「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求
どんな滞在方法がある?

滞在の種類によるメリットとデメリット

おもな滞在方法は、ホームステイ、寮、アパート。それぞれメリット・デメリットがあるので、自分の目的や好みにあった方法を選ぼう。

メリット デメリット
ホームステイ 現地の一般家庭の生活が体験でき、ホストファミリーから日常生活を覚えることができる。初めて留学する人や、留学期間が短い人におすすめ。長期での留学を考えている人も、現地での生活に慣れるまではおすすめ。 通学に時間と交通費がかかる場合が多い。ホームステイ先のルールに慣れることができないと辛い。禁煙の家庭が増えているため、守れないとホームステイ先から退去をせまられることも。
学生寮 通学に時間がかからない。現地の学生や他国の留学生と友達になりやすい。長期の滞在を考えている人におすすめ。 ルームメイトがいて、騒がしいことが多い。さまざまな生活習慣を持った学生がいるので、トラブルになることもある。部屋数や入寮時期が限られているので、空き部屋がないこともある。
アパート 自分のペースで生活できる。長期間の留学で、現地の生活に慣れてきた人におすすめ。 到着後に自分で部屋を探さなければならない。すべての家事を自分でこなさなければならないため、学習時間が削られる。場所によっては通学に時間がかかる。田舎の場合は車が必要となってくることも。
ホームステイ

留学先の一般家庭に滞在して、一緒に生活するのがホームステイ。ビジネスとして成り立っており、一定の料金(部屋代と食費)を払い、ホストファミリーが部屋と食事を提供する。

ホストファミリーって何?

「白人の夫婦で、子供がいて、ペットを飼っていて…」という家族を想像しがちだが、実際にはさまざまな国から移民を受け入れているため、アジア系やシングルマザーといった家庭もある。ホストファミリーによって留学生を受け入れる目的はさまざま。国際理解のためという家庭もあれば、余っている部屋の有効利用という家庭もある。動機によって留学生との接し方も違ってくるが、多少ドライな関係のほうが長続きする傾向はあるようだ。

ホームステイの生活ってどんな感じ?

1日は、朝起きて自分で朝食を準備することから始まる。朝食はホストファミリーが購入してあるコーンフレークかトーストで、極めてシンプルなことが多い。

通学手段はバスが多く、電車を利用することもある。田舎の学校なら徒歩の場合もある。放課後は図書館に行ったり、友達とショッピングなどを楽しんでから家に帰ることもある。ホストファミリーには家の周りの治安を確認し、何時くらいまでに家に帰るかは伝えておこう。

それぞれの家庭には、夕食やシャワーの時間、電話やインターネットの使い方、門限など簡単なルールがある。ホームステイ先に到着したらホストファミリーから説明があるが、その家庭のルールをしっかりと理解できるまで何度でも確認しよう。よく分からないまま過ごしてしまうことが、ホームステイ先でのトラブルの大きな原因となっている。

ホームステイのメリット・デメリット

自分のペースで生活でき、節約すればいくらでも安く抑えられるのがメリット。デメリットはアパート探しから契約まで何でも自分でやらなければいけないこと。そのためホームステイや寮などを一度経験して海外生活に慣れてから、アパートに移ることをおすすめする。

学生寮

学生寮はほとんどの場合大学が直接運営・管理し、原則としてその学校に在学する学生のみが滞在できる。大学付属集中英語コースや私立語学学校で大学のキャンパス内にある場合も、その学生寮を利用できることが多い。

学生寮って何?

施設は、それぞれの部屋(2人部屋が多い)、みんなが集まるラウンジ、トイレやシャワー(フロアごとに共同)、簡単な自炊をするためのキッチン(共同)、洗濯機や乾燥機のあるランドリー(共同)などがある。部屋の中はシンプルで、ベッドと机、クローゼットくらい。

寮は男女共同の場合が多い。ルームメイトは同性だが、同じ建物の中でフロア別に男女に分けている場合や、フロアも男女一緒の場合もある。慣れてしまえば問題ないが、最初は違和感を感じるかもしれない。

学生寮の生活ってどんな感じ?

1日は、カフェテリアで朝食から始まる。午前の授業を受けて、昼食もカフェテリアへ。午後の授業が終わると、宿題や資料調べのために図書館へ。夕食もカフェテリアで済ませ、勉強が終わっていれば寮へ戻り、終わっていなければまた図書館へ。寮に戻ったら友達と話をしたり、テレビを見たりしてから寝るというのが平日の流れ。

現地の学生は、平日は勉強中心の生活となるが週末はよく遊ぶ。寮のラウンジに飲み物や食べ物を持ち寄ってパーティをしたり、映画に出かけたりする。

学生寮のメリット・デメリット

同年代の学生たちとの共同生活のため現地の友人が作りやすく、いろいろなことを話し合う時間も多い。また、大学のキャンパス内にあるため通学に時間がかからず、夜遅くまで図書館で勉強をしてもすぐに帰れるので便利。

しかし共同生活であるため、当然協調性も必要。部屋の掃除方法やその他の細かいこと(音楽のボリューム、静かにする時間)など、しっかりルール作りをしておくことをおすすめする。また週末のパーティも含めて、寮は結構騒がしい所だと覚悟しておいてほしい。

長所も短所もあるが、寮生活を送った人は、総じて楽しい思い出として記憶していることが多いよう。ルームメイトとは今でも交流があるという人も多いため、貴重な友人を得る場として寮を活用してほしい。

アパート

海外では一人暮らしよりもアパートや一軒家を何人かでシェアする方法が一般的。自炊をして節約すれば、寮やホームステイよりも安い費用で生活できることもある。

日本のアパートとの違いは?

簡単な家具付きの部屋が多いので、引越しが比較的楽にできる。何人かでシェアする場合が多いので、現地で知り合った友達同士で新たに部屋を借りる場合と、すでに何人かが共同で借りている部屋に後から入る場合がある。日本のように高額な保証金や敷金・礼金を払うことはなく、せいぜい家賃の1~2ヵ月分の保証金を払う程度。

アパート選びのポイント

  • 街の治安・雰囲気・・・治安の悪い地域は家賃が安いが、これは避けるべき。またアパートの周りに、大きな騒音が出ないかもチェックを。
  • 交通の便・・・通学という観点から、時間がかからない場所で、夜遅く帰っても危険でない所を選ぼう。
  • 部屋のセキュリティ・・・部屋の鍵はちゃんとかかるか。建物には管理人がいるか、あるいは建物に入るためのオートロックなどのシステムがあるか、などについて確かめよう。
  • ルームメート・・・前から住んでいる人たちの生活スタイルや時間帯が自分に合うかどうかを見極める必要がある。
  • 大家さん(管理人)・・・何か起こった時(水が出にくくなったとか、電気がつかないなど)に相談にのってくれる人かどうかを判断しよう。
  • 部屋にかかる経費・・・部屋代はもちろん、光熱費などの経費分担やその支払方法を明確に。

アパートのメリット・デメリット

自分のペースで生活でき、節約すればいくらでも安く抑えられるのがメリット。デメリットはアパート探しから契約まで何でも自分でやらなければいけないこと。そのためホームステイや寮などを一度経験して海外生活に慣れてから、アパートに移ることをおすすめする。

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

留学ジャーナルが留学を少しでも考えているあなたに提供できること 留学前:無料カウンセリング、申込手続き、滞在先手配、出発前ガイダンス、他。留学中:緊急時24時間無料電話相談、生活相談/進路相談、現地サポート。留学後:キャリアサポート、OBの交流、他。

留学ジャーナルに相談しよう。エリア別のカウンセリングセンターをご案内。フェアやセミナー情報も掲載しています。

東京(北海道・東北・関東・甲信越エリア)

名古屋(東海・中部・北陸エリア)

大阪(近畿エリア)

広島(中国・四国エリア)

福岡(九州・沖縄エリア)

TOP