「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

留学ジャーナルで留学しました!

  • 30歳の節目をハワイで迎えたい!こだわりの社会人留学を実現 続きをみる

  • 何かを始めるのに遅すぎることはない!安心して実現できた留学 続きをみる

  • 相談したことで前進!大人にオススメのマルタ留学 続きをみる

はじめての留学 社会人の留学に強い理由 留学体験者の今は?

留学で自己投資!あなたはどのタイプ?社会人留学の目的

留学期間(横軸)や志向(縦軸)から今のあなたが考える、「留学のカタチ」に近いタイプを探してみよう。

タイプ表 総合的に語学を学ぶベーシックタイプ 異文化体験タイプ 専門分野を学ぶ技術力アップタイプ 費用を抑えて自分磨きタイプ 海外で働く体験をする実践タイプ さらなる高みを目指すハイレベルタイプ

・語学留学

  • 一般英語コース
  • ビジネス英語コース
  • 試験対策コース など

・短期留学

カルチャー/スポーツ体験

・専門スキルアップ留学

  • 各種専門コース
  • エクステンション など

・ワーキングホリデー

・インターンシップ

・ボランティア

・大学留学

・大学院留学

留学で自己投資!社会人向け留学スタイル

社会人の場合、休暇を利用していく「短期留学」と、仕事を辞めて行く「長期留学」の割合がほぼ同じくらい。
期間や目的などに合わせて、さまざまな留学スタイルから選択ができる。

異文化体験タイプ短期留学

大学生の長期留学の様子の写真
期 間:
1週間~2ヵ月
留学先:
海外の語学学校や、大学付属の語学コース

休暇を利用して、リフレッシュやブラッシュアップに海外で学ぶ「短期留学」。語学はもちろん、現地ならではのアクティビティ体験も魅力。

総合的に語学を選ぶ語学留学

大学生の短期留学の様子の写真
期 間:
9週間~1年以上
留学先:
海外の語学学校や、大学付属の語学コース

基本となる「語学」を海外で学ぶ語学留学。一般語学のほか、ビジネスや試験対策などのコースもあり、その後のステップアップにもつながる。

長期

専門分野を学ぶ技術力アップ専門スキルアップ留学

大学生の語学留学の様子の写真
期 間:
3ヵ月~1年以上
留学先:
公立の機関(国によって呼称が異なる)や、私立の専門学校

学べるジャンルは多岐に渡り、ビジネスや英語教授法など、語学にプラスして専門スキルを身につけることができる。また、資格取得を目指したり、アメリカの大学で開講しているエクステンションで学ぶコースもある。

費用を抑えて自分磨きタイプワーキングホリデー

大学の公開講座「エクステンション」の様子の写真
期  間:
最長1年※
対象年齢:
18~30歳

※各国のビザ規定により異なる

海外で暮らす、学ぶ、働く、のすべてが体験できるワーキングホリデー。
現地の人と一緒に働いたり、語学学校に通って英語力を磨いたり、滞在プランは自由自在。

海外で働く体験をする実践タイプインターンシップ&ボランティア

ボランティア活動の様子の写真

【インターンシップ】

期間:
2週間程度~
資格:
一定レベルの英語力が必要

【ボランティア】

期間:
1日~
資格:
仕事の内容により英語力が必要

海外でのインターンシップでは、仕事のスキルや実践的な語学力、国際感覚などを磨くことができる。ボランティアは地域コミュニティとの交流を通じて、コミュニケーション力の向上や異文化体験を目的とするものが多い。

さらなる高みを目指すハイレベルタイプ大学留学・大学院留学

ボランティア活動の様子の写真

【大学留学】

期間:
2~4年
種類:
2年制大学、
4年制大学

【大学院留学】

期間:
1~2年
種類:
学術系大学院、
専門職系大学院

キャリアを重視して、よりハイレベルな英語力や専門スキル、プレゼンテーション能力といった実践力を学ぶ。また、国際的なネットワーク作りもできるなどさまざまなメリットがあり、グローバル社会で生き抜く力が身につく。

留学で自己投資!そこが知りたい!社会人の留学

社会人の留学スタイルは千差万別。留学でできることや、気になる帰国後の就職やお金について、まずは知ることから始めよう。

1週間の留学で何ができる?

夏期休暇や年末年始、永年勤続休暇などを利用して、会社を辞めずに行く留学プラン。語学の勉強はもちろん、観光を兼ねたり本場で趣味を体験するコースから、みっちりとビジネス英語を学ぶコースまで、短期留学でもできることはいろいろある。

海外旅行と留学、どちらがいい?

社会人にとっては貴重な休暇を、旅行や留学で有意義に過ごしたいもの。留学の場合はホームステイなどをしながら語学学校に通い勉強したり、クラスメイトとアクティビティを楽しんだり、英語漬けの環境で現地の生活を体験できるのが大きな魅力。

1年間留学するとどんなことができる?

休暇や休職制度を利用して、または、会社を辞めて行く留学プラン。語学の勉強にプラスして、専門学校や大学のエクステンションなどに通い、専門スキルを身につけたり資格の取得を目指すコースなどがある。また、30歳までの方ならワーキングホリデーという方法も。

語学留学とワーキングホリデーの違いは何?

まず、ビザの規定が異なる。しっかり勉強するなら語学留学で、語学学校や専門学校に通いみっちり学ぶことができる。一方、ワーキングホリデーは基本的に18~30歳までが対象で、ビザの規定内で勉強のほかに働いたり旅行したり、1年の間で自由に暮らすことができる。

英語力が不安だけど、大学・大学院留学は可能?

会社を辞めて長期的に行く留学プラン。海外の大学・大学院への入学には、各学校で定められた一定の英語力が必要になる。規定に満たない場合には、付属の英語コースや教育機関などで進学準備をしてから入学を目指すこともできる。

MBA留学について教えて。

多くの大学院で取得できるMBA(Master of Business Administration)は経営学修士を意味し、社会人留学の定番ともいえる人気の専攻。起業や事業拡大などを目的に世界各国の学生たちと共に財政学や組織行動論、マーケティング、政治、経済などを学び、グローバルなビジネス社会でリーダーとなれる人材を目指す。

留学から帰国後の就職が心配。

急速にグローバル化が進む中、語学力やスキル、広い視野や人脈などのアドバンテージを身につけられる点で、留学にはメリットがある。きちんと目標を持って留学し、TOEICなど語学力を客観的に示せるようにスコアで形に残すことも大切。また、留学で得たもの、成長したことを具体的なエピソードを交えて相手に伝えられることが必要となる。

費用はどれくらいかかる?

各留学スタイルの生活費などを含む1年間の総費用(授業料+滞在費)の目安は300万〜500万円(語学留学215万〜410万円、専門留学260万〜390万円、ワーホリ230万〜290万円、大学・大学院留学280万〜450万円)。また、短期留学の場合は1週間~2ヵ月で約30~100万円。費用は時期や期間、留学する国などによって異なるので、注意。

留学で自己投資!キャリアにつながる「就職成功」のヒント!

社会のグローバル化が加速する中、業種や職種を問わず、この数年で英語力を考慮する求人数が増えています。
海外留学で仕事につながる英語力を身につけて、キャリアアップやキャリアチェンジの可能性を広げませんか?
留学ジャーナルなら専任のキャリアカウンセラーと経験豊かな留学カウンセラーがタッグを組んで、
転職に活きる留学をご提案します。

キャリアカウンセラーより、留学成功のヒント!

  1. ①英語力をしっかりUP(TOEIC700~800以上を目指す)
  2. ②英語を使って働く経験を積む(インターンシップ、ワーキングホリデー、ボランティアなど)
  3. ③専門コースを受講(ビジネスエクステンション、通訳・翻訳、ホテル、観光など)
  4. ④前職での経験や活かせるスキル、実績をアピール

留学ジャーナルではキャリアに活きる留学を留学前・中・後を通してトータルでサポートします。

留学ジャーナルのキャリアサポートサービス

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

留学ジャーナルが留学を少しでも考えているあなたに提供できること 留学前:無料カウンセリング、申込手続き、滞在先手配、出発前ガイダンス、他。留学中:緊急時24時間無料電話相談、生活相談/進路相談、現地サポート。留学後:キャリアサポート、OBの交流、他。

留学ジャーナルに相談しよう。エリア別のカウンセリングセンターをご案内。フェアやセミナー情報も掲載しています。

東京(北海道・東北・関東・甲信越エリア)

名古屋(東海・中部・北陸エリア)

大阪(近畿エリア)

岡山(中国・四国エリア)

福岡(九州・沖縄エリア)

TOP