「何にどれくらいかかる?」「トータルでどれくらいの予算が必要?」。留学のスタイルや留学先による留学費用の違いや節約術をまず知ろう!

留学にかかる費用とは?

留学には、「出発前にかかる費用」と「留学先でかかる費用」があります。これらを合計したものが留学の総費用です。

①出発前にかかる費用
  • ・航空運賃
  • ・海外留学保険
  • ・諸手続き費用
    (パスポート・ビザ申請料など)
  • ・健康診断受診料     など
②留学先でかかる費用
  • ・授業料
  • ・滞在費
  • ・交通費 ・通信費 ・教材費
  • ・食費
  • ・おこづかい       など

③留学の総費用

※留学先でかかる費用でも、出発前に支払いが必要となる費用があります。詳しくはお問い合わせください。

語学留学1ヵ月の場合

★主な費用の目安
  • ・航空運賃(10~30万円)
  • ・海外留学保険(1.5~2万円)
  • ・おこづかい(5~10万円)
※航空運賃は、国や都市、時期によって異なります。オフシーズンに行くことで、費用を安く抑えることもできます。
Point!

比重が多い項目をいかに安く収めるかがコツ

各費用の中で、大きな割合を占めるのは、授業料滞在費です。そのため、選ぶ学校や滞在スタイル次第で、留学総費用に大きな差が出ることも。また、この割合の比重は、留学期間によってもさまざま。例えば、短期間の留学では航空運賃の占める割合が高くなり、長期間の留学だと授業料や滞在費、食費などの現地でかかる費用が大部分を占めることになります。

スタイル・国別授業料と滞在費

スタイル別・国別に、授業料と滞在費・食費の目安をご紹介します。これに、航空運賃(10~30万円)、海外留学生保険(1.5~2万円/1ヵ月)、おこづかい(短期留学5~10万円/1ヵ月、長期留学3~5万円/1ヵ月)を合計すると、総費用になります。以下はあくまでも目安ですので、詳細はカウンセラーにご相談ください。

※下記データは、2013年留学ジャーナルからの出発者による統計。

語学留学

物価の違いが費用の差に

同じ留学期間でも国別で費用に幅があるのは、選ぶ学校や選択するコース、1週間当たりのレッスン数によって、授業料が異なるためです。また、国や地域による物価の差も影響しており、食費や滞在費と同様に授業料にも物価が反映しています。

「授業料+滞在費+食費」の目安
12週間 24週間 48週間
アメリカ55~90万円 110~180万円220~355万円
カナダ55~75万円105~135万円 210~270万円
イギリス60~110万円95~195万円190~380万円
オーストラリア60~90万円115~160万円230~300万円
ニュージーランド60~70万円110~135万円215~260万円

語学留学とはカウンセラーに相談

大学・
大学院留学

1学年で200~350万円が目安

公立か私立か、2年制か4年制かによって授業料は大幅に異なり、文系よりも理系の方が一般的に授業料が高く、医学部・法学部・MBAは特に高額。奨学金の種類が豊富なのも、大学・大学院の特徴です。

アカデミックイヤー(約9ヵ月)の「授業料+滞在費+食費」の目安
アメリカ 2年制大学:190万円 イギリス 大学:265万円
大学:350万円 大学院:250万円
大学院:295万円 オーストラリア 大学:355万円
カナダ カレッジ:210万円 大学院:370万円
大学:220万円 ニュージーランド 大学:260万円
大学院:200万円 大学院:295万円

大学留学とは大学院留学とはカウンセラーに相談

高校留学

公立校なら250~300万円前後が目安

カナダ、オーストラリア、ニュージーランドでは公立校への留学が人気。アメリカ、イギリスではほとんどのケースで私立校を選ぶことになるので費用が割高になります。中には年間500万円以上の学校も。

アカデミックイヤー(約9ヵ月)の
「授業料+滞在費+食費」の目安
カナダ 255万円
オーストラリア 240万円
ニュージーランド 265万円

高校留学とはカウンセラーに相談

専門留学

公立が授業料は安めだが、期間は長め

専門学校には公立と私立があり、公立の方が安めに設定されています。ただし、公立の学校は入学日が限られていて、コース期間が長めなので、スケジュールの調整が必要です。

9ヵ月~1年の「授業料+滞在費+食費」の目安
アメリカ(2年制大学) 230万円
アメリカ(専門課程) 340万円
カナダ 255万円
オーストラリア 250万円
ニュージーランド 240万円
イギリス 250万円

専門留学とはカウンセラーに相談

ワーキング
ホリデー

アルバイト代を充てることで節約可能

1年間の総費用 80~200万円
ワーホリビザを取得すると1年間、海外で「学ぶ、働く、旅する、暮らす」と希望に応じた過ごし方ができます。最低限かかる費用は、ビザ手続き費用と航空券代、留学保険、滞在費、食費です。一定の就労が許可されているため、職探しをすれば、そこで得たお金を生活費などに充てられます。

ワーキングホリデーとはカウンセラーに相談

留学費用を抑える方法

費用がネックで留学に一歩踏み出せないという方も多いはず。大学生や社会人の方でも足りない分はご家族の援助で資金を準備される方も少なくありません。だからこそ安く抑える方法や特典を上手に活用して、留学を実現させましょう!

【留学費用を抑える方法】長期割引システム

3ヵ月以上の長期で語学留学をする場合、次のような授業料の割引が適用される語学学校があります。

長期割引プログラム(Academic Year)
入学日や就学期間の設定、就学 期間中のコース変更不可などの制約がありますが、割引率が高いのが特徴です。希望の就学期間の設定がない場合は、一般英語コースなどと組み合わせて希望の期間にすることができる学校もあり。
1年間で10~20万円安くなる!

★長期割引プログラムを持つ学校例

  • ・Eurocentres
  • ・Kaplan International English
  • ・Kings Education      など
授業料の長期割引制度
語学学校では、1つのコースを3ヵ月以上まとめて申し込むと長期割引が適用される場合が多くあります。割引率が15~30%という学校もあり、大変お得。なお、現地で就学期間を延長する場合は、長期割引は適用されません。
1年間で10~30万円安くなる!

★授業料の長期割引制度を持つ学校例

  • ・EC
  • ・St.Giles International など

【留学費用を抑える方法】期間限定キャンペーン

それぞれの語学学校の期間限定キャンペーンもチェック。これを上手に活用するとかなりお得になります。

  • ○月○日までに申し込むと
    授業料△%割引
  • ○月○日まで
    入学申請料が無料
  • 7週間以上のお申し込みで、
    追加の1週間の授業料が無料

最新期間限定キャンペーン情報

【留学費用を抑える方法】アルバイト

ワーキングホリデービザで働ける以外にも、オーストラリアとニュージーランドは語学学校に通う学生でも、現地でアルバイトをすることができます(学生ビザ保持者限定)。現地でかかる費用をすべてまかなえるほどの金額にはなりませんが、生活費の手助けになるほどの額は、稼ぐことができます。

オーストラリア
2週間で最大40時間
ニュージーランド
14週間以上の就学で、
週20時間まで

※このほか、大学・大学院が独自で提供する奨学金や、公的機関が提供する奨学金、教育ローンなどもあります。

【留学費用を抑える方法】アルバイト

  1. ①物価の安い都市を選ぶ
  2. ②オフシーズンを選ぶ
  3. ③出発前にできるだけ英語力を上げる など、
    このようなワザを使うことで、さらに節約が可能に!

詳しくはカウンセラーに聞く!

  • Facebookでシェア
  • ツイッターでシェア
  • Google+でシェア
ワールド留学フェア開催! 東京・大阪・名古屋・福岡 ≫詳細はこちら

留学ジャーナルはココが違う!

1.40年以上の実績

あらゆる解決策を知り尽くした経験豊富なカウンセラーがお一人おひとりベストな留学をプランニング。

2.確かな情報力

1983年創刊「留学ジャーナル」は、日本で最も歴史のある留学情報誌。確かな情報のみをお届けします。

3.強力なネットワーク

UCLAやコロンビア大学など、海外の数多くの教育機関や、各国大使館との協力関係で帰国後までサポート。

留学ジャーナルカウンセリングセンター

  • 東京
  • 大阪
  • 名古屋
  • 福岡
  • 岡山

【フリーコール】0120-890-987

  • カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから 無料留学相談
  • 資料のご請求はこちら ご希望の資料を無料でお届けします
留学ジャーナルモノになる留学へ。
留学の費用の紹介ページです。
短期留学や語学留学はもちろん、ワーキングホリデー、大学留学、大学院留学まで幅広くご紹介している留学ジャーナルが、皆さんの海外留学への思いをカタチに変えます。海外留学の実現は、留学ジャーナルで!