UCLA語学コースの生活をリアルタイムでレポート。|荷物について

留学ジャーナル|留学相談から滞在中のケアまで

留学のことなら、なんでも相談ダイヤル フリーコール:0120-890-987

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

荷物について

September 10, 2017

こんにちは。留学生活も半分を過ぎ、そろそろ終わりが見えてきました。今回はあくまで主観ですが、留学生活を便利に快適にするもの、また持っていく必要のなかったものというテーマで書いていこうと思います。

まず留学生活を便利にするものですが、必ず持っていくべきものにwifiが挙げられます。どこか観光地に行く場合、近くのバス停や乗るバスの番号は基本的にGoogle mapで調べます。とても正確かつ便利でこれがあれば、初めての地でも問題なく無事に帰ることができます。ただ、このGoogle mapもwifiがなければ機能しないので、ポータブルのwifiを持って行くべきです。容量ですが、私は用心して1日1ギガという大容量のものを借りたのですが、学校、ホームステイ先にwifiが整備させているため、多くても1日500メガ程度しか使いません。あとは、ドライヤーです。毎日使うものですし、ホームステイ先になかったので、持っていってよかったです。また後述しますが、これ以外のものは正直、現地調達可能です。(学校周辺にコンビニや薬局が複数ある)

これに加え留学生活で欠かせないものにUBERというアプリがあります。日本ではあまり馴染みのないものですが、オンラインで申し込む乗り合いタクシーのようなものです。事前にクレジットカードを登録することで、目的地を入力すればお金のやりとりなく、タクシーを利用できるという仕組みです。非常に安価かつ、安全で日本のようにタクシーを探すという手間が省けるため、全国的に利用されています。私も夜遅くに家に帰るときは度々利用しています。繰り返しになりますが、このUBERを使用するためにもwifiが必要です。

fullsizeoutput_1218.jpeg

持って行く必要がなかったものは複数挙げられますが、代表的なものは電圧機でしょうか。アメリカと日本では電圧が違うため、ドライヤーなどの使用で電圧気がいる可能性があると言われていましたが、ホームステイ先のコンセントで問題なく、ドライヤーは作動しました。あとは日焼け止めやサングラスも個人的には使っていないです(日差しは日本より強ういので気になる人は持って行った方がいいですが、耐えれないようなものではないです)

とりあえずはこんな感じでまとめてみました。内容に関係ないですが、最近撮った写真を挙げて終わりにします。

IMG_1411.JPGIMG_1278.JPG

 ≪ 週末の過ごし方 最後の週になって・・・ ≫ 

プロフィール

profile
半田 翔也さん(19歳)
慶應義塾大学1年生。私は今回の留学で、様々な国の人と本音で語り合うことができるような実践的な英語力を身に付けたいと考えています。そのために、恐れることなく、自ら積極的に英語で「話す」ということを心がけていきます!

カレンダー

夏休み短期留学UCLAブログに通う留学生ブログのページです。
留学の実現はここからスタート!短期留学や語学留学はもちろん、ワーキングホリデー、大学留学、大学院留学まで幅広くご紹介している留学ジャーナルが、皆さんの海外留学への思いをカタチに変えます。海外留学の実現は、留学ジャーナルで!

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

フリーコール:0120-890-987

留学に関するお問い合わせはお気軽にお電話にてご相談ください

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索

本社:〒160-0016 東京都新宿区信濃町34 JR信濃町ビル6階
観光庁長官登録旅行業第1695号 一般社団法人留学サービス審査機構(J-CROSS)認証事業者
一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員 一般社団法人留学・語学研修等協議会(CIEL)正会員 一般社団法人海外留学協議会(JAOS)正会員
NAFSA Association of International Educators会員 特定非営利活動法人国際教育交流協議会(JAFSA)賛助会員
このサイトに関するお問い合わせは e-mail:rj-webmaster@ryugaku.co.jp

TOP