ELSアデルファイ大学マンハッタンセンター留学生による語学留学ブログ|Chelsea gallery巡り

留学ジャーナル|留学相談から滞在中のケアまで

留学のことなら、なんでも相談ダイヤル フリーコール:0120-890-987

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

Chelsea gallery巡り

March 09, 2009

私が留学先にNewyorkを選んだ理由の1つが
Manhattanが、
現代アートの最前線の場で
豊富にあるギャラリーや美術館などを通して
自分の感性を磨き、作品制作に必要な
刺激を沢山得られる場所である ということなのですが

平日は学校の授業や宿題、課題の準備に追われて
なかなか、足を運べない毎日にしびれを切らし
先週末、ついに行ってきました!!

あこがれのChelsea gallery巡り 決行。


せっかくだからと、歩くZAGAT(と思わざるを得ないくらい、
色々なお店情報に詳しい)LAURA LEE(先生)に
チェルシーのお勧めランチレストランを教えてもらい
ルームメイトのAちゃんとChelseaへ。


お勧めのジャマイカンレストランに着くも、
おや? 電気が着いていない… 何やら、白い張り紙が…

…がーん

閉店しておりました。 

様子からすると、多分数週間程前。。。?


残念ですが、こういう事は実は良くある事。
あたしもこちらに来て、何度こういう場面に遭遇した事か。

やはり世界の大都市Manhattan。
そこに集まるお店も、なかなか生き残りが厳しいようです。


なので、ぜひともガイドブックを元にお店を回る時は
最新版を手にする事をお勧めします!

さらに、もしもの時の為に
近くに何ヶ所か候補を見つけておくと、路頭に迷わずに済みます。


さてさて、閉店したレストランを後にした我々は
通りすがりに、オシャレで良い感じのタイ料理屋さんを発見!

入ってみたら、雰囲気も落ち着いていて良い感じ。
ランチも、プリフィックスで飲み物までついて$12と
価格もリーズナブル!!

前菜も色んな種類から選べて、どれも美味しそう!

メインに選んだココナツ入りのタイカレー
クリーミーで、めちゃめちゃ美味しかったです。

0306%E3%82%BF%E3%82%A4%E6%96%99%E7%90%86%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%81.jpg
↑つい美味しくて、食べ途中まで写真撮るのを忘れてました…

0306%E3%82%BF%E3%82%A4%E6%96%99%E7%90%86%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%81%E3%81%8A%E8%8C%B6.jpg
↑お茶も、こんな可愛いケースに入ってサーブされます。カワイイ!


雰囲気も味もお値段も良い感じで、リピート決定。
Chelseaのgallery巡りのさいには、ぜひぜひ。

SILOM THAI (SILOMNYC.COM)
150 8Ave Btwn 17th Street- 18th Street New York


タイ料理屋さんがとても居心地が良くて
ついついゆっくりしすぎたため、あわててギャラリー街へ。

Chelsea内には無数のギャラリーがあるかと思うのですが
今回は、特にギャラリーの密集している
10th Aveと11th Aveの間、24th Streetと23th Streetを巡る事に。


まずは、目に付いたMarianne Boesky Galleryへ。
(509W 24th bet 10th and 11th Ave)

なんとここで、日本を代表する世界的アーティスト
奈良美智さんのエキシビジョンが、偶然にも開催されててビックリ!

0306%E5%A5%88%E8%89%AF_%E7%9B%AE%E3%82%92%E3%81%A4%E3%82%80%E3%82%8B%E5%A5%B3%E3%81%AE%E5%AD%90.jpg
↑色の重なり具合、絶妙な塗り具合、素敵です。


外側からは、どんなギャラリーか分からなかっただけに
扉を開けてビックリ!でした。

中は、ペインティング、ドローイングの他にも

0306%E5%A5%88%E8%89%AF_%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B0.jpg
↑えんぴつの掠れ具合、塗り重ね具合、間近に見れるところがギャラリーの醍醐味!

こーんな、大きな立体物(インスタレーション?)があったりして
ビックリ!!! それにしても、か…かわいい…


0306%E5%A5%88%E8%89%AF_%E3%81%8A%E5%AE%B6%E5%B7%A6.jpg
↑吹き抜けの窓にまでとどく屋根… 色具合が絶妙に可愛い。

0306%E5%A5%88%E8%89%AF_%E3%81%8A%E5%AE%B6%E5%B7%A6%E4%B8%AD.jpg
↑中は、こんな感じ。 日本産のぬいぐるみ達が、なつかしい。。


0306%E5%A5%88%E8%89%AF_%E3%81%8A%E5%AE%B6%E5%8F%B3.jpg
↑右側のお家は、何故か屋根が途中で壊れてます。 
 見れば見るほど、すごい完成度。 ムーミン谷にありそうなお家です。むしろ住みたい。

0306%E5%A5%88%E8%89%AF_%E3%81%8A%E5%AE%B6%E5%8F%B3%E4%B8%AD2.jpg
↑こちらの中は、奈良さんの作業場が小さく再現されておりました。
 チェブラーシカがカワイイけど… 奈良さんのお気に入り??


*ちなみに、後日談ですがこのエキシビジョンが始まる前に
 奈良美智さん…逮捕されてたみたいですね。報道を知ってビックリ!!

 どうやら、Grand Central駅の構内の壁に落書きをしている所を
 警察に見つかり、逮捕されたとか。。

 うーん… 芸術家らしい。笑


 報道に関して、日本人の様々な意見をwebで読んだのですが
 奈良さんがどんなアーティストなのか(男か女かすら!)知らないのに
 中傷とすら思える批判を(しかも匿名で)している方が多くてビックリ!


 もちろん、落書き自体は器物破損にあたり法に触れる事ですし
 容認されるような事ではないと思いますが

 そもそもNYは落書きというかグラフィティの文化が根付く街。
 キースヘリングや歴代のアーティト達の落書き(もといグラフィティ)が
 街中に残されていて、それを自由に鑑賞できる街。


 こんな風に騒がれてしまったとしても、
 アーティストとして壁に絵を描いてしまうアナーキーな精神をもった奈良さんが
 あたしは好きだなぁ、と思ってしまいました。(一個人の意見ですが)

 なによりもその落書き、見たかったなぁ…笑


 ちなみに、この事件の翌日に始まったこのエキシビジョンは大盛況だったらしく、
 ご本人も警察から釈放されて、オープニングには無事に立ち会えたそう。

 展示されていたこれらの絵画は、エキシビジョン初日に
 12万5千ドル(日本円で約1,225万円)から50万ドル(約4,900万円)の間で
 取引されたそうですよー さすが、世界の奈良さん!!! 

 あたしも後を追える様に、がんばりたい!!*


さてさて。奈良さんのエキシビジョンを堪能して、通りにあるギャラリーに
ランダムに入ってみる我々。

無数にある上に、夕方には閉まってしまう為あまり時間がなく
沢山のギャラリーには行けなかったのですが

Gagosian GalleryにてRichard Phillipsのコンテンポラリーアートを
頭をひねりながら堪能してみたり

こんな、不思議な穴をギャラリーの扉に発見して覗いてみたり。

0306%E3%81%AE%E3%81%9E%E3%81%8F%E4%BA%BA.jpg
↑ちなみに中は、可愛らしい感じのお部屋が作られていて
 インスタレーション的アートの様でした。


どこのギャラリーも、だいたい夕方6時頃には閉まってしまうため
あまり回る事は出来なかったのですが、
個性的なペインティングやコンテンポラリーアートに沢山触れることができて
脳内はアドレナリンが溢れかえって、制作意欲がむくむくと湧き出てきました!!

どこも開催期間が短く、エキシビジョンのサイクルが早いので
時間をみつけてまたちょこちょこ見に来ようと思います★


0306%E3%82%AC%E3%83%A9%E3%82%B9%E5%BC%B5%E3%82%8A%E5%A4%A9%E4%BA%95%E3%82%AB%E3%83%95%E3%82%A7.jpg
↑こちら、帰りに見つけた素敵なカフェ。 
 ガラス張りの屋根に覆われた、温室的な場所でお茶がいただけます。 

 うーん、素敵!! 次は、ギャラリー帰りにここでお茶をしようと心に決めたのでした。

 ≪ 課外授業@The United Nations Spring has come ≫ 

プロフィール

profile
村中 享子さん
多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業、日本写真芸術専門学校卒業、画像処理職、デザイン職の経験を経て、アーティストへの道を決意。かねてからの夢であったNY留学を切っ掛けに、国際的に活躍する為の語学習得&現地での様々な刺激を受け、作品制作を通し自分にしか作れない作風の確立が、最終目標。学校での生活以外にも、NYのアートシーンなど色々な事を伝えていく予定。自身のHP http://junk-xxx.main.jp/でも作品を紹介。

※2008年7月~2009年7月ブログ担当

カレンダー

ELSアデルファイ大学マンハッタンセンターに通う留学生ブログのページです。
留学の実現はここからスタート!短期留学や語学留学はもちろん、ワーキングホリデー、大学留学、大学院留学まで幅広くご紹介している留学ジャーナルが、皆さんの海外留学への思いをカタチに変えます。海外留学の実現は、留学ジャーナルで!

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

フリーコール:0120-890-987

留学に関するお問い合わせはお気軽にお電話にてご相談ください

サイト内検索

本社:〒160-0016 東京都新宿区信濃町34 JR信濃町ビル6階
観光庁長官登録旅行業第1695号 一般社団法人留学サービス審査機構(J-CROSS)認証事業者
一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員 一般社団法人留学・語学研修等協議会(CIEL)正会員 一般社団法人海外留学協議会(JAOS)正会員
NAFSA Association of International Educators会員 特定非営利活動法人国際教育交流協議会(JAFSA)賛助会員
このサイトに関するお問い合わせは e-mail:webmaster@ryugaku.co.jp

TOP