|アメリカ留学生活情報

留学ジャーナル|留学相談から滞在中のケアまで

留学のことなら、なんでも相談ダイヤル フリーコール:0120-890-987

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

アメリカの生活情報

時差
東部標準時間(EST) -14時間
中部標準時間(CST) -15時間
山岳部標準時間(MST) -16時間
太平洋標準時間(PST) -17時間
サマータイム ハワイ・アリゾナ・インディアナ(一部)を除く地域
3月上旬~11月上旬
生活
主な公共交通機関 路線バス、市バス、地下鉄、列車
電源とプラグタイプ 電圧:120V プラグタイプ:A
日本の電圧は100ボルトでプラグは2本だが、海外の電圧やプラグは国によって異なる。世界各国で対応できるワールドモデルの電気製品も販売されているが、電気製品を持っていく場合、事前にその機種が留学先の国で使えるかどうかを確認しておこう。電圧が違う場合は、変圧器をつけたり、差し込みプラグだけを別に用意することで使用することができる。
医療

【病院事情】

小さな病気はかかりつけの医師(ホームドクターまたはファミリードクター)に診てもらい、専門的な病気はホームドクターが紹介する専門医に診てもらうのが一般的。頭痛薬・鎮痛剤・胃腸薬などの一般的な薬品はドラッグストアなどで購入できるが、抗生物質などは医師からの処方箋(プレスクリプションPrescription)がないと購入できない。日本のような国民健康保険制度はないので、自分で保険に加入しなければならない。アメリカは医療費が高く、保険に入っていなければ、医師の診察が受けられなかったり、入院できない場合もあるので、あらかじめ「海外留学生保険」に入っていたほうがよい。最近では、学校が提供する学生保険加入を入学条件とする学校が増えている。ただし、その学校が要求する最低限の保険内容を海外留学生保険(または海外旅行傷害保険)でカバーしていることを証明できれば、学校が提供する保険に入る必要はない。

【海外留学生保険】

日本の保険証を海外でそのまま使用することはできないため、留学中の病気やケガの時に役に立つ、海外留学生保険に加入しておこう。傷害・疾病・盗難・紛失などに対する保険がワンセットになっており、海外留学生保険の加入を義務付けている学校も多い。保険会社と提携している病院なら、治療費は保険会社から直接病院へ支払われるため、急病でもキャッシュレスで病院へかかれて安心。海外留学生保険は、日本出発後は新規で加入することができないため、早めに申し込み手続きをしておこう。

お金

【通貨の種類】

コイン : 1・5・10・25・50セント、1アメリカドル
紙 幣 :1・2・5・10・20・50・100アメリカドル(500・1000・5000・1万ドルもあるが一般にはほとんど流通していない)

【銀行口座】

留学期間が長期間の場合、学校や滞在先の近くにある銀行で口座を開いておけば、日本の銀行からその口座宛に送金することができる。送金方法によって手数料が異なるため、事前に日本の銀行に詳細を問い合わせておこう。

【クレジットカード】

写真入りのクレジットカードは、多額の現金を持ち歩かない習慣である海外では、現金と同じぐらいよく使用されている。スーパーなどの食料品から、授業料の支払いまで頻繁にクレジットカードが使われており、身分証明書の役割も果たしている。また、ホテルや飛行機、レンタカーなどを予約する際の必需品で、カードを持っていないと、予約を受け付けてもらえないことも海外ではよくある。出発前に最低1枚は準備しておこう。

お金

【電話】

公衆電話 料金(市内通話) 50セント(一部地域30セント)

【使用方法】

市内通話(local call)の場合は、基本料金50セントを投入後、市外局番なしの7桁の番号をダイヤルすれば、無制限に通話できる。市外通話(long distance call)の場合、1-(市外局番)-(電話番号)とダイヤルし、機械音のオペレーターの指示に従って料金をコインで投入する。コイン式の公衆電話のほか、クレジットカード式やプリペイドカード式の公衆電話がある。クレジットカード式の公衆電話は設置台数が少ない。

【海外から国際電話をかける方法】

(1) 直接日本の相手先へダイヤル
留学先の国際電話サービス番号+日本の国番号(81)+市外局番(0を取る)+電話番号
(2) コレクトコール(電話を受けた相手先が通話料を支払う方法)
他人の家の電話機からかける時や、公衆電話で現金の手持ちがない時のかけ方。直通でかける料金に比べてかなり高いので、通話時間には注意しよう。
(3) 国際電話専用のプリペイドカード
国際電話が可能な電話機なら、ホームステイ先や公衆電話からでもOK。キャッシュレスで、しかもコレクトコールよりずっと安い料金で利用できる。

パソコン

短期留学の場合は、学校のコンピュータやインターネットカフェを利用する方法が一般的。長期留学の場合は、日本からパソコンを持参して、留学先でプロバイダー契約をした方が、料金も安くサポートもしっかりしている。ただし、設定や契約書類は全て英語のため、英語力に自信がない人は、学校にいる日本人留学生やスタッフに相談してみよう。また、海外で利用できる日本のプロバイダーのローミングサービスを利用すれば、日本語で設定ができて安心だが、料金が割高なので長時間の接続には注意。日本のADSLのような固定料金制に慣れていると、接続を切り忘れたために多額の利用料を請求されてしまうこともある。接続時間単位で課金されるダイアルアップ接続の場合、マメに接続を切ることをおすすめする。日本からパソコンを持っていく場合、内蔵されているモデムが留学先の国で使えるかどうか、取扱説明書を確認しておこう。無理に内臓モデムを使おうとすると、電話回線に支障が出たり、パソコン本体が故障してしまうこともある。最近では世界各国で利用できるモデムカードなども販売されているので、販売店などに相談してみよう。

ライフスタイル

【代表的な食べ物】

ファストフード(ハンバーガー、ホットドッグ、ピザ等)
ハンバーガーは、チェーン店の数が多く、ボリューム、味、種類、サイドオーダーも豊富。最近はカロリーが少なくヘルシーな健康食もブームとなっている。

【安全&常識】

日本に比べると、凶悪犯罪や銃犯罪、ドラッグなどの事件が多いのが事実。夜一人で出歩かない、危険地域へは近づかないなど、自覚を持って行動することが大切だ。万が一、犯罪に巻き込まれたり、犯罪を目撃したら、必ず911に通報する。

【大使館情報】

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

留学ジャーナルが留学を少しでも考えているあなたに提供できること 留学前:無料カウンセリング、申込手続き、滞在先手配、出発前ガイダンス、他。留学中:緊急時24時間無料電話相談、生活相談/進路相談、現地サポート。留学後:キャリアサポート、OBの交流、他。

留学ジャーナルに相談しよう。エリア別のカウンセリングセンターをご案内。フェアやセミナー情報も掲載しています。

東京(北海道・東北・関東・甲信越エリア)

名古屋(東海・中部・北陸エリア)

大阪(近畿エリア)

広島(中国・四国エリア)

福岡(九州・沖縄エリア)

フリーコール:0120-890-987

留学に関するお問い合わせはお気軽にお電話にてご相談ください

サイト内検索

本社:〒160-0016 東京都新宿区信濃町34 JR信濃町ビル6階
観光庁長官登録旅行業第1695号 一般社団法人留学サービス審査機構(J-CROSS)認証事業者
一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員 一般社団法人留学・語学研修等協議会(CIEL)正会員 一般社団法人海外留学協議会(JAOS)正会員
NAFSA Association of International Educators会員 特定非営利活動法人国際教育交流協議会(JAFSA)賛助会員
このサイトに関するお問い合わせは e-mail:webmaster@ryugaku.co.jp

TOP