「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

私の留学体験談

一覧をみる

出願時のサポートも心強い。アメリカで大学卒業後、大学院へ。

アメリカ/オースティン(テキサス州)

4年間の学部留学では物足りず、大学院への進学を決意!

高校卒業時に、文化の全然違う西洋、特にアメリカに憧れがあり、ニューヨーク州立大学へ留学しました。アメリカ人は日本人とはまったく異なる思考を持っていて、その人たちと付き合うことで、自分の可能性を広げられるのではと考えていました。しかし現実は厳しく、4年間の大学生活が終わった時に、留学前の自分と全然違うスケールの大きな人物になっていたかというと、はなはだ疑問でした。また、留学中に出会った「心理学」を極めてみたくなったことも手伝い、アメリカに残って大学院に行くことを決めました。

アメリカの大学から大学院に進学する場合の難関として、「推薦状」を大学の先生からもらうことが挙げられます。推薦状は3通というのが、たいていの大学院の出願条件のようでした。私は大学の教授の研究を手伝っていたので、なんとか推薦状を3通集めることができました。アメリカの大学院進学を考えている方は、早いうちから推薦状の集め方を考えていた方がいいと思います。

たくさんの課題やハイペースなディスカッションに四苦八苦

10校以上の大学院を受験し、数校から合格通知を受け取ることができました。その中でテキサス大学オースティン校の指導教官の研究が最もおもしろそうだと思ったのでこの大学院に決め、心理学の中でも子供の発達について勉強しました。

授業はたいていセミナー形式。あらかじめあるトピックに関する論文がいくつか指定されているので、その論文を読んでいき、授業でディスカッションします。1年目の1学期は、「Theory of Human Development」「Research Methods in Human Development and Family Sciences」「Introduction to Statistics」の3クラスを取りましたが、苦労したのはセオリーのクラス。長い論文を毎週いくつも読んでいかなければいけないのは、英語が母国語でない私には厳しかったです。また、ディスカッションもペースがとても速いので、気がついたら3時間の授業のうち、何も言わずに終わっていたなどということがよくありました。さらに1学期に3回提出しなければいけない論文も、大変難しかったです。

できないことがあっても「深く悩みすぎないこと」

苦労話は尽きませんが、大学院では考えすぎたりしたら精神的に参ってしまうので、自分にできないことがあっても深く考え込まないよう心がけました。アメリカの大学院にいるというだけで、すでに他の人には滅多にできない体験をしているのですから、仕事や宿題が終わらなかったからといって嘆くことはありません。たいていの場合、院生は先生との距離も近く、先生方は優しくしてくださいます。本当に、ポジティブに乗り切るというのが一番だと思います。

また、勉強や研究も大事ですが、遊べるときは遊ぶことも重要です。せっかくアメリカにきたのだから、大学のキャンパス外での経験も積まないと成功とは言えないと思います。私は学部のときに勉強しすぎたので、大学院に入ってからは遊びも真剣にやりました。そのため、今振り返ると学部時代より大学院時代の方が良い思い出が多いです。私も含めて日本人は、ついつい真面目に勉強や研究をやりすぎてしまいがちです。そうすると週末も勉強漬けで、アメリカにいるのも嫌いになってしまいます。ですから、土日のせめて1日は外に出かけるなど、ポジティブに生活できれば、素敵な大学院留学になると思います。

留学ジャーナルの
カウンセリングの感想

大学留学の際、自分に合った学校を紹介していただき、出願の仕方や必要な書類などを丁寧に教えていただいたので、とても心強かった。語学力に関しても、私が行こうとしている学校には、他にも高校を卒業して留学する人がたくさんいるということを伺えて、安心した。

留学した人

梅村 比丘 さん

留学の種類

大学留学→大学院留学

滞在期間

2001年1月~(大学留学もあわせ、トータルで10年間)

滞在方法

アパート

学校

The University of Texas, Austin

留学の理由・目的

大学留学を決めたのは、海外の人と話をしたり、共同で生活をしたりすることで、いろいろな体験ができるのではと思ったため。また、海外の大学で学んだ方が得るものがたくさんあるのではないかと考えたから。

担当カウンセラー

平岡 直子

留学前不安に思ったこと

大学留学の出願時には、願書に何をどのように書いたらよいのかわからなかった。また、現地で実際に英語でコミュニケーションができるのかわからなかったので、不安だった。

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

留学ジャーナルが留学を少しでも考えているあなたに提供できること 留学前:無料カウンセリング、申込手続き、滞在先手配、出発前ガイダンス、他。留学中:緊急時24時間無料電話相談、生活相談/進路相談、現地サポート。留学後:キャリアサポート、OBの交流、他。

留学ジャーナルに相談しよう。エリア別のカウンセリングセンターをご案内。フェアやセミナー情報も掲載しています。

東京(北海道・東北・関東・甲信越エリア)

名古屋(東海・中部・北陸エリア)

大阪(近畿エリア)

広島(中国・四国エリア)

福岡(九州・沖縄エリア)

TOP