語学学校のスタッフによる学校レポート

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

突撃!学校に行っちゃいました! 人気のヒミツを探れ【アンコール企画】

人気の語学学校を紹介!語学編人気の大学を紹介!大学編
  • Facebookでシェア
  • ツイッターでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEでシェア

EC New York


EC New York校にようこそ!

留学ジャーナルへお越しの皆さん、ようこそEC New York(EC、ニューヨーク校)へ!センターディレクターのBindu Varghese(ビンドゥ・ヴァルギーズ)です。

今日は数あるECのセンターの中から、EC New York(EC、ニューヨーク校)を紹介させていただきます。ニューヨークの中心、タイムズスクエアにある私たちの学校で、刺激的な留学生活が送れることをお約束します!



世界中にセンターを置くEC

コーポレートカラーはオレンジ

留学生のサポートは任せて!

まずはECという学校についてご紹介します。
ECは、1991年、マルタ共和国からスタートしました。現在はマルタの他、イギリス、アメリカ、カナダ、アイルランド、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカにセンターを持ち、世界を股にかける語学学校に成長を遂げました。

コーポレートカラーであるオレンジをモチーフにした私たちの留学生サポートシステム"オレンジカーペット・エクスペリエンス"は、Awards Internationalがイギリスなどで主催している11のアワードの中のひとつ、"カスタマー・エクスペリエンス・アワード"において2016年にシルバースター賞を受賞しました。この賞を受賞したことで、留学業界の学生ケアに新たな基準を打ち立てました。

知らない土地での生活に不安はつきものですが、EC New York(EC、ニューヨーク校)では勉強面はもちろん、生活面でも皆さんの留学生活をトータルでサポートいたしますので安心していらしてくださいね。



"留学の夢"、くすぶっていませんか?

今こそ1歩を

ここNYで実現させよう

学生時代、「毎日授業であるから」と何となく英語を惰性でやり過ごしてきてしまったことに後悔している社会人の方、実は多いのでは?さらに社会に出て英語の必要性を感じつつも、日々の仕事に忙殺されて勉強する時間が取れない...と先延ばしにしてきた方も。もしくは、そろそろ自分のキャリアをもう1度見直したいと思っている30代も多いことでしょう。

そんな社会人の方にこそご紹介したいのが2019年から始まった、EC New York(EC、ニューヨーク校)の『30+(プラス)』。受講者の年齢を30歳以上に限定したコースです。次の章で詳しくご説明しましょう。



30歳以上限定のクラス

"大人"の英語を身につける

取り上げるトピックも年齢に合わせて

国籍、留学の理由も様々

専用ラウンジで授業以外の時間もリラックス

アクティビティにも参加できる

年齢を限定することで生まれるメリットはとても大きいと考えています。

まず、授業で扱うトピックや場面設定が"大人"寄りになります。年齢にふさわしい表現や言葉遣いなどを身につけることができるのです。EC New York(EC、ニューヨーク校)では、一般英語コースの他、ビジネス英語、企業体験英語などでも『30+(プラス)』の設定がありますので、より"使える"英語が学べるプログラムと言えるでしょう。一般のクラスに比べて人数制限も少なくなっていますので、若者の勢いに飲み込まれることなく、自分のペースで授業に参加することができます。

また『30+(プラス)』専用ラウンジや30歳以上限定のアクティビティもあり、授業以外の時間も落ち着いて過ごすことができます。同年代のクラスメイトとの会話も弾みそうですね。



30+の需要は高まっている

開講しているセンターも増えている

ダブリン

トロント

共通の話題で盛り上がる

お酒で深まる友情

EC New York(EC、ニューヨーク校)の他、ロンドン、マルタ、ダブリン、トロントにあるECの各センターでも『30+(プラス)』の開講があり、2020年には新たにバンクーバーも加わりました。センターによって開講コースが違いますので、必ず事前にお問い合わせください。

最短1週間から受講可能ですので、今のキャリアを諦めることなく気軽に留学に挑戦することができます。くすぶっている語学への思いを、世界の大都市で今こそ晴らしてみませんか?



"世界の交差点"


テンションが上がる
学校の入り口

メトロポリタン美術館へは
町並みを楽しみながら歩いて行ってみる

一度は訪れたいニューヨーク公共図書館

地下鉄は使いこなしたい

セントラルパークでニューヨーカーを気取る

学校周辺のニューヨークを改めて掘り下げてみましょう。まず、EC New York(EC、ニューヨーク校)が入っているパラマウント・ビルはタイムズスクエアを彩るビルの1つで、ニューヨーク市の歴史建造物に指定された歴史ある建物です。パラマウント映画の本社として建てられたこのビルはアールデコ建築が採用されていて、この中に語学学校があるとは想像もできないほど煌びやかな造りです。インテリアもニューヨークらしいデザインになっていますので、楽しみにして来てくださいね。

MoMA(ニューヨーク近代美術館)やメトロポリタン美術館も徒歩圏内ですし、学校からセントラル・パークを横目にのんびり歩けば5番街へショッピングに赴くことも。地下鉄が張り巡らされているので、どこへでも気軽に足を運ぶことができます。

とにかく立地が良いEC New York(EC、ニューヨーク校)、ニューヨークの魅力を余すことなく満喫してください。



世界中から集まる学生たち

ニューヨークならではの英語が学べる

世界の最先端

最新機器が揃う

休み時間は学生で賑わう

校舎の壁もニューヨークらしく

30歳未満の方のためのコースについても触れておきましょう。

『30+(プラス)』でもご紹介した一般英語やビジネス英語に加え、ニューヨークの歴史・地理・文化などを英語で学べるシティー体験英語も人気があります。また、英語コースと組み合わせて、ダンスレッスン受けることもできます。ブロードウェイならではの本場のダンスを体験してください。

1クラスの人数は平均12人、最大でも15人の少人数制です。教師の指導も行き届き、授業への積極的な参加もしやすい人数設定です。



ホームステイで
ニューヨークならではの生活を体験できる

ホストファミリーと
憩いの時間

共有スペース
(Comfort Brooklyn Co Living)

New Yorker Residenceは
学校から徒歩10分

食堂
(New Yorker Residence)

学生寮の個室
(Superior Wall Street Apartments)

次は滞在先のご紹介です。留学と言えばホームステイが定番ですが、社会人の皆さんには学生寮やアパート滞在もお勧めです。ホームステイは学校から40~50分程かかるところが多い一方、学生寮、アパートはEC New York(EC、ニューヨーク校)の周辺、つまりはニューヨークの中心に滞在できるのが魅力です。

時間を気にすることなく、ナイトライフも楽しめます。でも、あくまで学生。羽目を外しすぎないように。



アクティビティをフル活用して
ニューヨークを吸収

天気の良い日は
公園で

同世代なら
会話も弾む

大人ならではの楽しみ方も

生涯の友人を見つけられるかも

ここではしゃぎたくなるのに年齢は関係なし

EC New York(EC、ニューヨーク校)では、放課後や週末など授業以外の時間に、学習サポートやアクティビティを企画しています。30歳以上限定のものもありますから、気兼ねなくご参加ください。

学習サポートは、主に授業の後に行われています。会話や文法などに重点を置き、自分の苦手な部分を補強することができます。追加費用なしに誰でもご参加いただけます。

平日は市内観光ツアー、ランチやディナーで街に繰り出します。週末には少し遠出をしてナイアガラの滝、ボストン、ワシントンD.C.まで小旅行をすることも。1人で出かけるには少し勇気がいる方も、学校の友人とスタッフが一緒なら安心ですし、英語を実践する良い機会です。

お申し込みと同時に使えるECオンラインでアクティビティカレンダーの確認ができますので、ぜひご利用ください。



ニューヨークで
皆さんをお待ちしています!

EC New York(EC、ニューヨーク校)はいかがでしたか?

年齢を気にする必要はなく、難しく考えなくても実現できる留学の方法があることをお分かりいただけたと思います。

スタッフ一同、皆さんにお会いできる日を楽しみにしております。


日本語の学校情報&お申し込みはこちら!
EC New York(EC、ニューヨーク校)
留学費用の見積りや学校に関するご質問は、留学ジャーナルへお気軽にどうぞ!


このページの掲載内容は2020年11月現在の情報です。学校の都合により予告なく変更される場合があります。


「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

TOP