オークランドでの留学生活をリアルタイムにレポート|留学のまとめ④

留学ジャーナル|留学相談から滞在中のケアまで

留学のことなら、なんでも相談ダイヤル フリーコール:0120-890-987

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

留学のまとめ④

July 21, 2017

皆さま、こんにちは。

今回は、ステイ方法についてちょっとお話ししましょう。

多分以前にも取り上げたことがあると思いますが・・・

ステイ方法は大きく分けて、2つ。

①ホームステイ

②自力ステイ(笑)

恐らくですが、留学生の多くはホームステイじゃないかなと

思います。ホームステイ、自力ステイそれぞれに

メリットデメリットがあります。自分はどちらも

経験したので、どちらもそれなりに分かっているつもりです。

まずホームステイのメリットは、何と言っても楽!!!

もうね、ホントに楽です。部屋は広いし、

帰ったらゴハンあるし、洗濯物も洗って乾かしておいてくれるし、

寝るだけですよ、本当に!!

そして何より、英語を話せる!!!!このアドバンテージは

大きいでしょう。ホストファミリーは、留学生の

受け入れに慣れていることが多いので、

レベルも合わせてくれます。(多分)

自分のホストファミリーは・・・うーん・・・

よく分かりませんでした。何となく普通に話していた気がします。

学校の先生の英語ってまぁ勿論クセはありますが、それでも

teachingとしての英語といいますか・・・あくまで

先生っぽい英語を話す人が多いんですけど、

ホストファミリーはあくまで現地の英語を話すので、現地の

英語に慣れるという意味では絶好の機会です!

ただ、いいことばかりでもなく・・・

大体どこもハウスルールがあるので、それが合わないと

きついかもしれません。。。自分はそんなに感じなかったのですが、

唯一きつかったのはシャワーのタイムリミット。

シャワーは22時まで(後から23時までOKと言われましたが)。

で、自分はフェリー通学で、フェリーの時間が夜は1時間に

1本、大体40分に出るんです。で、ダウンタウンから、

自分がいたNrothcote pointまでフェリーで大体15分。

フェリー乗り場から家まで10分くらい。って考えると、

21時40分のフェリーではダメなのです・・・。

となると、20時40分のフェリーで帰らないとなんです。

これが何を意味するかというと・・・

ぜんっぜん遊べない!!!!!!

もっとね、遅くまで遊んでいたいわけですよ。

夜はこれから~って感じの時に帰らなきゃいけないのは

本当につらかったです。。。(´・ω・`)ショボーン

ホントに遅くまで遊びたいときは、まず家に帰って

シャワーを浴びてから遊びに行くとか、Uberでぎりぎりまで

粘るとか・・・そんな感じでした。(笑)

まぁハウスの場所は運になっちゃいますけどね・・・。

とりあえず総評として自分は、とてもホストファミリーに恵まれて、

上の件以外は特に不自由なく暮らしていました。

ファミリーも大人な自分に対して、過干渉にならず、

割と自由に色々とさせてくれました。それでいて、

こちらが助けてほしいときは助けてくれて、ホントに

いいファミリーだったなって思います!

IMG_0001.JPG

因みに、自分の部屋はこんな感じでした。写真で伝わるか

微妙ですが、メッチャ広いです!!天井が高すぎてビビりました。

でも、ちょ~~っと暗いです。(^_^;)

何度か夜な夜なドアを開けて、ペットの猫が一緒に寝ている、

なんてこともありました。(^^)

あーそういえば因みにNorthcote pointという場所は、

ネットの環境が悪いかもです・・・。

自分はブログを更新するのに結構苦労しました。(^_^;)

一応、参考までに。。。

で、次に自力ステイですね。

これはこれでとても楽しかったです!!

NZはフラットと呼ばれるシェアハウスが主で、

フラットメイトと呼ばれる同居人と、バスやキッチンを

シェアします。部屋探しはネットでフラットメイト募集、

みたいなのがいっぱいあるので、そこで探して、

連絡して、内見いって・・・みたいな流れですね。

フラット生活の一番いいところは何と言っても、

時間に縛られないところ、でしょう。いつ帰ってもいい!!

これに尽きます。朝帰っても何も言われません!!

自分のフラットは学校から徒歩5分で、

バスもキッチンもいつでも好きな時に好きなだけ使っていいよ

っていうスタンスだったので、とても助かりました!

あと、ネットが光でNZではかなりレアらしく、メッチャ

サクサクでした~!動画も全然カクカクしないの!!!(^^)

フラット生活のデメリットはやはり自炊でしょう。。。

掃除、洗濯、炊事、全て自分でやらなければなりません。。。

それが嫌な人は、ちょっときついかも。。。

あと、フラットメイトがどんな人かによっても大きく

生活が変わるかもです。自分は、日本人とカナダ人の

オーナー夫妻と、日本人のフラットメイト計4人で住んでいました。

とてもいい環境だったのですが・・・

あんまり英語使わないんですよね、家の中で。

それはちょっと失敗したなぁと思いました。

他の友達を見てても、もっといろんな国の人がいるところに

住めばよかったって後から思いました。

IMG_5469.JPG

因みに部屋はこんな感じ!

IMG_5471.JPG

部屋の中にウォークインクローゼットがありました!

ダブルベッドでテレビがあって、ウォークインクローゼットがある、

なかなかいい部屋だったなと思います。

家賃は、毎週1週間分支払う形でした。この辺は

フラットによって契約内容が変わってくると思います。

ボンドも1週間分でしたが、多いところでは4週間分とかも

ありました。

なので、フラット探しは、自分に合っているところを

如何に見つけられるか、が重要かなって思います!

日本でいえば、ホームステイは実家、フラットは

一人暮らし、みたいな感じです。

ホームステイはホストファミリーとの相性もあり、

弱音を吐いてるヤツらも正直結構いました。被害妄想が

強いヤツと根性ないヤツほど文句を言っていた印象がありますが、

国が違えば文化も違うんです。郷に入っては郷に従えと

いうように、その程度の変化も予想していなかったのは、

完全にそいつが悪いと自分は思います。

自分に合ったスタイルがどんなものか?

その辺は、留学前によく考えて決めてほしいなって思います!

次回は、CROWNについて話しますか!

もうさんざん話してきていますが・・・(^_^;)

 ≪ 留学のまとめ③ 留学のまとめ⑤ ≫ 

プロフィール

profile
小松原 悠史さん(31歳)
ニュージーランド語学留学奨学生。英会話を勉強し始めて5年、学生時代嫌いだった英語が、今では将来英会話を教える仕事に就きたいと思えるほど好きになりました。この度、奨学生としてですが留学するという長年の夢が実現するのを大変嬉しく思っています。日本語を忘れるくらい、英語を見て、聞いて、感じて、喋り倒してきたいと思います!

カレンダー

Crown Institute of Studiesに通う留学生ブログのページです。
留学の実現はここからスタート!短期留学や語学留学はもちろん、ワーキングホリデー、大学留学、大学院留学まで幅広くご紹介している留学ジャーナルが、皆さんの海外留学への思いをカタチに変えます。海外留学の実現は、留学ジャーナルで!

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

フリーコール:0120-890-987

留学に関するお問い合わせはお気軽にお電話にてご相談ください

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索

本社:〒160-0016 東京都新宿区信濃町34 JR信濃町ビル6階
観光庁長官登録旅行業第1695号 一般社団法人留学サービス審査機構(J-CROSS)認証事業者
一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員 一般社団法人留学・語学研修等協議会(CIEL)正会員 一般社団法人海外留学協議会(JAOS)正会員
NAFSA Association of International Educators会員 特定非営利活動法人国際教育交流協議会(JAFSA)賛助会員
このサイトに関するお問い合わせは e-mail:rj-webmaster@ryugaku.co.jp

TOP