アメリカ・ワシントン州シアトルの魅力

アメリカ・ワシントン州シアトルの魅力

seattle_kakou_250.jpg私は大学2年の夏に1ヵ月間、大学4年を休学し1年間、アメリカのワシントン州・シアトルに留学しました。留学を終えてからもシアトルには頻繁に訪れています。アメリカであれば、ロサンゼルス、ニューヨークといった大きな都市が有名で留学先としても人気ですが、シアトルはアメリカの中でも、どのような都市なのか?、何があるのか?など、本コラムで留学という観点からみたシアトルという街の魅力をお伝えします。

「エメラルドシティ」と呼ばれる所以

UWsakura_kakou_250.jpgシアトルはアメリカの北西部に位置し、東洋貿易の中継拠点として発展を遂げてきました。日本から飛行機で約9時間で行くことができ、今年の春からANA便に加えJAL便も直行便が就航したので、日本からのアクセスがより便利になりました。

シアトルは別名「エメラルドシティ」とも呼ばれており、その名の通り街は緑鮮やかな自然で溢れています。また、ダウンタウンには高層ビルが多く建つビジネスの中心地でありながら、市内には60を超える公園があり、住宅街や学校なども多く、木々に囲まれています。春になるとワシントン大学では美しい桜を見ることができるのもシアトルの特徴です。このように他の多くの大都市と異なり、都市と自然が共存しているのがシアトルがエメラルドシティと呼ばれる所以でもあります。

ここで、私が実際に留学して感じた点を3つにまとめましたので紹介いたします。


【1】アメリカの都市の中でも住みやすく治安が良い

シアトルは全米で最も住みたい街ランキングで毎年トップ10にランキング入りするほど人気な都市です。アメリカの他の都市と比べ犯罪率も低く、ワシントン州には、ベルビュー、レドモンド、タコマなどシアトル以外にも魅力的な街がたくさんあるのがオススメです。またシアトルは学園都市としても知られ、世界大学ランキング上位にランキング入りしているワシントン大学もあります。安全に勉強する環境はもちろん、レベルの高い教育水準を併せ持った都市と言えるのです。


【2】世界の名だたる企業の拠点である

シアトルは「第2のシリコンバレー」と言われ、近年急発展を遂げています。AmazonやMicrosoftをはじめ、シアトル発の大企業が優秀な人材を世界中から集め、また、AppleやGoogleなど有名な企業が人材確保のためにシアトルに進出し、さらに優秀な人材が世界から集まるという構図になっています。また20世紀にボーイングが、本社と工場を置いた事で海と空のロジスティックスが強化され、関連する産業の裾野が広がり人材も多く集まりました。

日本でも人気のある業務スーパーのコストコが、カークランドの1号店を皮切りに世界に進出したのもこのインフラがあったからこそで、Amazonがこの地で起業して大成長したのも地の利を十分に活用したからと言えるのではないでしょうか。特に、私は留学時代にInternational Businessを専攻していたので、現地の企業で働く日本人の方々に話を聞けることは絶好の機会でした。日本と海外の働き方の違いや、世界中の人と仕事をすることで得られる価値観など、たくさんの貴重な話を聞けるのも「留学」の醍醐味の一つだと実感しました。


【3】シアトル以外にも魅力的な街がたくさんある

シアトル近郊には、たくさんの魅力的な街が存在します。ワシントン州はシアトルの他に、私が留学していた学校がある高級住宅街のベルビューや、Microsoft本社があるレドモンド、コストコがあるカークランドなど魅力的な都市がたくさんあります。その都市によって特色は様々で、留学生の数だけ学校の数があるということで、現地の大学はもちろん、語学学校もしっかりと備えられているのは大きなポイントです。また、都会感溢れるシアトルの中心部に比べ、近郊の都市は自然が溢れ、落ち着いた環境で勉強することができます。

シアトルはコーヒーが美味しい街としても知られています。スターバックスの発祥の地という土地柄もあり、チェーン店から個人経営のカフェまで多種多様なお店がシアトル近郊に点在しています。冒頭で説明した通り、大都会のシアトルの中心部と自然溢れる近郊の街との調和が取れているのも私は魅力のポイントだと思います。


さて、皆さんは少しでもシアトルの魅力について知っていただけましたでしょうか?本コラムを読んで少しでもシアトルに留学してみたくなった!と思って頂ければ幸いです。自分に合った国や都市を決めることは難しいですが、留学を成功させる一番の秘訣は、自分の行きたい場所に行くことだと私は思います。留学したいけれど、行きたい国や都市が定まらないという方は一度ご相談をお待ちしております。

今回のコラム担当

グローバルビジネス部 川邉

【Profile】

大学四年次を休学しアメリカ・シアトルへ長期留学。 現地のコミュニティカレッジではビジネスを専攻する。 留学中は学生団体の発足やボストンキャリアフォーラムへの参加など幅広く活動。また日系留学エージェント会社でインターンシップも経験。現在は自身の留学経験を活かし、主に大学や英会話学校などに出向き留学相談に従事している。

コラム一覧へ戻る

海外研修のことなら留学ジャーナルにお任せください!まずはお気軽にお問い合わせください。 フリーコール 0120-890-087 ※お近くの支店へ繋がります。 お問い合わせはこちら