2017.11.28

2018年は、天体イベントから幕開け☆

superfullmoon-200.jpgもうすぐクリスマス!この時期は特に英語圏の国々は1年でいちばん盛り上がるシーズンです。クリスマスが終わったら、HAPPY NEW YEAR!2018年の幕開けとともに、世界各国でさっそく「天体イベント」があるのを知っていますか?それが、地球にもっとも月が近づく「スーパームーン」

2016年は、68年ぶりに大きく見られるスーパームーンイヤーだったとか。来年2018年は月が地球に1番近づくのが、世界標準時間で1月1日の元旦なのだそうです(※日本時間は1月2日)。

1703auckland_pixabay_200.jpg日付変更線の位置を考えると、世界で最も早くスーパームーンの月の出を迎えるのは、サモア諸島。「留学先で見たい!」と思ったら、サモア諸島に近いニュージーランド・オークランドがオススメ!日本にいるよりも早く見ることができます。留学中に、海外で、普段よりも大きく、輝きを増す月を見ながら、新年をお祝いするのもいいですね。

スーパームーンにお願いごとをすると叶うとも言われています。留学先でスーパームーンにお願いごとをしてみては?

年末年始の留学がまだ間に合います!1週間から行ける短期留学コースもありますので、ぜひ、お早めにお問い合わせください。

◆オークランドのオススメ語学学校
Dominion English Schools, Auckland
Languages International, Auckland

ニュージーランドへの留学について詳しくは、お近くの留学ジャーナルカウンセリングセンター(東京大阪名古屋広島福岡)までお気軽にお問い合わせください。

◆留学相談ご予約はこちら◆
soudan.png

 









Share (facebook)

2017.11.26

ニュージーランドとラグビー

rugby-1210843_200.jpg

2019年に日本で開催されるワールドカップの影響もあり、注目を集めているラグビー!日本ではまだ発展途上のスポーツですが、世界各国ではサッカーやバスケットボール、ゴルフなどと並び、人気競技のひとつとして多くの人に親しまれています。

その中でも、特に熱狂的なのがニュージーランド。「ニュージーランドという国とラグビーがセットで存在しなかった時代はなかった」といわれるほど両者の関係は歴史が深く、ニュージーランドの人にとって、ラグビーはなくてはならないものになっています。

ニュージーランドで初めてラグビーが行われたのは建国してから30年後の1870年。チャールズ・モンローという若者がイギリス留学から帰国し、地元ネルソンの友人や学生を集めて試合を行ったのがきっかけとなり、あっという間に国中に広まりました。

イーデンパーク1_200.jpg

いまでも、試合が行われたボタニカル・リザーブには史跡が残されており、2011年には当時の復刻試合が行われるなど、競技もその歴史も、地元の人々に大切にされています。ぜひニュージーランドに留学して、日本とは少し違うスポーツへの情熱を感じてみてください!

◆ニュージーランド留学に関するご相談は、留学ジャーナルまでお気軽にどうぞ♪
>>>ニュージーランドの学校一覧コチラ

soudan.png

 









Share (facebook)

2017.11.10

日本文化を紹介!JAPAN DAY

オークランド_s.jpgオークランドで毎年行われている「JAPAN DAY」。2018年は2月25日に開催が決まっています!前日の24日には前夜祭も行われるとのこと!

「JAPAN DAY」は、ニュージーランドの人たちに日本文化を紹介するイベント。お祭りの屋台のようにお好み焼きや焼き鳥などの日本食を販売したり、日本舞踊や空手、餅つきのパフォーマンスを行うなど、日本の伝統文化を存分に楽しめる内容とあって、いつも大好評!そのほかにも、海外でも人気のアニメのコスプレや、日本の書籍コーナーなども設置されるようです。はじめは小さな規模からスタートしたイベントだったそうですが、回を重ねるうち、だんだんと会場が大きくなり、今では約6万人の来場者数を誇る大イベントになりました。春休みに、ニュージーランドに短期留学するなら「JAPAN DAY」にちょうど参加できそうです!留学中に語学学校や現地の友人と足を運んで、日本文化を紹介してみるのも楽しそうですね♪


◆オークランドの短期留学にオススメの語学学校はコチラ
Dominion English Schools, Auckland
Languages International, Auckland


ニュージーランドへの留学について、詳しくはお近く留学ジャーナルカウンセリングセンター(東京大阪名古屋広島福岡)までお気軽にお問い合わせください。

◆留学相談ご予約はこちら◆
soudan.png

 









Share (facebook)


2017.11.09

ハロウィンが終わるとクリスマス!

ポフツカワ_s.jpg真夏にクリスマスを迎える南半球。ニュージーランドのクリスマスツリーと呼ばれている植物「ポフツカワ(Pohutukawa)」が赤い花を咲かせるのを見ると、キウイ達は「夏が来たな~、そろそろクリスマスだな~!」と感じるそうです。また、このポフツカワから採れる蜂蜜は、イギリス王室御用達なのだとか。ニュージーランドのお土産屋や、蜂蜜専門店などで手に入るので、ニュージーランドに留学した際には要チェックです。

北米では、11月下旬に感謝祭(Thanksgiving)があり、日本のお正月のように家族が集まり、七面鳥などのご馳走を食べるのが定番です。最近では、日本でもこの時期のセール「ブラックフライデー」をまねるところが増えてきました。celebration_s.jpg

感謝祭にせよ、クリスマスにせよ、これから年末にかけて、今年1年が終わりに近づいていることを実感するイベントが増えてきます。新しい年を、晴れやかな気分で迎える準備はできていますか?2017年のラストスパートは、留学を実現するために、アクションを起こしてしてみては☆?

ニュージーランドへの留学について知りたい、来年留学したい...!と思っている方は、お近く留学ジャーナルカウンセリングセンター(東京大阪名古屋広島福岡)までお気軽にお問い合わせください。

◆留学相談ご予約はこちら◆
soudan.png

 









Share (facebook)

2017.11.01

ワイン好きにはたまらない、南島のマールボロ

ブドウ畑10.jpg

雄大な大自然が広がるニュージーランド!少し郊外に足を延ばせば、羊や牛などの動物を見ることができ、各地で酪農や農産物の生産も行われています。中でも近年世界的に注目を集めているのが、ニュージーランド・ワイン

南島にあるマールボロ地域ではブドウ畑が一面に広がっており、さまざまな品種のブドウが栽培されています。ニュージーランド・ワインのおよそ77%がマールボロで作られており、ぶどう畑の面積は約24,000ヘクタール(東京ドーム約5133個分!)にもなるそう。ニュージーランド・ワインの主流は白ワインで、ここで作られる「ソーヴィニヨン・ブラン」は絶品!しかしながら、「ピノ・ノワール」のなど赤ワインも最近人気が出てきているそうで、赤白両方のワインを楽しむことができます。

ワイン.jpg また、マールボロではブドウの栽培だけでなく、大小さまざまなワイナリーがワインの醸造も行っています。そのため、ぶどうの収穫期には、世界中から出稼ぎにやって来た人で町が国際色豊かになるのだそう。ワーホリメーカーの需要も高まるので、ワイン好きの人にはワイン作りにかかわれるまたとないチャンスでもあります。

また、マールボロにはブドウの栽培から醸造までを学べる学校もあるので、本格的に学びたいと思っている人にもおすすめ。大自然で育まれたニュージーランド・ワインをぜひ楽しんでみてください。

ニュージーランド留学に関するご相談は、留学ジャーナルまでお気軽にどうぞ♪

soudan.png

 









Share (facebook)

留学ジャーナルはココが違う!

1.40年以上の実績

あらゆる解決策を知り尽くした経験豊富なカウンセラーがお一人おひとりベストな留学をプランニング。

2.確かな情報力

1983年創刊「留学ジャーナル」は、日本で最も歴史のある留学情報誌。確かな情報のみをお届けします。

3.強力なネットワーク

UCLAやコロンビア大学など、海外の数多くの教育機関や、各国大使館との協力関係で帰国後までサポート。

留学ジャーナルカウンセリングセンター

  • 東京
  • 大阪
  • 名古屋
  • 福岡
  • 岡山

【フリーコール】0120-890-987

  • カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから 無料留学相談
  • 資料のご請求はこちら ご希望の資料を無料でお届けします