オークランドでの留学生活をリアルタイムにレポート|再就職活動のまとめ③

留学ジャーナル|留学相談から滞在中のケアまで

留学のことなら、なんでも相談ダイヤル フリーコール:0120-890-987

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

再就職活動のまとめ③

July 01, 2017

皆さま、こんにちは。

今回は面接についてです。

自分は今まで、何度か就活を楽しんでくださいと

言ってきたと思います。

正直書類作成などは楽しめと言われても難しい人が多いと思います。

そこは分かります。I agree with you.です。(笑)

でも、面接は違います。

自分も面接はそれなりに緊張します。

正確には、面接の直前までは・・・ですが。

いざ、担当者と会い、話が始まると緊張感はどっか行っちゃいます。

自分が思うに、緊張している人や面接が苦手という人の

特徴は、必死な人、が多いように思います。

必死なのは分かりますが、受からなければ!!って意志が

あまりに強すぎると、それは本来あるはずの余裕を失わせます。

それは仕事にも通じるところがあり、すっげぇ忙しいときに、

気持ちに余裕を持つ余裕がない人と、ある人、

どっちがいい?と言われたら後者ですよね?

担当者はそういうところ、多分見ています。

楽観的過ぎても勿論ダメだとは思いますが、それくらいの

気持ちでちょうどいいかもしれません。

そんな感じで自分の場合は、今回の就活、面接は1社だけでしたが、

面接そのものは楽しみました。

1次面接は、面接というよりは説明会に近い形でした。

2次面接は、例の英語の面接。。。部門代表の方とでした。

どちらも特に会社の志望動機などは聞かれませんでしたが、

2次面接では、英語学習の経験とティーチング職の志望理由は

聞かれました。自分の場合はキャリアチェンジなので、まぁ

聞かれて当然と言えば当然の項目でしたね。

最終面接は、社長面接。自分の書類を見ながら、

第一声が、「ダーツのプロなんですか?」

でした。(笑)

やはりここでも志望理由等は聞かれず、ダーツの話、

持っている資格の話、英語学習の経験、

日本の英語教育について、などを話しました。

ぶっちゃけ最早雑談レベルでした。(笑)

で、結果受かった、と。(笑)

全ての面接で、始まるまではそれなりに緊張していました。

1次は特に。でも始まってしまえばただ喋るだけなので。。。

2次面接の英語の面接だけ

正直相当いっぱいいっぱいでしたが、それは面接にというよりは

英語に、というところなのでまたちょっと特殊なケースかな、と。

でも、留学して就活する人は少なからず英語の面接を

受けることがあると思うんですよね、その言語力を

活かそうとしたら。

その英語の面接の対策とかは凄く難しいと思うんですけど・・・

自分も何も対策どころか、英語で面接ってことすら知らされずに

行ったくらいなので・・・ちょっとできるアドバイスが

あまりないってのが現実なのです。(^_^;)

でも、何とかなりました!(笑)

(結局ここだけ精神論(笑))

企業によっては、凄く上から目線で、君みたいなのが

何でウチを志望したの?的に聞かれることもあると思いますし、

自分が言った意見を真っ向から否定されることもあると思います。

でも、そこは以前に言った、就活の立場は対等ということを

思い出してください。こちらは選ばれる立場ですよね?

でも選ぶ立場でもあるんですよ?どこに就職するかを。

ならば、お互いに礼儀は尽くさなければならないですよね?

楽しみつつもそういうところを冷静に見られるように

なってほしいと思います。

結局面接を1社しか受けてない自分が言うのもなんですが、

転職だからって面接に備えて特別にすることってあまりないと

思うんです。如何に書類にない本当の自分を表現できるか、

如何に相手を冷静に分析できるか。これに尽きると思います。

これはあれですね、新卒の人たちにも言えることですね。(^^)

今、CROWNの仲間たちも続々と内定をもらってます。

嬉しい限りですね~。(^^)

そんな中でまだ就活が続いてる仲間たちもいるワケです。

周りがどんどん内定をもらっていって時間が経てば経つほど

焦ると思います。気持ちは分かります。でも、だからこそ、

落ち着いて、楽しんでほしいなって思うんです。

人生就活がすべてではありません。それでも就活が

それなりに人生を決めることでもあるかもしれません。

ピンチをチャンスに変えるようなメンタリティを是非

持ってもらいたいですね。

思い出してください、留学中を。

結構多くの人が、ピンチ、あったんじゃないですか??

でも何とかなった人がほとんどじゃないですか??

ね、何とかなるんですよ!(笑)

どんなにピンチでも、最終的に留学凄く楽しかったって

いう人が大多数だと思うんです。(違ったらすいません)

就活も似たようなもんです。

焦らず、自分をしっかり持って、それで楽しむ。

世の中楽しんだもん勝ち、ですよ。(^^)

 ≪ 再就職活動のまとめ② 再就職活動のまとめ④ ≫ 

プロフィール

profile
小松原 悠史さん(31歳)
ニュージーランド語学留学奨学生。英会話を勉強し始めて5年、学生時代嫌いだった英語が、今では将来英会話を教える仕事に就きたいと思えるほど好きになりました。この度、奨学生としてですが留学するという長年の夢が実現するのを大変嬉しく思っています。日本語を忘れるくらい、英語を見て、聞いて、感じて、喋り倒してきたいと思います!

カレンダー

Crown Institute of Studiesに通う留学生ブログのページです。
留学の実現はここからスタート!短期留学や語学留学はもちろん、ワーキングホリデー、大学留学、大学院留学まで幅広くご紹介している留学ジャーナルが、皆さんの海外留学への思いをカタチに変えます。海外留学の実現は、留学ジャーナルで!

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

フリーコール:0120-890-987

留学に関するお問い合わせはお気軽にお電話にてご相談ください

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索

本社:〒160-0016 東京都新宿区信濃町34 JR信濃町ビル6階
観光庁長官登録旅行業第1695号 一般社団法人留学サービス審査機構(J-CROSS)認証事業者
一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員 一般社団法人留学・語学研修等協議会(CIEL)正会員 一般社団法人海外留学協議会(JAOS)正会員
NAFSA Association of International Educators会員 特定非営利活動法人国際教育交流協議会(JAFSA)賛助会員
このサイトに関するお問い合わせは e-mail:rj-webmaster@ryugaku.co.jp

TOP