー。

  • カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから 無料留学相談
  • 資料のご請求はこちら ご希望の資料を無料でお届けします

カナダで語学留学

英語とフランス語が公用語のカナダは、国内の語学教育が盛ん。ほとんどの語学学校では初心者から受け入れが可能。また6ヵ月までの滞在であればビザなしで留学できるカナダは、語学留学では常に人気が高い。日本人スタッフが常駐する学校も多く英語力に不安のある人や、ジュニア層、シニア層の留学にもおススメだ。

カナダの語学留学ココがおすすめ

  • 母国語禁止ルールを徹底している学校が多い。
  • 交通の便が良い都市部に学校が多数ある。
  • 英語とフランス語、2つの言語を学ぶこともできる。

カナダの語学留学ココはCheck

  • 多種多様の人種がおり、アジア系の住民も多い。
  • 冬の寒さが厳しく、夏も涼しい地域もあるので、自分の希望する環境を選ぶ。
  • 留学やワーキングホリデーなどで、滞在している日本人は多い。

Q.留学期間は?

私立の語学学校なら、1週間から可能。母国語禁止ルールを徹底している学校も多いため、短期間でもみっちり学べる。大学付属の英語コースは、最短でも3週間から。プロジェクトワークがあったり、大学ならではの内容も。

Q.どんなことが学べる?

一般英語コースでは、読む・聞く・話す・書くのスキルを学ぶ。最初の4週間で英語力を磨き、後半の4週間は現地企業でインターンシップができるプログラムもある。このほか、TOEIC対策など英語関連の試験対策を一般英語コースと組み合わせているコースも人気。


Q.1年間の留学で何ができる?

語学学校で英語力を磨いた後、現地の企業でインターンシップを行うプログラムがおすすめ。インターンシップを志望すると、語学学校でビジネス英語を学べたり、履歴書やカバーレター作成の指導も受けられる。

○インターンシップのスケジュール例

※英語力によって「英語コース」の期間は変わってきます。

語学留学についてもっと知る

学校検索

カナダ語学学校検索約40校が検索可能

地域図を表示

カナダでワーキングホリデー

1年間の滞在期間中に最長6ヵ月は学校へ通えるカナダ。働いたり、旅行したりするだけでなく、「どうせ行くなら、英語もしっかり勉強したい!」という人におススメ。シーズン中の観光地やスキー場なら、仕事がみつかるチャンスも広がる。

カナダのワーキングホリデーについてもっと知る

カナダで大学留学

国内にはわずか100未満しか総合大学が存在していないため、どの大学にも優秀な学生が集まり、すべての大学で高い教育レベルが保たれている。入学の難易度は高いですが、卒業生は世界各国で高い評価を受けている。

カナダの大学留学についてもっと知る

専門スキルアップ留学

1年間の仕事ですぐに使える実践的な専門スキルを勉強する留学。未経験者でも入学可能というコースも多く、入学基準も大学留学に比べて緩やかなのが特徴。私立の専門学校のほか、公立(カレッジ)の職業訓練コースで学ぶ方法がある。

専門スキルアップ留学についてもっと知る

カナダで大学院留学

カナダの大学院も高度な教育と研究の質を誇り、世界的に高い評価を集めている。修士課程は1~2年、博士課程は3年以上かかるのが一般的。カナダの場合、学校が少なく、要求される英語力が高いのも特徴。また州により教育制度が異なる。

カナダの大学院留学についてもっと知る

カナダ高校留学

カナダは国民一人当たりの教育費にかける割合が世界でも常に上位を保つほど教育に熱心な国。そのため教育の質も高い。教育システムは州によって異なる。英語に自信がなくても、高校入学前に地元の留学生用英語コースでしっかり準備ができる。

カナダの高校留学についてもっと知る

インターンシップ&ボランティア

Post-Graduation Work Permit Programというシステムがあり、大学を卒業すると最長3年間就労体験ができるワークパーミットを申請できる。また語学学校によっては、デイケアセンターでこどもの世話をするといったボランティアを含むコースがある。

インターンシップ&ボランティアについてもっと知る

カナダの基本情報

ワールド留学フェア開催! 東京・大阪・名古屋・福岡 ≫詳細はこちら

留学ジャーナルはココが違う!

1.40年以上の実績

あらゆる解決策を知り尽くした経験豊富なカウンセラーがお一人おひとりベストな留学をプランニング。

2.確かな情報力

1983年創刊「留学ジャーナル」は、日本で最も歴史のある留学情報誌。確かな情報のみをお届けします。

3.強力なネットワーク

UCLAやコロンビア大学など、海外の数多くの教育機関や、各国大使館との協力関係で帰国後までサポート。

留学ジャーナルカウンセリングセンター

  • 東京
  • 大阪
  • 名古屋
  • 福岡
  • 岡山

【フリーコール】0120-890-987

  • カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから 無料留学相談
  • 資料のご請求はこちら ご希望の資料を無料でお届けします