アメリカの大学に条件付きで入学する方法の紹介

留学ジャーナル|留学相談から滞在中のケアまで

留学のことなら、なんでも相談ダイヤル フリーコール:0120-890-987

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

英語力に自信がなくても、アメリカで大学生になる近道 条件付き入学制度を利用して、出発前に合格を決める 条件付

こんな人に向いています

  • 英語力が不安でも将来の進学先を決めておきたい
  • 進学先を確定し、安心して英語の勉強に専念したい
  • 一刻も早く現地に行きたい
英語力の目安 問わない
学力の目安 2年制大学:GPA2.0以上
4年制大学:GPA2.5以上
学 歴 高校卒業以上
年間費用 (授業料+滞在費) 約150万円~

出願時に各大学が要求する英語力の基準をクリアしていなくても、学力やその他の条件が基準以上であれば、大学から合格内定を得ることができるのが「条件付き入学」です。日本でほとんどの入学手続きを終えて出発できるので、留学後は安心して英語力上達のための勉強に専念できます。
合格内定後、大学入学に向けて英語の勉強をする方法として、留学先の英語コースで勉強する「現地準備型」と、日本で英語の勉強を続ける「日本準備型」から選択できます。
例えば英検2級レベルの高校生がアメリカ2年制大学を目指した場合、「現地準備型」での英語コースの平均在籍期間は4ヵ月と言われていますので、高校卒業後に集中的に留学先の英語コースで勉強をしたいという人にはこちらがおすすめです。また、高3の秋に「条件付き入学」で出願し、アメリカの2年制大学や4年制大学から合格内定をもらっておけば、日本の大学へ進学するクラスメートと同じように高校卒業前に進学先を決定できるため、出発までの英語の勉強はもちろん高校の勉強にも打ち込めてご家族も安心です。
アメリカ以外の国でも、ファウンデーションコースや大学で、条件付き入学を認めている学校もあります。対象校や入学条件など詳細に関しましては、カウンセラーまでお気軽にお問い合わせください。

アメリカ条件付き入学 スケジュール例
ココがポイント!
出願時に英語力が問われない

日本で入学手続きはほとんど終わった状態で合格内定を得られるので、留学先では安心して英語力の上達だけに専念して勉強ができます。大学入学のための最終手続きも、かなり簡略化ができるので安心です。

ココがポイント!
英語力アップは「現地準備型」と「日本準備型」から選択OK

英語力アップは、留学先の英語コースで勉強する「現地準備型」か、日本で勉強する「日本準備型」から選択できます。英検2級レベルの人が2年制大学を目指した場合、留学先の英語コースの平均在籍期間は4ヵ月。24時間英語オンリーの生活なら、短期間でのレベルアップが期待できます。もちろん、日本で英語の勉強をする場合も、学習プランをしっかりと立てればレベルアップは可能です。「現地準備型」でも出発までに時間がある場合は、日本でしっかり勉強して、さらなる英語力のレベルアップを目指しましょう。

ココがポイント!
日本にいる間に
大学の入学手続きをほぼ完了

海外の大学や短大などに出願するためには、各大学が要求する学力と英語力などの基準をクリアしなければなりません。このうち、学力やその他の条件がクリアできていれば、英語力が基準に届いていなくても、大学から合格内定を得ることができるというのが条件付き入学です。

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

フリーコール:0120-890-987

留学に関するお問い合わせはお気軽にお電話にてご相談ください

サイト内検索

本社:〒160-0016 東京都新宿区信濃町34 JR信濃町ビル6階
観光庁長官登録旅行業第1695号 一般社団法人留学サービス審査機構(J-CROSS)認証事業者
一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員 一般社団法人留学・語学研修等協議会(CIEL)正会員 一般社団法人海外留学協議会(JAOS)正会員
NAFSA Association of International Educators会員 特定非営利活動法人国際教育交流協議会(JAFSA)賛助会員
このサイトに関するお問い合わせは e-mail:webmaster@ryugaku.co.jp

TOP