Massachusetts Institute of Technology(マサチューセッツ工科大学)の大学情報の紹介

留学ジャーナル|留学相談から滞在中のケアまで

留学のことなら、なんでも相談ダイヤル フリーコール:0120-890-987

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

Massachusetts Institute of Technology(マサチューセッツ州)

CDMA070

密度の濃い研究から生まれたアメリカ理工系研究の最高峰
Massachusetts Institute of Technology(マサチューセッツ工科大学)
ケンブリッジ(都市)、創立1861年


■特徴
工学分野研究の最高峰として知られるMITだが、実際には工学技術だけではなく、社会研究、統計学、ビジネス分野でもランキング上位に名を連ねている。学生と教授の密度の濃い交流も、この大学の特徴。実務面を考慮したインターンシップ制度も整っている。


【大学データ】
大学 大学院 Massachusetts Institute of Technology
学生数 4,500名 6,800名
留学生率 10%
学期制 2学期制
滞在の種類 学校寮、アパート
授業料 US$48,100 US$48,100
滞在費 US$14,200
人気の専攻科目 Architecture, Biology, Business, Economics,
Electrical Engineering and Computer Science, Mathematics,
Mechanical Engineering, Physics

■環境
ハーバード大学と同じケンブリッジにあり、チャールズ川沿いにキャンパスが広がる。ボストン周辺には60以上の大学が存在しており、アメリカ随一の学術都市として知られている。周辺には学生向けの店舗が多く、活気に満ち溢れている。


【入学データ】
大学 大学院
英語力の目安 TOEFL iBT90-100 TOEFL iBT90-110/IELTS6.0-7.5(TOEFLを不可とする専攻あり)
入学願書締切日 12月10日 専攻により異なる
成績の目安 GPA3.75

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

留学ジャーナルが留学を少しでも考えているあなたに提供できること 留学前:無料カウンセリング、申込手続き、滞在先手配、出発前ガイダンス、他。留学中:緊急時24時間無料電話相談、生活相談/進路相談、現地サポート。留学後:キャリアサポート、OBの交流、他。

留学ジャーナルに相談しよう。エリア別のカウンセリングセンターをご案内。フェアやセミナー情報も掲載しています。

東京(北海道・東北・関東・甲信越エリア)

名古屋(東海・中部・北陸エリア)

大阪(近畿エリア)

広島(中国・四国エリア)

福岡(九州・沖縄エリア)

フリーコール:0120-890-987

留学に関するお問い合わせはお気軽にお電話にてご相談ください

サイト内検索

本社:〒160-0016 東京都新宿区信濃町34 JR信濃町ビル6階
観光庁長官登録旅行業第1695号 一般社団法人留学サービス審査機構(J-CROSS)認証事業者
一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員 一般社団法人留学・語学研修等協議会(CIEL)正会員 一般社団法人海外留学協議会(JAOS)正会員
NAFSA Association of International Educators会員 特定非営利活動法人国際教育交流協議会(JAFSA)賛助会員
このサイトに関するお問い合わせは e-mail:webmaster@ryugaku.co.jp

TOP