留学ジャーナル|留学相談から滞在中のケアまで

留学のことなら、なんでも相談ダイヤル フリーコール:0120-890-987

【22年8月】コロナ下のイギリス留学|入国条件とロンドンの状況

# イギリス

# 留学準備

# 新型コロナウイルス

公開 : 2020.06.02

更新 : 2022.08.01

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大により、入国制限措置や感染症対策の規制が各国で広まりました。その中でもイギリスは、各国と比較して早い時期から留学が可能になった国。2022年8月現在、ワクチン接種の有無に関わらず渡航が可能です。

この記事ではコロナ下のイギリス留学を実現するために知っておきたい、イギリスの入国状況や、帰国後の水際対策をはじめ、イギリス・ロンドンの現状やコロナ下の留学体験談などをご紹介します。

コロナ時代の留学 留学ジャーナルと一緒に実現!
counselor_640-340.jpg

コロナ下でのイギリス留学について、不足した情報や不確かな情報をもとに大切な留学の決断はできませんよね。

50年以上の実績をもつ留学ジャーナルでは、各国大使館や公的機関、海外の教育機関などから正確な最新情報を得ながら、一人ひとりに最適な留学をご提案しています。

留学についてのお悩みや疑問、質問は、お気軽に留学ジャーナルの無料の留学相談でお問い合わせください。一緒に留学実現を目指しましょう!

無料の留学相談をするバナー_350.png

イギリス留学の状況|入国条件

イギリスへの留学は可能

GB_London.jpg

イギリスへの留学状況
渡航・入国
短期留学:〇
長期留学:〇
事前PCR検査陰性証明書
不要
ワクチン接種条件
接種問わない
入国時の検査
不要
入国時の隔離・待機
不要

※上記は日本国籍の場合

イギリス入国条件

イギリス政府は、2022年3月18日(金)より、入国者に対して乗客追跡フォーム(Passenger Locator Form)の登録と、ワクチン接種証明書の提出義務を撤廃しました。 これにより、現在イギリスへの渡航は、ワクチン接種の有無に関わらず可能で、入国後の検査や隔離なども不要です。

イギリス国内でのマスクの着用義務も撤廃されましたが、公共交通機関を利用する際はマスクの着用が推奨されています。

なお、これらはイングランドを対象にしたもので、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの各自治政府からの案内も合わせてご確認ください。詳細は、イギリス政府のWEBサイト「新型コロナウイルス(Covid-19)下における他国からイギリスへの旅行について」をご確認ください。

イギリス入国にワクチン接種証明等は不要になっていますが、イギリス留学中に他国へ旅行に行くなどの場合には、ワクチン接種証明書が必要となることもあるため、できれば用意しておくと良いでしょう。(参照:イギリス政府のWEBサイト「イギリスから海外旅行する際のCOVID-19規則」)

イギリスから日本帰国時の水際対策措置

日本へ帰国/入国する全ての人が、出国する72時間以内にPCR検査を受けて、陰性証明書を提出する必要があります。

また、6月から一部の国・地域から日本帰国時の水際対策措置で「検査等が免除」されています。措置については、海外で滞在していた国の区分と、有効なワクチン接種(3回)をしているかにより異なります。

イギリスが区分されている「青」のカテゴリーは、ワクチン接種証明書の有無を問わず、到着時の検査や入国後の待機が無しになります。

滞在していた国・地域の区分(※2)
有効なワクチン接種証明書
入国時の検疫措置
出国前検査
到着時検査
待機
問わない
×
×

※滞在していた国・地域の区分として、「青」のほか「黄」「赤」もあります

詳しくは、厚生労働省のWEBサイト「水際対策(日本入国時の検疫措置)」にてご確認ください。

イギリス留学についてのご相談はこちらから
無料の留学相談をするバナー_350.png

イギリス留学・ワーキングホリデー(YMS)に必要なビザ

イギリス留学に必要なビザの状況

短期留学
(6ヵ月未満)
不要
入国時、必要書類を提示してパスポートにスタンプを押してもらう
長期留学
(6ヵ月以上)
短期学生ビザ、学生ビザ
事前に申請が必要
ワーキングホリデー
ユースモビリティスキームビザ(YMS)
取得時期は年2回のみ

●6ヵ月未満の短期留学

6ヵ月未満の短期留学ならビザは不要ですが、入国時に必要書類を提示したうえで、パスポートにスタンプを押してもらう必要があります。

●6ヵ月以上の長期留学

短期学生ビザ:語学学校に6ヵ月以上11ヵ月未満留学する場合に必要。

学生ビザ:語学学校に11ヵ月以上または大学・大学院などに6ヵ月以上で長期留学する場合に必要。

日本国内で英国の査証申請および交付業務を請け負っているVFS Global Centreは業務を再開していますが、事前予約者のみの対応となっています。詳しくはビザセンターのウェブサイトで確認するか留学ジャーナルまでお問い合わせください。

●ワーキングホリデ―

ユースモビリティスキーム(Youth Mobility Scheme:YMS・いわゆるワーキングホリデー)の場合はYMSビザの取得が必要です。取得時期は年2回のみ。

2022年度の1回目の募集は2022年1月17日(月)~1月19日(水)、2回目の募集は2022年7月25日(月)~7月27日(水)に行われました。

詳細は、イギリス大使館WEBサイト「2022年Youth Mobility Scheme (日本国籍者) -第2回抽選」で確認できます。

イギリス・ロンドンの現状&学校の感染症対策

Piccadilly Circus2.jpg

イギリスの現地サポートスタッフより、ロンドンの現状や、これから渡航する人へのアドバイスを教えていただきました。語学学校の感染症対策と併せてご紹介します。(2022年5月20日時点のもの)

Q.現在のロンドンの状況やコロナ対策などは?

A.イギリスでは新型コロナ対策に係る全ての法的規制が、2月に撤廃され、コロナ前の同程度の活気が戻ってきています。通勤時の地下鉄の混雑具合や週末の観光名所への観光客、スポーツ観戦ライブコンサートへの集客を見てもそれは明らかです。

飲食店や娯楽施設でのワクチン接種証明の提示も不要で、屋内施設でのマスク着用も義務付けられていないため、コロナ関連の対策による生活への不便さは全く感じられません。

その一方で、カフェやレストラン、パブといったホスピタリティ業界の人手不足が顕著に出てきています。最低時給が4月から引き上げられ、アルバイト求人数も増加しているため、ワーホリを考えているなら今が狙い目だと言えます。

Q.留学生や海外からの渡航者は?

A.街中で見かける留学生だと分かるアジア人の比率は、確実に増えています。語学学校「Kaplan International Languages」のロンドン校では、毎週30人以上の新入生を迎え、3月時点で500人以上の学生が在籍する状態になっています。

Q.語学学校の感染症対策は?

A.イギリスの語学学校は、英語学校の品質を管理する団体English UK作成の「新型コロナウイルス安全ガイドライン」に沿って、学校の教室から留学生の滞在先までしっかりとした感染症対策を行ったうえで対面式授業を再開し、留学生の受け入れを行っています。

以下は、感染症対策の一例です。

  • 校舎内に入るときに検温を実施
  • 校内はマスク着用
  • 教室、公共スペースの使用人数はできるだけ少なくしソーシャルディスタンスを保つ
  • 授業の開始・終了時間、ランチタイムの時間をずらして人の密集を避ける
  • 清掃、消毒を頻繁に実施
  • アルコール除菌などの消毒液を設置
  • 公共交通機関を利用したアクティビティを中止し、オンラインで実施
  • レセプションに保護スクリーン設置

withコロナ時代のイギリス留学についてもっとみる

Letter from New York <特別対談>コロナの時代にイギリス留学を選ぶ理由
イギリスの公的機関「ブリティッシュ・カウンシル」の駐日代表に、イギリスでの留学生の受け入れ状況や、留学の意義、イギリスを留学先として選ぶポイントについて伺いました。

※インタビューは、2021年12月初旬に実施

航空会社のフライト状況

covid19_uk2_640_480.jpg

  • JALは、羽田ーロンドン線を毎日運航
  • ANAは、羽田-ロンドン線を毎日運航

現在JALでは、ロシア・ウクライナ情勢により、欧州線の一部便を欠航していたり、通常とは異なる飛行ルートを利用して運航しています。 今後の運航状況については急遽変更になる場合もありますので、各航空会社のウェブサイトでこまめに確認しておきましょう。

また、直行便の他に、成田・関西・名古屋発のフィンエアーなどヨーロッパ各都市の経由便もあります。 留学ジャーナルでは、留学手続きと共に航空券の手配も行っていますので、合わせてご相談ください。

イギリス留学についてのご相談はこちらから
無料の留学相談をするバナー_350.png

コロナ下のイギリス留学体験談

高校時代から関心を持っていた留学を決意!

640_480_1.jpg
留学した人
H.M.さん(大学生)
留学期間
・2020年6月~8月(日本でオンライン留学)
・2020年8月~2021年1月(イギリス・ロンドンへ留学)
学校
Kings London
滞在方法

<留学を決めた理由>

高校時代から、大学生になったら留学をしてみたいと考えていました。就職活動を見据えて、英語力を自分の強みにしたいと考えたことも理由の一つです。

<新型コロナウイルスの影響で急遽オンライン留学に切り替え>

もともと2020年4月に予定していたアメリカ留学が新型コロナウイルスの影響で延期に。留学できるのかという焦りを感じていたころ、担当カウンセラーに現地の語学学校の授業を受けられるオンライン留学を勧められました。

日本からでもオンラインで外国人のクラスメイトと一緒に学ぶことができ、現地に行くまで英語力を高めておくことができるため、オンライン留学を受講しました。
>>日本で受講できるオンライン留学おすすめ校はこちら

<留学先をイギリスに変更し、対面式の授業に参加>

オンライン授業を受けはじめてから1ヵ月ほど経ったころ、7月に日本からイギリスへ渡航した際の行動制限がなくなるという情報を聞き、留学先をイギリスに変更することを決めました。

学校では、マスクの着用や手洗いなどの感染対策がされていました。休日のショッピングや友人との食事も、感染対策のルールやソーシャルディスタンスを守りながら楽しみました。(※2022年現在、感染症対策は撤廃されています)
>>Hさんの留学体験談 全文はこちら

コロナ下のイギリス留学はプロにご相談を

感染症対策の規制が緩和され、ほぼコロナ前の日常を取り戻しているイギリス。留学も可能になっていますが、コロナに係る動きは未だ流動的。最新情報を確認しながら、リスクも知った上で、留学準備をする必要があります。

留学ジャーナルは創業以来50年以上にわたり、各国大使館や語学学校・大学などの教育機関と信頼関係を築き、連携を取りながら、20万人以上の留学生を海外に送り出してきました。

確かな情報をもとに、withコロナのイギリス留学を留学ジャーナルと一緒に実現しましょう。お気軽にご相談ください。

イギリス留学のご相談はこちらから
無料の留学相談をするバナー_350.png

EDITOR

留学ジャーナル・マーケティングスタッフ

(株)留学ジャーナルは1971年の創業以来、20万人近い留学生を送り出してきました。50年以上の間で培ったノウハウと、各国の教育機関や大使館などとの強固なネットワークで、最新情報を得ながら、質の高い留学・ワーキングホリデーの情報を発信しています。

  • twitter
  • facebook
  • line