|NZから発信するコーヒー文化

留学ジャーナル|留学相談から滞在中のケアまで

留学のことなら、なんでも相談ダイヤル フリーコール:0120-890-987

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求
2017.10.01

NZから発信するコーヒー文化

cappuccino.jpg

サードウェーブコーヒー(第3次コーヒーブーム)が話題になり、海外からのコーヒーチェーン店をよく見かけるようになりました。もともと第1次コーヒーブームは、19世紀にアメリカのコーヒーメーカーの大量生産により各家庭に浸透したことに始まり、第2次は1960~1990年代にかけて味にこだわるコーヒーが求められた時代。スターバックスやタリーズなど、日本でもお馴染みのコーヒーチェーンが生まれたのもこのころです。そして、さらに良質なコーヒーを求めて、豆が栽培される農園から焙煎方法、コーヒーの煎れ方からお店づくりにまでこだわる時代となったのが、現在の第3次ブームで、世界的な広がりを見せています。BaristaPrgm.jpg

そんなコーヒー文化を南半球のニュージーランドで感じることができるのをご存知でしょうか?北島にあるウェリントンを発祥とするこのNZのコーヒーブームは、オークランドへも広がり、コーヒー文化が盛んな場所として知られるようになったこの2つの都市では、街中に美味しいコーヒーが飲めるおしゃれなカフェを数多く見つけることができます。

ニュージーランドでは、ワーキングホリデーの方はもちろんのこと、14週間以上の就学を予定している学生ビザ取得者も週20時間のアルバイトが認められています。素敵なコーヒーショップで働く日もそう遠くないかもしれません。まずは、英語とバリスタスキルを習得できる学校でスキルアップですね!

英語にプラスα!ニュージーランドの語学学校 ~ラインナップ~

The Campbell Institute(ウェリントン)
Auckland English Academy(オークランド)
Dominion English Schools, Auckland (オークランド)

ニュージーランドへの留学について、詳しくはお近く留学ジャーナルカウンセリングセンター(東京大阪名古屋広島福岡)までお気軽にお問い合わせください。

◆無料留学相談ご予約はこちら◆

b_cv.png

お電話(フリーコール0120-890-987)でもどうぞ。

 





Share (facebook)

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

留学ジャーナルが留学を少しでも考えているあなたに提供できること 留学前:無料カウンセリング、申込手続き、滞在先手配、出発前ガイダンス、他。留学中:緊急時24時間無料電話相談、生活相談/進路相談、現地サポート。留学後:キャリアサポート、OBの交流、他。

留学ジャーナルに相談しよう。エリア別のカウンセリングセンターをご案内。フェアやセミナー情報も掲載しています。

東京(北海道・東北・関東・甲信越エリア)

名古屋(東海・中部・北陸エリア)

大阪(近畿エリア)

広島(中国・四国エリア)

福岡(九州・沖縄エリア)

フリーコール:0120-890-987

留学に関するお問い合わせはお気軽にお電話にてご相談ください

サイト内検索

本社:〒160-0016 東京都新宿区信濃町34 JR信濃町ビル6階
観光庁長官登録旅行業第1695号 一般社団法人留学サービス審査機構(J-CROSS)認証事業者
一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員 一般社団法人留学・語学研修等協議会(CIEL)正会員 一般社団法人海外留学協議会(JAOS)正会員
NAFSA Association of International Educators会員 特定非営利活動法人国際教育交流協議会(JAFSA)賛助会員
このサイトに関するお問い合わせは e-mail:webmaster@ryugaku.co.jp

TOP