留学・海外留学をトータルでサポート。短期留学から大学院まで

留学ジャーナル|留学相談から滞在中のケアまで

留学のことなら、なんでも相談ダイヤル フリーコール:0120-890-987

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求
留学ジャーナル最新号の特集記事の一部を掲載しています
留学ジャーナル最新号・表紙 留学ジャーナル2011年2月号

留学プランニング&素朴な疑問100


購入はこちら
最新版!! イマドキ留学白書 「本格的にプランニングを始める前に、まずはみんなよりも少し先に留学を決めた人たちの実態を探っておこう。留学に関するさまざまな情報を得ることが、留学実現に向けての第一歩となるのだ!」
渡航者の基本データ ※留学ジャーナル 留学白書2010
出発前のポジション
学生と社会人の割合は約6対4。全体で見ると、大学時代に留学する人が半数以上を占める。理由は「就職に役立てたいから」「社会人になったら時間的な余裕がなくなるから」など。また社会人では、まずは「就いた仕事でキャリアを作ってから」という堅実な考えからか、転職やキャリアアップの転機を迎えた社会人経験3年程度の人が最も多い。
留学期間
出発者の63%が「3ヵ月未満」の期間で留学。これは、春休みや夏休みを利用して短期間で留学をする人が圧倒的に多いから。3~4週間程度の人も多数いる。また、最近の傾向として「とりあえず」3ヵ月程度で行き、現地で期間を延長するスタイルも増加中!
留学先
大都会と大自然の2つの顔を併せ持つカナダがトップに! 特に語学留学する人には、ここ数年ダントツの人気を誇るといってもいいだろう。2位のアメリカは、語学はもちろん大学進学を目指す人が多いのが特徴。これらの国に比べて数は少ないが、ヨーロッパも安定した人気がある。
留学意識調査 ※留学ジャーナル 留学白書2010
希望する留学タイプ (複数回答)
大学生・社会人共に、短期・長期合わせて語学留学を選ぶ人が飛び抜けて多い。相談途中から「あなたなら○○を目指せる」と言われて変更する場合もあるが、最初の時点では日本人はやはり「まずは語学から」。英語力をつけることが、留学のファーストステージとなる。また大学生のみで見ると、語学に次いで「休学留学」がランクイン。日本の大学に在学したまま1学期~1年間留学できる気軽さや、行き先によっては単位を認定してもらえるのも人気の理由だ。社会人ではワーホリも上位につけるが、留学ジャーナルを利用するワーホリメーカーは帰国後の就職まで考え、前半は語学学校で語学力の強化を図る人が多いようだ。
続きは留学ジャーナルで

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

フリーコール:0120-890-987

留学に関するお問い合わせはお気軽にお電話にてご相談ください

サイト内検索

本社:〒160-0016 東京都新宿区信濃町34 JR信濃町ビル6階
観光庁長官登録旅行業第1695号 一般社団法人留学サービス審査機構(J-CROSS)認証事業者
一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員 一般社団法人留学・語学研修等協議会(CIEL)正会員 一般社団法人海外留学協議会(JAOS)正会員
NAFSA Association of International Educators会員 特定非営利活動法人国際教育交流協議会(JAFSA)賛助会員
このサイトに関するお問い合わせは e-mail:webmaster@ryugaku.co.jp

TOP