留学ジャーナル|留学相談から滞在中のケアまで

留学のことなら、なんでも相談ダイヤル フリーコール:0120-890-987

【21年7月】コロナ禍のカナダ留学|留学実現に必要な情報まとめ

# カナダ

# 留学準備

# 新型コロナウイルス

公開 : 2020.05.27

更新 : 2021.07.19

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響で、世界各地で入国禁止や入国後の行動制限措置が取られていましたが、カナダへの留学やワーキングホリデーは、いつから渡航可能なのか疑問に思いますよね。

現在、有効な学生ビザを持っている+新型コロナウイルスのワクチン接種を終えている場合、カナダ政府の認可が下りた学校には留学可能になりました。学生ビザの発給も再開されています。

カナダ国内のワクチン接種の状況や、留学生を受け入れている語学学校がどのような対応をしているのか、最新の状況をまとめました。

コロナ禍だからこそ、慎重に留学準備を
counselor_640-340.jpg

コロナ禍でのカナダ留学について、お悩みの方は多いのでは。不足した情報や不確かな情報をもとに大切な留学の決断はできませんよね。

50年の実績をもつ留学ジャーナルでは、各国大使館や公的機関、海外の教育機関などと密に連絡を取り常に正確な情報を入手しながら、50年間で培ったノウハウを生かした留学相談を無料で提供しています。

コロナ禍だからこそ、ご希望や状況にあわせて一人ひとりに最適な提案ができる留学ジャーナルにお問い合わせください。

無料の留学相談をするバナー_350.png

カナダへの留学は可能(条件あり)

●カナダへの留学状況

外務省は現在、渡航に関して4段階の「感染症危険情報」を出しており、カナダの危険度はレベル3(渡航中止勧告)です。ただし法的拘束力があるわけではなく、留学できないわけではありません。

既に有効な学生ビザを持っていて、カナダ政府によりCOVID-19準備プランが承認された学校(DLIリストに掲載されている学校)に就学する場合は渡航可能になりました。学生ビザの発給も再開されています。

カナダへの入国
可能(条件あり)
入国後の14日間の自己隔離
必要

※上記は日本国籍の場合。

詳細は、在カナダ日本国大使館の新型コロナウイルス関連情報でも現地の状況を確認できます。また、外務省の海外安全ホームページが随時、更新されているので合わせてチェックしましょう。

●学校の授業の状況

カナダ国内の語学学校は順次、対面式授業を再開していますが、学校によってオンライン授業も引き続き実施しています。専門学校・大学では基本的にオンライン授業を行っていますが、学校や授業によっては対面式とオンラインを組み合わせたハイブリッド型で開講しています。

語学学校での授業
対面式(一部、オンライン)
専門学校・大学での授業
オンライン(一部、対面式)

出発前の準備から日本への帰国後まで

●入国前にすること

CA-incoming2.jpg

1.PCR検査(出国前の72時間以内)

カナダはすべての渡航者に対して、入国時に陰性証明(出国前の72時間以内に受けたPCR検査の陰性結果)の提出を義務付けています。

2.ArriveCanアプリの登録

カナダ到着前の72時間以内に、ArriveCanアプリに渡航情報や隔離プランなどを登録する必要があります。自己隔離期間中は、アプリを使って体調などを報告します。

3.自己隔離の準備

新型コロナウイルスのワクチン接種の有無にかかわらず、自己隔離の準備をしておきましょう。自己隔離にかかる費用は自己負担で、料金はホテルや時期により異なります(CA$1,500~2,000程度)。

渡航前にカナダ政府が指定するホテルの予約が必要です。利用可能なホテルは以下のウェブサイトから確認できます。

カナダ政府のWebサイト(英語)>>List of government-authorized hotel

●カナダ入国後の流れ

2021年7月6日より、有効なビザを所持している等の理由でカナダへの入国が許可されていて、かつ新型コロナウイルスのワクチン接種をしてから14日間が経過している渡航者は、入国時にワクチンの接種証明書を提示したうえで14日間の自己隔離(カナダ政府指定のホテル滞在も不要)や、入国後8日目のPCR検査が不要となります。

【入国時にワクチンの接種証明書を提示する場合】

カナダに入国する少なくとも14日前までに、カナダ政府によって承認されたワクチンの接種を完了している必要があります。現時点で承認されているワクチンは、ファイザー、モデルナ、アストラゼネカ/COVISHIELDおよびジョンソン&ジョンソン製です。

カナダ国外でワクチン接種をした場合は、ワクチン接種の証明書(英語、フランス語または公証翻訳されたもの)を提出する必要があります。また、以下のすべての条件を満たしている必要があります。

  • 無症状であること
  • ワクチン接種の証明書を紙またはデータで持っていること

入国の際に必要なすべての条件を満たしていないことが判明した場合に備えて、自己隔離の準備も必要です。また、すべての渡航者と同様にマスクの着用や、ワクチン接種の証明書と検査結果のコピーおよび入国後14日間の連絡先を提出します。

一部の州では独自のルールを実施している場合があります。州ごとに対応が異なる場合もあるので、渡航前に確認するようにしましょう。

【入国時にワクチンの接種証明書を提示しない場合】

ワクチンの未接種などを理由に、入国時にワクチンの接種証明書を提示しない場合には今までの入国要件どおり、14日間の自己隔離やPCR検査が必要です。

1. 到着空港でのPCR検査(無料)の実施

2. 検査結果が出るまでの3日間(3泊4日)、政府指定のホテルでの隔離(乗り継ぎがある場合、最初の到着地のホテルにて隔離)

3. 陰性の場合、ホームステイ先などの移動先にて、残りの11日間(計14日間)の自己隔離

PCR検査は、1)カナダ入国時 2)自己隔離中(入国後8日目)の2回行う必要があります。入国後8日目に必要なPCR検査の検査キットは、空港で受け取ります。

自己隔離中は語学学校のオンライン授業を受講するなど、事前に過ごし方の計画を立てておくと良いでしょう。

entering-canada-during-covid-19-en.jpg

渡航に必要な手順マップ(引用:カナダ政府Webサイト

●日本への帰国時にすること

CA-incoming.jpg

1.陰性証明の提示(渡航前の72時間以内に受けたPCR検査の陰性結果)

日本政府が実施する水際対策の一環で、カナダ出国前72時間以内に受けたPCR検査の陰性証明の提出を義務付けています。

証明書のフォーマットはこちらから>>COVID-19に関する検査証明

2.14日間の自己隔離(オンタリオ州からの帰国者が対象)

指定の宿泊施設で待機後、入国後3日目(入国日は0日目として計算)のPCR検査で陰性が確認されてから、さらに自宅等での14日間の待機が必要となります。

カナダ国内のワクチン接種状況

480_360_vaccine.jpg

6月20日現在、ワクチンを1回以上接種した人の割合は全国民の約69%と、半数以上の国民がワクチンを1回以上接種しています。今年の8月までには海外からの留学生を含め、国民のほぼすべてが接種できる見通しです。

●ブリティッシュコロンビア州

ブリティッシュコロンビア州では、4つのフェーズに分けてワクチン接種を進めています。現在は18~59歳まで接種の対象が拡大しています。

フェーズ1 2020年12月~2021年2月 医療従事者、介護施設の入居者やスタッフ
フェーズ2 2021年2月~4月 1941年以前生まれの高齢者
フェーズ3 2021年4月~5月 60~79歳までの人
フェーズ4 2021年5月~(現在) 18~59歳までの人

カナダ留学・ワーキングホリデーに必要なビザの状況

カナダ留学に必要なビザ

6ヵ月未満の留学
不要
事前にeTA(電子渡航認証システム)のオンライン登録が必要
6ヵ月以上の留学
学生ビザ(就学許可証/Study Permit)
事前に申請が必要
ワーキングホリデー
ワーキングホリデービザ
事前に申請が必要(定員あり)

現在のビザ申請と入国に関する状況

カナダは観光目的の入国を禁止しているため、eTA(電子渡航認証システム)登録での渡航(6ヶ月以内の留学)はできません。

  • 学生ビザ

2020年10月20日からは、学生ビザの発給が再開され、既に申請されていたものから順次発給されています。急な発給条件の変更や、審査期間が長期化する可能性もあるので、早めの申請がおすすめです。

  • ワーキングホリデービザ

コロナ禍においてワーキングホリデービザで渡航する場合、現地での働き先が決まっているなど指定の条件を満たしている必要があります。カナダに行く前から就職先や仕事が決まっていることは現実的ではないため、現時点では、ワーキングホリデービザで渡航するのはとても難しい状況です。

すでにワーキングホリデービザ入国のための許可証(Port of Entry Letter of Introduction)を取得している場合、許可証の有効期限の延長を最大1年間まで認めると発表されています。ウェブサイトより延長申請が必要です。条件等の詳細はIRCCサイトで確認してください。

カナダの語学学校の対応例

カナダの語学学校は、カナダ政府のガイドラインに沿って、各学校でセーフティプランを設け、しっかりとした感染症対策を行ったうえで対面式授業を再開しています。

以下は、語学学校の感染症対策の一例です。

  • 1クラスの人数を減らして授業中のソーシャルディスタンス(2メートル)を保つ
  • キッチンなど学生の共用エリアは使用禁止
  • ランチは教室内または屋外のみ
  • 校内に水またはアルコールを主成分とした手・指用の消毒液を用意
  • ドアノブやエレベーターのフロアボタンの消毒
  • エレベーターの利用は1回4名まで
  • 可能な限り教室やオフィスのドアや窓を開けて換気を行う

ここでは、2020年10月20日以降、カナダ政府によりCOVID-19準備プランが承認されて留学できるようになった主な学校(DLIリスト掲載校)を一部ご紹介します。

●EC Vancouver / Toronto / Montreal

640_480_ECtoronto.jpg

EC Toronto校

マルタに本部を持ち、アメリカ、カナダ、イギリス、アイルランド、マルタなどにセンターを展開している語学学校です。

日本の自宅からでも参加できるオンライン授業EC Virtualも提供しています。

→ EC Virtualとは

学校の詳しい情報やコース内容はこちらをご覧ください。
>>EC Vancouver / Toronto / Montreal

●ELS Language Centers, Vancouver / Toronto

アメリカとカナダの各都市で展開している大規模語学学校です。一般英語コースのほかに、中高生向け夏休み・冬休みプログラムから社会人向けのビジネス英語やエグゼクティブ英語プログラムまで幅広いプログラムを提供しています。

学校の詳しい情報やコース内容はこちらをご覧ください。
>>ELS Language Centers, Vancouver / Toronto

●ILSC-Vancouver / Toronto

カナダとオーストラリア、インドに校舎を構える語学学校で、1週間から留学可能。併設の専門学校Greystone Collegeへの進学準備プログラムやカナダ国内の大学への進学準備プログラムもあるので、語学力がついた後に専門学校や大学への進学を希望する方にもおすすめです。

また、学校独自の「自己隔離パッケージ」を用意しており、入国後2週間の自己隔離期間中は、オンライン授業の受講が必須となっています。隔離期間終了前にPCR検査を実施します。

学校の詳しい情報やコース内容はこちらをご覧ください。
>>ILSC-Vancouver / Toronto

●International House, Vancouver

スカイトレイン駅に近くショッピングモール内にあるので、授業の後に留学生活を楽しむのにもピッタリな学校です。

学校はクラスの規模を縮小するなど、感染防止対策を徹底したうえで、学校での対面式授業を再開しています。なお、並行してオンライン授業IH POPも提供しています。

学校の詳しい情報やコース内容はこちらをご覧ください。
>>International House, Vancouver

●International Language Academy of Canada

640_480_CABC690_009.jpg

ILAC Vancouver校

トロントとバンクーバーに校舎を持ち、世界各国からの学生が学ぶ大規模な語学学校です。国籍制限や母国語禁止ルールを設けており、国際色豊かな環境で英語を学ぶことができます。

日本にいながら受講できるオンライン留学プログラム「ILAC KISS」を引き続き提供しています。
→ ILAC KISSとは

学校の詳しい情報やコース内容はこちらをご覧ください。
>>International Language Academy of Canada

コロナ禍のバンクーバーに留学!センパイ留学生の体験談はこちら
>> オンライン授業も体験。留学生に優しいカナダの大学で学部聴講

●Kaplan International Languages, Vancouver / Toronto

世界6ヵ国に展開するグローバルな語学学校です。バンクーバー校では対面式授業を再開しています。

学校の詳しい情報やコース内容はこちらをご覧ください。
>>Kaplan International Languages, Vancouver / Toronto

●University of Toronto(English Language Program)

オンタリオ州トロントにある、カナダ最大にして世界トップランクの名門大学トロント大学付属の英語コースです。

学校の詳しい情報やコース内容はこちらをご覧ください。
>>University of Toronto(English Language Program)

航空会社の状況

AdobeStock_249454423 (1)S.jpg

全日空は羽田-バンクーバー線を週3便で運航しています。また、日本航空は成田-バンクーバー線を週3便で運航しています。

航空便の運航状況や今後の運航予定については随時、航空会社のウェブサイトで発表されています。ただし、急な運休や減便が決まる可能性もありますので、常に最新の情報を入手するためにも、留学ジャーナルのように航空券を取り扱っている旅行会社にご相談いただくことをおすすめします。

日本で始める新しい留学。「ハイブリッド型留学」

カナダ入国後の14日間の自己隔離や新型コロナウイルス感染のリスクを考えると、今すぐの留学に躊躇してしまう方、長期留学や海外の大学への進学を検討している方に、日本にいる今から始められる留学としておすすめしたいのが「ハイブリッド型留学」です。

ハイブリッド型留学」とはコロナ禍の今、まずはオンライン留学からスタートして、渡航できる状況になった後に従来の留学をするという、新しい留学スタイルです。

ハイブリッド型留学について詳しく知りたい方は、
「オンラインから始める新・留学。「ハイブリッド型留学」で学びをスタートさせよう」で、詳細やメリットをご紹介しています。
日本にいる今からスタートできる留学をご検討中の方はぜひ、ご覧ください。

まとめ|情報収集から迷わないために。留学のプロに相談を

広大なカナダでは州ごとに教育体制が異なり、その中に数多ある学校がどういったプログラムを提供しているのかをインターネットの口コミや検索だけで探すには限界があります。

さらに情報があふれすぎているネット上から、自分自身が本当に知りたい情報を集められるかどうか、集めた情報が正確なのかどうか判断をつけにくいというデメリットもあります。

特にコロナ禍では、状況も随時変化しています。情報収集という最初のステップから迷って時間を無駄にしてしまわないために、留学のプロに相談してみるのがおすすめです。

留学ジャーナルには、約50年の間に培った各国大使館や語学学校・大学などの教育機関との信頼関係に基づき、これまで20万人以上の留学生を海外に送り出してきた実績があります。留学カウンセラー自身の留学経験や身に付けたノウハウや、留学先の最新情報を活用して、あなたにぴったりの留学プランを提案します。ぜひご相談ください。

カナダ留学のご相談はこちらから
無料の留学相談をするバナー_350.png

  • twitter
  • facebook
  • line