ELSアデルファイ大学マンハッタンセンター留学生による語学留学ブログ|The art of New York -part 3-

留学ジャーナル|留学相談から滞在中のケアまで

留学のことなら、なんでも相談ダイヤル フリーコール:0120-890-987

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

The art of New York -part 3-

April 23, 2009

この日巡った中ではあまり、
日本人アーティストはいらっしゃらなかったのですが

見つけました。
Izima Kaoruさんのexhibition。

VON LINTEL GALLERY
555West 25th St. NY


0409CG%E5%B7%A1%E3%82%8A15IZIMA%E5%80%8B%E5%B1%95


私自身、今まで気まぐれにしか
写真家さんを調べたり、見たりしなかったので
私もこちらに来るまでは詳しく存じ上げていなかったのですが

以前行った、ManhattanのPhoto Museamの本屋さんで
この方の写真集を見つけ、とても興味深く思っていたので
exhibitionを見つけ、とても嬉しかったです!!


できればオープニングに行って、ご本人に会いたかったなぁ…


伊島薫さんの簡単なプロフィールを載せておきます。

1954年生まれ、京都出身。写真家・CMディレクター。
中学時代から写真を始め、高校時代には写真家になろうと決意。
東京綜合写真学校に進み、卒業後1 年間アメリカに滞在。
帰国後は、ファッション、広告、ビデオクリップなど幅広い分野で活躍。

1999年には、小泉今日子や篠原涼子、松雪泰子など有名女優がブランド品を身につけ
死体の振りをして撮影された斬新な写真集『死体のある20の風景』を発行する。


この写真集ですが、今では出版元が無くなったため
ものすごく入手困難で、プレミアが付いているそうですよ。

ちなみに、日本で有名な写真家・平間至さんも
伊島薫さんのアシスタントについていたそうです。


そんな有名なフォトグラファーを知らなかっただなんて。。。orz


そんな伊島薫さんの個展ですが

広々とした綺麗な室内に
綺麗に額装された写真が並べられておりました。

0409CG%E5%B7%A1%E3%82%8A15IZIMA%E6%9C%A8%E6%9D%91.jpg
↑こちら最新の出版物の表紙にもなっている、女優木村佳乃さんの作品。
 とても綺麗な色合い。 まさに、ジャパニーズビューティーですね。


国内外の女優さんやモデルさん方が、死体(殺害された?)に扮して
色々なシチュエーション、場所で撮影されています。

中でも私が好きだったのは、このシリーズ

0409CG%E5%B7%A1%E3%82%8A15IZIMA%E6%A3%AE%E3%81%AE%E4%B8%AD%E3%81%A71.jpg
↑森の中で、倒れている(というか死体だから…)少女。
 このアングルすごいです。 撮影するの大変だっただろうなぁ…

0409CG%E5%B7%A1%E3%82%8A15IZIMA%E6%A3%AE%E3%81%AE%E4%B8%AD%E3%81%A72.jpg
↑ストーリー性が感じられて、とても素敵。 カッコイイです!


気になった方は、ぜひぜひ書店にて作品集をお買い求め下さい。(宣伝?)
ちなみに、ギャラリーでも販売されておりました。

0409CG%E5%B7%A1%E3%82%8A15IZIMA%E4%BD%9C%E5%93%81%E9%9B%862.jpg
↑こちら、一つ前のシリーズ作品集(たぶん…)


0409CG%E5%B7%A1%E3%82%8A15IZIMA%E4%BD%9C%E5%93%81%E9%9B%861.jpg
↑こちら、私がNYの美術館で見かけた最新版。


カッコイイなぁ… 私も…!!と、思わずにはいられません。
がんばります。


そんな妄想を抱きつつ、次に向かったのは

Gana Art Gallery
568West 25th St. NY


ものすごく広いギャラリー内に、大きな写真作品がかけられていたのですが
被写体は全て、工業地帯や廃墟、廃屋など。

被写体自体は、とても荒廃した感じなのですが
プリントがとても綺麗でした。


0409CG%E5%B7%A1%E3%82%8A16%E5%B7%A5%E5%A0%B4%E5%9C%B0%E5%B8%AF.jpg
↑私が1番好きだった作品。無機質なはずの工場の明かりが、とても幻想的。

0409CG%E5%B7%A1%E3%82%8A16%E9%9B%BB%E6%9F%B1.jpg
↑会場の一角には、電柱のシルエットを使った
 こんなコーナーも。 面白いです。


ちなみにこちら、TAEWON JANGさんという韓国人作家さんの個展で
なんと、撮影は全て日本で行われたそうですよ!!


次のギャラリーへ向かう途中、道ばたで妙なものを発見。

0409CG%E5%B7%A1%E3%82%8A17%E3%81%86%E3%81%95%E3%81%8E%E8%A1%97%E8%A7%92%E3%81%AB%E3%81%A6.jpg


う さ ぎ …??

0409CG%E5%B7%A1%E3%82%8A17%E3%81%86%E3%81%95%E3%81%8E.jpg

あっ。向かって来る!! 
見るからにボロボロなうさぎが、何かを訴えている様です。


0409CG%E5%B7%A1%E3%82%8A17%E3%81%86%E3%81%95%E3%81%8Eup.jpg
↑真意は測りかねるのですが、この文字から読む限り
 アーティストやアートに対しての批判?もしくは逆に権利向上?なのでしょうか。


そんなうさぎさんを尻目に、我々が次に向かったのは

CHARLES COWLES GALLERY
537 West 24th Street. NY


ここで気になったのは、
Nancy RichardsonさんのTwilightという作品。

0409CG%E5%B7%A1%E3%82%8A18%E5%86%99%E7%9C%9F%E3%81%8B%E7%B5%B5%E7%94%BB%E3%81%8B.jpg

上の写真だと分かりずらいかと思うのですが

この作品、どうやら写真撮影→CG処理→キャンバスにプリント
という行程を経て作られたものの様で

見れば見るほど、絵なのか写真なのかCGなのか分からず
とても幻想的な作品なのです。

制作行程も、とても実験的で興味深かったです!


そろそろ我々の体力も、限界に近付いたころ向かったのは

Mike Weiss Gallery
520West 24th St. NY


こちらでは、今月のGallery Guideの表紙にもなっていた
Graham Gillmoreさんの作品が展示されておりました。

0409CG%E5%B7%A1%E3%82%8A19%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%9D1.jpg
↑タイポグラフィをモチーフにした、ユニークな作品達。


英語がもっと分かったら、面白いかもしれません。
(多分、なにかの物語や台詞の羅列が描かれた部分がある様なので)

私が1番気に入ったのはこちら

0409CG%E5%B7%A1%E3%82%8A19%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%9D2.jpg
↑爽やかな色合いが特徴的。


3部に渡って展開してきましたThe art of New Yorkも
いよいよ最後のご紹介です。


以前、こちらでも紹介した奈良美智さんの個展がやっていた
MARIAANE BOESKY GALLERYにて、
新しいexhibitionが開催中でした。


Jphn Watersさんの「Rear Projection」と題されたこの展示。

0409CG%E5%B7%A1%E3%82%8A20%E3%82%B7%E3%83%8B%E3%82%AB%E3%83%AB2.jpg
↑いきなり、こんな作品があったり

今までの名優子役達がCGによって
煙草を吸っているいるかの様なVTRが流されていたり…と

ブラックかつユニーク。


特に、意表をつかれたのがこのシリーズ

0409CG%E5%B7%A1%E3%82%8A20%E3%82%B7%E3%83%8B%E3%82%AB%E3%83%AB1.jpg
↑これは…!!笑 LA MERのボトルが、こんなにも巨大に!

0409CG%E5%B7%A1%E3%82%8A20%E3%82%B7%E3%83%8B%E3%82%AB%E3%83%AB3.jpg
↑こ…コンバット?!!


こんな巨大化された、家庭用品たちが会場のあちらこちらに。。

0409CG%E5%B7%A1%E3%82%8A20%E3%82%B7%E3%83%8B%E3%82%AB%E3%83%AB4.jpg
↑なんか、液体もれちゃってるし。。 
(実際はこの液体とみられるもの、樹脂の様なもので固まっておりました)


以上、この日巡ったのは約20のギャラリー。
まだまだ行き尽くせないほど、数多くのGalleryが存在するNY。

アーティトを目指す人間にとって
色々なアーティストの作品を生で間近に見られる機会は
本当に貴重で、沢山の刺激をもらいました!!


みなさんもぜひぜひ、NYに行かれた際は
観光名所も良いけれど、
ぶらりギャラリー巡りなんかもしてみて下さい+**

面白い発見や、刺激が得られたりもしますよ!


0409CG%E5%B7%A1%E3%82%8A%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%83%9B%E3%83%86%E3%83%AB.jpg
↑帰りにみかけた光景1

 近くにある、かの有名なチェルシーホテル。
 …の一角で、看板を背に写真を撮ろうと試みる、外国人。 良い写真撮れたかな…


0409CG%E5%B7%A1%E3%82%8A%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%93%E3%83%AB.jpg
↑帰りにみかけた光景2

 黄金色に輝く、フラットビル。 夕焼けのManhattanも素敵です。

 ≪ The art of New York -part 2- Brooklyn Botanic Garden ≫ 

プロフィール

profile
村中 享子さん
多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業、日本写真芸術専門学校卒業、画像処理職、デザイン職の経験を経て、アーティストへの道を決意。かねてからの夢であったNY留学を切っ掛けに、国際的に活躍する為の語学習得&現地での様々な刺激を受け、作品制作を通し自分にしか作れない作風の確立が、最終目標。学校での生活以外にも、NYのアートシーンなど色々な事を伝えていく予定。自身のHP http://junk-xxx.main.jp/でも作品を紹介。

※2008年7月~2009年7月ブログ担当

カレンダー

ELSアデルファイ大学マンハッタンセンターに通う留学生ブログのページです。
留学の実現はここからスタート!短期留学や語学留学はもちろん、ワーキングホリデー、大学留学、大学院留学まで幅広くご紹介している留学ジャーナルが、皆さんの海外留学への思いをカタチに変えます。海外留学の実現は、留学ジャーナルで!

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

フリーコール:0120-890-987

留学に関するお問い合わせはお気軽にお電話にてご相談ください

サイト内検索

本社:〒160-0016 東京都新宿区信濃町34 JR信濃町ビル6階
観光庁長官登録旅行業第1695号 一般社団法人留学サービス審査機構(J-CROSS)認証事業者
一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員 一般社団法人留学・語学研修等協議会(CIEL)正会員 一般社団法人海外留学協議会(JAOS)正会員
NAFSA Association of International Educators会員 特定非営利活動法人国際教育交流協議会(JAFSA)賛助会員
このサイトに関するお問い合わせは e-mail:webmaster@ryugaku.co.jp

TOP