|ワイン好きにはたまらない、南島のマールボロ

留学ジャーナル|留学相談から滞在中のケアまで

留学のことなら、なんでも相談ダイヤル フリーコール:0120-890-987

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求
2017.11.01

ワイン好きにはたまらない、南島のマールボロ

ブドウ畑10.jpg

雄大な大自然が広がるニュージーランド!少し郊外に足を延ばせば、羊や牛などの動物を見ることができ、各地で酪農や農産物の生産も行われています。中でも近年世界的に注目を集めているのが、ニュージーランド・ワイン

南島にあるマールボロ地域ではブドウ畑が一面に広がっており、さまざまな品種のブドウが栽培されています。ニュージーランド・ワインのおよそ77%がマールボロで作られており、ぶどう畑の面積は約24,000ヘクタール(東京ドーム約5133個分!)にもなるそう。ニュージーランド・ワインの主流は白ワインで、ここで作られる「ソーヴィニヨン・ブラン」は絶品!しかしながら、「ピノ・ノワール」のなど赤ワインも最近人気が出てきているそうで、赤白両方のワインを楽しむことができます。

ワイン.jpg また、マールボロではブドウの栽培だけでなく、大小さまざまなワイナリーがワインの醸造も行っています。そのため、ぶどうの収穫期には、世界中から出稼ぎにやって来た人で町が国際色豊かになるのだそう。ワーホリメーカーの需要も高まるので、ワイン好きの人にはワイン作りにかかわれるまたとないチャンスでもあります。

また、マールボロにはブドウの栽培から醸造までを学べる学校もあるので、本格的に学びたいと思っている人にもおすすめ。大自然で育まれたニュージーランド・ワインをぜひ楽しんでみてください。

ニュージーランド留学に関するご相談は、留学ジャーナルまでお気軽にどうぞ♪

soudan.png

 









Share (facebook)

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

留学ジャーナルが留学を少しでも考えているあなたに提供できること 留学前:無料カウンセリング、申込手続き、滞在先手配、出発前ガイダンス、他。留学中:緊急時24時間無料電話相談、生活相談/進路相談、現地サポート。留学後:キャリアサポート、OBの交流、他。

留学ジャーナルに相談しよう。エリア別のカウンセリングセンターをご案内。フェアやセミナー情報も掲載しています。

東京(北海道・東北・関東・甲信越エリア)

名古屋(東海・中部・北陸エリア)

大阪(近畿エリア)

広島(中国・四国エリア)

福岡(九州・沖縄エリア)

フリーコール:0120-890-987

留学に関するお問い合わせはお気軽にお電話にてご相談ください

サイト内検索

本社:〒160-0016 東京都新宿区信濃町34 JR信濃町ビル6階
観光庁長官登録旅行業第1695号 一般社団法人留学サービス審査機構(J-CROSS)認証事業者
一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員 一般社団法人留学・語学研修等協議会(CIEL)正会員 一般社団法人海外留学協議会(JAOS)正会員
NAFSA Association of International Educators会員 特定非営利活動法人国際教育交流協議会(JAFSA)賛助会員
このサイトに関するお問い合わせは e-mail:webmaster@ryugaku.co.jp

TOP