カリフォルニア大学 Summer Session 2015
UCLAサマーセッション よく聞かれる質問


1. スケジュールの見方を教えてください。

UCLAのホームページ『Schedule of Classes』をご覧いただき、希望されるコースからクラスのスケジュールを検索してください。

例えば、スケジュール欄に「MTWR」とあった場合、授業は「月・火・水・金の週4回」という意味です。(M=Monday、T=Tuesday、W=Wednesday、R=Thursday、F=Friday)

UCLAのキャンパスは大変広いため、次の授業まで10分しか空き時間がない場合は、教室の移動が難しい場合があります。教室の場所をキャンパスMAPで確認することをおすすめします。

2. どのような授業形式ですか?

希望するクラスの『ID Number』の数字をクリックすると、クラスの説明や注意点をご確認いただけます。

Lecture(講義)以外にも、DiscussionやLab Workなどと書かれているものがあります。これは大人数クラスの場合に学生を幾つかのグループに分けTA(Teaching Assistant)をつける授業形式で、各グループ単位で授業の復習や疑問点を洗い出して解決したりするものです。

なお、ほとんどのクラスではセッションの最後にテストがありますが、テストの日程は各科目によって異なります。テストに合格しなければ履修単位が認められませんので、帰国便の予約を入れる際にはご注意ください。

3. 何単位(何クラス)、登録すればいいですか?

留学生の場合、学生ビザを取得する必要がありますので各学期で合計8 Course Units(単位)以上を登録してください。1クラス4単位が多いですが、中には2~6単位のクラスもあります。

また、普段は約3ヵ月間(1学期)で行うカリキュラムを、6週間という短期間で勉強するのがサマーセッションです。そのため、留学生が無理なく受講できると言われている平均的な履修単位数は 8~10単位になります。

アメリカの大学へ留学経験がある方や、日本でも大学の講義を普段から英語で受けている方であれば10単位以上の受講でも大丈夫だと思いますが、授業以外に課題(レポート)の提出があることも考慮して、無理のないように計画をしましょう。

4. いつまでに申し込みをしなければいけませんか?

留学ジャーナルでは、学生ビザの申請にかかる時間も考慮して、以下のスケジュールで申し込みを受付けます。締め切り日以降の申し込みについては、UCLAへ直接お問い合わせください。

■Session A
コース日程:2015年6月22日~7月31日(6週間)
※コースにより、最長8月28日(10週間)まで
申し込み締め切り:2015年5月1日

■Session C
コース日程:2015年8月3日~9月11日(6週間)
申し込み締め切り:2015年6月1日

【ご注意】申し込み締切日は、学生ビザの申請および面接予約、発給までにかかる時間を保証するものではありません。また、上記締め切り日までに申し込みをした場合でも、提出書類の不備があった場合は入学許可書の発行が遅れますのでご注意ください。

5. 希望するクラスが満席の場合は?

希望するクラスが定員に達している場合、キャンセル待ちができる場合もあります。
ただし、キャンセル待ち以外のクラスの合計単位数が8単位未満の場合は、学生ビザ申請に必要な入学許可書(I-20)が発行されないため、学生ビザの申請手続きを進めることができません。そのため、留学生の場合は、最初から空席のあるクラスを選択することをすすめられています。

6. 履修条件はありますか?

希望するクラスの『ID Number』の数字をクリックすると、履修条件(Prerequisites)や事前テスト(Placement Exam)が必要な場合があります。また、留学生の登録が許可されていないクラスもありますので、Prerequisitesを必ず確認してください。

一般的にクラス名の後の番号(例:PSYCH 118)が、Lower Division:1~99(大学1~2年生レベル)の場合は履修条件の無いものが多く、Upper Division:100~199(大学3~4年生レベル)やGraduate:200以上(大学院レベル)のクラスは履修条件、またはコースに関連した基礎レベルのクラスの受講経験が必要です。

また、一部のクラスでは事前にPlacement Examを受ける必要があります。このテストは通常、各学期の開始日よりも数日前に設定されますので、寮に滞在できる日までは大学近隣のホテルに滞在していただきます。(滞在費用はお客様負担)
なお、このテストの結果、希望するクラスの受講が認められない場合もありますのでご注意ください。

7. 英語力は必要ですか?

以下のいずれかのオフィシャルテストのスコアレポート(コピー可)をご提出ください。(スコアの有効期限は受験日より2年間)

【申し込みに必要なオフィシャルテストのスコア】
✓TOEFL 79 internet-based test
✓IELTS 6.5
✓iTEP 5.0

8. 日本の大学の専攻とは異なる科目を登録できますか?

サマーセッションでは成績証明書の提出が不要なため、履修条件(Prerequisites)や事前テスト(Placement Exam)がないクラスについては、誰でも登録が可能です。

ただし、基礎クラス以外は関連分野の知識があることを前提としていたり、留学生で英語の授業に不慣れな場合は途中で授業についていけなくなることがありますので、無理のない履修計画を立ててください。

9. 成績はどのように評価されますか?

学期途中に行われる小テストやレポート課題の提出、学期末試験の総合評価によって成績がつけられます。

成績は総合的な点数によってLetter(A、B、Cなど)で評価されるか、Pass(合格点以上で修了)のみ表示されるか選択できるクラスがあり、その場合はお申し込み時に選択していただきます。

なお、学期末試験を受けられないと成績がつかず、留学生の場合は学生ビザのルール上、問題になりますので必ず学期末試験は受けてから日本へ帰国してください。

サマーセッションの正式な成績証明書の発行を希望される場合は、サマーセッション修了後にお客様ご自身で手続きを行っていただきます。また、成績証明書発行に関する費用は別途必要になりますので、大学へ直接お支払いください。

10. サマーセッションで受講した単位は日本の大学で認められますか?

サマーセッションで受講した単位が日本の大学へ移行できるかどうかは、日本の大学によって基準が異なります。各自で日本の大学へお問い合わせください。

11. 授業料はいくらですか?費用はいくらになりますか?

2015年3月現在発表されている授業料は1単位=339ドルですから、8単位で2,712ドルになります。(授業料は予告なく変更になる場合があります。)

また、授業料以外にRegistration Fee 750ドル、学校指定の保険料 345ドル、Instructional Enhancement Initiative Feeと61ドル、i Start@UCLA 59ドル、Document Fee 50ドル、テキスト代(現地購入)、滞在生活費(大学寮、ホームステイなど)が別途必要です。

【外貨概算/6週間コースの場合】

授業料:2,712ドル(8単位の場合)
Registration Fee:750ドル
学校指定の保険料:345ドル
Instructional Enhancement Initiative Fee:61ドル
i Start@UCLA:59ドル
Document Fee:50ドル
テキスト代(現地で購入):300ドル(現地購入のため概算)
大学寮: 1,941.00ドル(Residence Halls 3人部屋/週15食の場合)

合計:6,218.00ドル

上記費用以外に、上記に含まれない食費、日本-ロサンゼルスの往復航空運賃、ロサンゼルス空港-滞在先の往復交通費、学生ビザ申請諸費用、個人的なお小遣いなどが別途必要です。

12. 費用の支払いは、クレジットカードやアメリカドルでできますか?

個人で手続きをされる場合、費用はすべてUCLA Summer Sessionsへ直接お支払いいただきます。お支払方法は原則クレジットカードによるオンライン決済となり、アメリカドルでのお支払いとなります。

クレジットカード以外のお支払いを希望される場合は、UCLA Summer Sessionsからお申し込み後に届くのお支払いに関する案内をご確認ください。

13. 費用を支払った後にキャンセルはできますか?

履修登録後にお客様の都合でキャンセルをされる場合は、UCLAのキャンセル規定に則って返金します。キャンセル時期によっては返金がない場合もあります。あらかじめご了承ください。

14. 学生ビザを申請しなければいけませんか?

UCLAサマーセッションは、観光ビザ(ESTAを含む)での受講は認められておりません。 そのため、学生ビザのルール上、フルタイム(8単位以上)で受講することが留学生には義務付けられています。

また、サマーセッション受講中に途中でキャンセルする場合は、その後に続けてアメリカに滞在することは認められません。速やかにアメリカを出国してください。(ビザのルール上、アメリカ国内の他校への転校も認められない場合もありますのでご注意ください。)

15. 大学寮に滞在できますか?

申し込みが可能な大学寮の詳細は、UCLAのハウジング情報をご覧ください。

予約方法は、クラスの履修登録完了後にお知らせするオンラインページより、お客様ご自身で予約とクレジットカードによるオンライン決済を行う必要があります。

UCLAの大学寮は、履修登録完了後にしか予約が行えません。そのため、履修登録完了後でも満室のため手配ができない場合があります。(部屋の確保は保証されておりません。)
予約可否はコース開始の約1ヵ月前に確定し、希望の部屋タイプが満室のため手配ができない場合は、他の部屋タイプへ自動的に変更されます。希望のタイプではないという理由で予約をキャンセルされる場合でも、所定の取消料を請求されますのであらかじめご了承ください。

また、UCLAが手配する大学寮は部屋数に限りがあるため、例年5月中にほぼ満室となります。お早めにお申し込みください。

16. 大学寮以外の滞在方法はありますか?

UCLA Summer Sessionsでは大学寮をご紹介しています。
大学周辺のアパートやホテル、ホームステイなどのご紹介は行っておりません。

17. 何日前までにロサンゼルスへ到着すればいいですか?

それぞれの学期(Session)が開始する前日の日曜日までにロサンゼルスへ到着してください。

なお、大学寮へ滞在される方は、前日の日曜日の指定時間(午後)からチェックインが可能です。それ以前の日時は、大学寮へチェックインができませんのでご注意ください。

18. ロサンゼルス空港から滞在先(大学寮)までの移動方法は?

公共交通機関やタクシーを利用して、個人的に移動をしていただきます。
また、ロサンゼルス空港から近郊地域の送迎には乗り合いのシャトルサービス(有料)あり、日本出発前にオンラインで申し込みが可能です。

19. 留学ジャーナルで入学手続きを代行してくれますか?

大変申し訳ありませんが、個人のお客様の入学手続きや学生ビザの代理申請はお引き受けしておりません。
また、学生ビザに関するご質問にもお答えしかねますので、あらかじめご理解ください。

留学ジャーナルでは、UCLA Summer Sessionsのオフィシャルホームページに基づき情報を提供しています。
お申し込みや入学手続きに関するご質問は、UCLA Summer Sessionsへ直接お問い合わせください。

20. 現在、日本に住んでいない場合でも、申し込みはできますか?

アメリカの学生ビザを取得できる方であれば、どなたでもお申し込みいただけます。

【アメリカに滞在中の方】
UCLA Summer Sessionsへお問い合わせください。その際、現在お持ちのビザの種類を必ずお知らせください。

【アメリカ以外の国に滞在中の方】
滞在中の国のアメリカ大使館へ、学生ビザの申請方法をお問い合わせください。
アメリカ入国前までに学生ビザを取得できれば、サマーセッションへの参加は可能です。

【アメリカ国籍をお持ちの方】
『留学生』の扱いにはなりませんので、学生ビザは不要です。(アメリカのパスポートで入国してください。)
UCLA Summer Sessionsのホームページから、アメリカ人学生と同じ方法でお申し込みください。



V  
 

留学ジャーナルでは、UCLA Summer Sessionsのオフィシャルホームページに基づき情報を提供しています。
お申し込みや入学手続きに関するご質問は、UCLA Summer Sessionsへ直接お問い合わせください。

留学ジャーナル UCLAサマーセッション事務局
専用メールアドレス:summersession@ryugaku.co.jp
 
 
留学ジャーナルモノになる留学へ。
UCLAサマーセッション Q&Aの紹介ページです。
短期留学や語学留学はもちろん、ワーキングホリデー、大学留学、大学院留学まで幅広くご紹介している留学ジャーナルが、皆さんの海外留学への思いをカタチに変えます。海外留学の実現は、留学ジャーナルで!