「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

私の留学体験談

一覧をみる

わからないことは何でも相談。留学で大きく成長!

カナダ/バンクーバー

学生時代に思い残すことがないようにと長期留学を決意

大学1年生の春休みに1ヵ月のハワイ留学を体験したのですが、その時はクラスメイトが日本人ばかりだったため、英語力の伸びをあまり実感できませんでした。そうしているうちに大学3年生になり、周りに合わせて就職活動を始めたものの、「今の状態では本当にやりたい仕事が見えない。大好きな英語ももっとできるようになりたいし、海外インターンシップにも挑戦してみたい。後悔しないために留学に行こう!」と決心。英語塾で教わっているネイティブの先生がカナダ出身で、よく話を聞いていたため、行き先はバンクーバーに決めました。

ILSCバンクーバーは大学のように自分で好きな授業が選べる点と、インターンシップのプログラムがあるところが魅力。特にコミュニケーションの授業は会話中心で楽しかったです。現地の人たちが使うスラングを学んだり洋楽を使ってリスニングの練習をしたりと、生の英語をたっぷり吸収できました。苦戦したのはビジネスの授業です。今まで日本でもビジネス系の授業を取ったことがなく、内容や単語がとても難しく感じました。クラスメイトたちは大学で少しビジネスを学んだことがあったり、実際に働いたことのある人もいたり。自分の未熟さをひしひしと感じました。

レストランでインターンシップ、日本語学校でボランティア

12月から1月までの丸2ヵ月間はインターンシップを体験しました。インターンシップカウンセラーと話し合いながら希望職種を決めて、履歴書の添削をしてもらいました。私はWedgewood hotelのレストランで働くことに!業務内容はサーバー(ウェイトレス・ウェイター)の補助で、テーブルの準備や飲み物、パンのサーブ、食器の保管などを担当しました。最も嬉しかったのはやっぱりお客様から言われる「ありがとう」と笑顔です。フレンドリーなお客様が多く、「今日は忙しいの?」「How are you?」などと気さくに声をかけてくれて、カナダではお客様と私たち従業員の距離が近いと実感しました。

日本語学校の事務ボランティアも経験しました。学校の日本人カウンセラーの方からボランティアの探し方を聞いて、自分で直接連絡を取りました。そこでは、コピー取りや、ワードとエクセルを使って資料を作るお手伝いをしました。また、月1回、現地の中学生や高校生に日本の文化を紹介する「文化週間」という行事があるのですが、そこで浴衣の試着を手伝うことがありました。何人かの生徒さんが日本語で「ありがとう」と言ってくれて、この行事に参加できて本当に良かったと温かい気持ちになれました。

英語力が飛躍的に高まり、自分のしたいこともハッキリ見えた!

英語力は、留学前と比べて劇的に伸びました。英語環境で生活するのと日本で勉強するのとでは習得するスピードが断然違います。帰国後は、以前は苦手だったTOEICの長文のリスニングも聞き取れるようになり、映画やニュースを見ていても理解できる箇所が増えました。学校で会話中心のレッスンでコミュニケーションスキルを磨いてからインターンシップに参加できたのも、不安の軽減と自信につながって良かったと思います。もちろん職場の英語はさらに実践的なものだったので、最初は戸惑いましたが、慣れてくると自分の言葉として使いこなせるようになっていきました。

インターンシップは1日8時間労働で、クリスマス前にインターンシップを始めたこともあって、毎日とても忙しかったです。しかしそのおかげで、精神的にとてもタフになり、忙しくても冷静さを保てるようになったのは大きな収穫です。最初のうち、すっかり慌ててしまって失敗したことが何度かありましたが、そうするとかえって余計な時間と手間がかかってしまうことに気づきました。ですから、どんなに忙しくても少し考えて、再確認してから行動に移すようにしました。失敗も減らせます。マネージャーや従業員の方々からも褒められることが増えて、自分の成長を確認することができました。

今回のインターンシップで、自分は接客業がとても好きだという自覚を得ました。また、人の手助けをするのが好きなことにも気づきました。カナダで鍛えた英語を使いながら海外の方々のサポートもできるような仕事に就くのが夢で、ホスピタリティ業界、とくにホテル業に強い関心をもっています。この夢を実現するために、カナダで学んだことに加えて、日本にしかない丁寧なおもてなしの方法をアルバイトを通じて学びながら、自分のスキルをもっともっと高めていきたいです。

留学ジャーナルの
カウンセリングの感想

相談してよかったのはすべて。学校選びや留学費用のこと、ホームステイやインターンシップのことなど、わからないことを尋ねると親身になって教えてくれた。

留学した人

小田 麻友美 さん(23歳)

留学の種類

語学留学+インターンシップ、ボランティア

滞在期間

2012年4月~2013年2月(10ヵ月)

滞在方法

ホームステイ、アパート

学校

ILSC-Vancouver

留学の理由・目的

以前体験したハワイ短期研修では不完全燃焼のまま・・・。英語塾でネイティブの先生と会話するうちに留学への思いが再び募り、心残りにならないよう、学生時代にもう一度留学にチャレンジしてみようと思った。

担当カウンセラー

福岡留学ジャーナルカウンセリングセンター

留学前不安に思ったこと

海外で約1年間も1人で暮らせるのか、英語を使いながら働くことができるのか、とても不安に感じていた。

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

留学ジャーナルが留学を少しでも考えているあなたに提供できること 留学前:無料カウンセリング、申込手続き、滞在先手配、出発前ガイダンス、他。留学中:緊急時24時間無料電話相談、生活相談/進路相談、現地サポート。留学後:キャリアサポート、OBの交流、他。

留学ジャーナルに相談しよう。エリア別のカウンセリングセンターをご案内。フェアやセミナー情報も掲載しています。

東京(北海道・東北・関東・甲信越エリア)

名古屋(東海・中部・北陸エリア)

大阪(近畿エリア)

広島(中国・四国エリア)

福岡(九州・沖縄エリア)

TOP