2020年の航空関連情報をご紹介

2020年の航空関連情報をご紹介

2020年は航空業界の変化や国際的なスポーツ大会の開催により、国内線のみならず国際線も相当な混雑が予想されます。
混雑してくると航空券の価格も高騰すると思われるので、予約は個人・団体問わず今まで以上に早期予約・購入することをおすすめいたします。その主な理由は2つあります。

訪日外国人観光客の増加

日本政府観光局のデータによると、2017年度の訪日外国人の数が2,869万人に対して、2018年度は3,119万人と前年度比108.7%となっており、年々訪日外国人観光客は増えています。このことから、2020年はさらに多い4,000万人近くの観光客が日本に訪れることが予想されています。特に、国際的なスポーツ大会の開催期間が、ちょうど日本の夏休み時期にもあたり、日本に来る人ばかりでなく、日本から海外へと出国する人も多くなりますので、今まで以上に予約が取りにくい、航空券の価格が高騰するといった状況になることが予想されます。

成田から羽田への移行

現在羽田空港には、「第1、第2、国際線」の合計3つのターミナルがありますが、来年3月には第2ターミナルにも国際線が発着できるようになるので、それに伴い現在の「国際線旅客ターミナルビル」が「第3旅客ターミナルビル」へ名称変更します。

photography-of-airplane-during-sunrise-723240.jpgこのように、各航空会社で羽田空港からの発着便を強化する動きが進んでおり、日本航空は、来年3月に羽田の国際線発着枠(昼)を「ロサンゼルス、シカゴ、ダラス、ホノルル、シドニー」を含む9路線を開設するほか、羽田・ニューヨーク間、上海行きは1日1便から2便に増便されます。 全日空では、新たに夏から羽田に発着する、「サンフランシスコ、シアトル、ヒューストン、ワシントン」を含む12路線を発表。また、羽田・ロサンゼルス間、シドニー行きについては増便されます。 デルタ航空では、夏から東京・アメリカ間の全便を羽田発着に移行します。成田よりも都心に近い羽田から直行便が出ることで、全米290都市への乗り継ぎが便利になりそうです。

航空会社各社の増便や、訪日外国人観光客の増加などで、日本のグローバル化が進み「留学経験」が活きる機会はますます増えていくことでしょう。留学ジャーナルでは個人の留学でも、団体様向け海外研修などでも、どちらも航空券の手配が可能です。ぜひ留学のご相談と合わせてお問い合わせください。安心してご出発、ご帰国までしていただけるようサポートいたします。

今回のコラム担当

グローバルビジネス部

【Profile】

学校や企業などの留学について、法人専門にご相談を承っております。ご提案可能プログラムは個人向けから団体向けまで多岐にわたり、ご相談いただきましたクライアント様のご要望に応じて、語学留学のみならず、企業の幹部候補生向けの研修など、幅広くコンサルティングさせていただいております。

コラム一覧へ戻る

海外研修のことなら留学ジャーナルにお任せください!まずはお気軽にお問い合わせください。 フリーコール 0120-890-087 ※お近くの支店へ繋がります。 お問い合わせはこちら