ELSアデルファイ大学マンハッタンセンター留学生による語学留学ブログ|The art of New York -part 2-

留学ジャーナル|留学相談から滞在中のケアまで

留学のことなら、なんでも相談ダイヤル フリーコール:0120-890-987

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

The art of New York -part 2-

April 19, 2009

NO ART. NO LIFE.
ARTが身近に感じられる街New York.

そんなNew Yorkのアートシーンを
独断と偏見により、勝手に紹介する
このコーナーがやって参りました。


画像多めなので、もにょもにょ言わず
手早く進んで行こうと思います!


ARTにご興味のある方(ない方にも…!)に
ギャラリーに行っている気分になって頂ければ幸いです♪

気になったアーティストがいたら、ぜひぜひググってみて下さいね。
(全員がHPを持っている訳では、ないと思うのですが。。)


さてさて、前回に引き続きやってきたのは

GEORGE BILLS GALLERY
511W. 25St. GROUND FLOOR. NY


ここでは、スペースが細かく区切られていて
色んなアーティストの作品が並べられておりました。

まず見たのは、 JORGR SANTOSさんの作品

0409CG%E5%B7%A1%E3%82%8A6%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%AB1.jpg
↑こんなシュールな光景を
 ものすごいリアルな筆致で描かれていました。

0409CG%E5%B7%A1%E3%82%8A6%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%AB2.jpg
↑嬉しそうなおじちゃんの顔が、背後からでも伺えます。

 こういう、シュールでユニークな感じの、好きです。笑


他にも SUSAN JANE BELTONさんの

0409CG%E5%B7%A1%E3%82%8A6%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97.jpg
↑こんな可愛いカップのペインティングも。
 小さめキャンバスに描かれて、並べてかけられてる光景が可愛い。


ここのギャラリーで1番気に入ったのが

JAMES A. WILLISさんの作品達。

0409CG%E5%B7%A1%E3%82%8A6NY%E9%A2%A8%E6%99%AF%E5%A4%A7.jpg
↑Manhattanの日常的な風景がドラマチックに描かれていて
 タッチは荒いけれども、そこがまた味になっていてすごく良い!


0409CG%E5%B7%A1%E3%82%8A6NY%E9%A2%A8%E6%99%AF%E5%85%A8%E4%BD%93.jpg
↑小さめキャンバスに描かれた、このシリーズ。

0409CG%E5%B7%A1%E3%82%8A6NY%E9%A2%A8%E6%99%AF1.jpg
↑Manhattanに住んでいる人なら、ああ…分かる分かる!という風景。

0409CG%E5%B7%A1%E3%82%8A6NY%E9%A2%A8%E6%99%AF2.jpg
↑Manhattanの、NYの、アメリカの、空気が込められている感じ。

0409CG%E5%B7%A1%E3%82%8A6NY%E9%A2%A8%E6%99%AF3.jpg
↑NYに住んで、NYを愛している人でないと
 切り取れない、描けない風景画だと思います。


続いて向かったのは、

LOHIN・GEDULD・GALLERY
531W 25St NY


こちらでは、Anne Neelyさんの個展が開催されていました。

0409CG%E5%B7%A1%E3%82%8A7%E9%A2%A8%E6%99%AF%E7%94%BB%E7%9A%84.jpg
↑こちら作品。抽象画の様な、風景画の様な、幻想的なペインティング。
 爽やかでカラフルな色使いが、魅力的。


ちなみに、ここで、思わぬギャラリースタッフに遭遇…!!


0409CG%E5%B7%A1%E3%82%8A7%E3%82%AE%E3%83%A3%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%83%BC%E7%8C%ABup.jpg
↑Ta-da!(アメリカでは、ジャジャーンの事を、
 Ta-da!(タラー)と言うのです…ちょっと変だな…と、思うのは私だけ??)

 そう。こちら、猫ちゃんさん。ギャラリーのスタッフさんの…ハズ。

0409CG%E5%B7%A1%E3%82%8A7%E3%82%AE%E3%83%A3%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%81%A8%E7%8C%AB.jpg
↑メインの作品の真ん前に陣取って、作品を眺めてらっしゃいました。
 少々太ってらっしゃる気もしますが、さすがの風格というところでしょうか。

0409CG%E5%B7%A1%E3%82%8A7%E3%82%AE%E3%83%A3%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%83%BC%E7%8C%AB2.jpg
↑ちゃんと、見送りもなさってくださいました。
 ありがとうございます、猫ちゃんさん!

 また行きたいな…   猫ちゃんさんに会いに。。。


そして、次に向かったのは

SLAG GALLERY
531West 25St, Ground 10. NY


割と広めのギャラリー内に、
2人のアーティストがエキシビジョンを行っていたのですが

私が気になったのはGHEORGHE FIKLさんの作品達。


0409CG%E5%B7%A1%E3%82%8A8%E7%BE%8A%E9%81%941.jpg
↑無数の羊さん達を、豪快な筆致で、巨大なキャンバスに描いておりました。

0409CG%E5%B7%A1%E3%82%8A8%E7%BE%8A%E9%81%942.jpg
↑こちらは、牛さん。 実物を見ると、ものすごい迫力。

0409CG%E5%B7%A1%E3%82%8A8%E7%BE%8A%E9%81%943.jpg
↑こんなシュールな作品も。。笑


0409CG%E5%B7%A1%E3%82%8A8%E7%BE%8A%E9%81%944.jpg
↑細部までちまちまと描写している訳ではないのに、
 このリアリティ。この迫力。 
 ものすごいデッサンが出来る人なんだろうなぁ…と、思います。う…羨ましい!!

0409CG%E5%B7%A1%E3%82%8A8%E7%BE%8A%E9%81%944%E3%81%AE%E3%81%82%E3%82%8B%E9%A2%A8%E6%99%AF.jpg
↑ちなみに、奥のオフィスに溶け込んで掛けてありました。良いなぁ…


そんなこんなで、体力の限界まで、我々はギャラリーを巡ります。


次は、

CLAMP ART
521-531 25th St. Ground Floor. NY


あまり、写真作品でぐぐっと来るものは少ないのですが(同業者だから??)
ここで展示をしていた方のは、久々にヒット!でした。

BLAKE FITCHさんの作品。

0409CG%E5%B7%A1%E3%82%8A9%E6%80%9D%E6%98%A5%E6%9C%9F%E5%86%99%E7%9C%9F1.jpg
↑Exhibitionのタイトル「Expectations of Adolescence」の通り
 思春期の女の子たちが被写体。 
 ストーリーを感じさせる写真が展開されていました。

0409CG%E5%B7%A1%E3%82%8A9%E6%80%9D%E6%98%A5%E6%9C%9F%E5%86%99%E7%9C%9F2.jpg
↑この雰囲気、この色、この構図!!
 人の表情に頼らずに、この独特の雰囲気を醸し出している所に
 カメラマンの力を感じます。 素敵です。


異色の韓国系GALLERYにも行ってみました。

Arario New York
521W 25St, 2nd Fl, NY


こちらで気になったのは、HYUNG KOO KANGさんという方の作品。

0409CG%E5%B7%A1%E3%82%8A10%E9%9F%93%E5%9B%BD%E4%BA%BA%E4%BD%9C
↑巨大なキャンバスに、人物をものすごい細密描写で描ききっております。

0409CG%E5%B7%A1%E3%82%8A10%E9%9F%93%E5%9B%BD%E4%BA%BA%E4%BD%9C%E5%AE%B63up1.jpg
↑ポップアートの巨匠、ウォーホルさんも、こんなにカラフルに。

0409CG%E5%B7%A1%E3%82%8A10%E9%9F%93%E5%9B%BD%E4%BA%BA%E4%BD%9C%E5%AE%B63up2.jpg
↑巨大なキャンバスに、こんなにびっしりと描写されております…!!!
 一体、どの位の時間をかけているのでしょうか。 すごすぎます。

0409CG%E5%B7%A1%E3%82%8A10%E9%9F%93%E5%9B%BD%E4%BA%BA%E4%BD%9C%E5%AE%B61.jpg
↑こんなユニークな画法の作品も。

 ステンレス版の上に、ペイントした上
 スクラッチして、下地の銀をラインとして出しております。(多分)


彼の個展が、近々このギャラリーであるそうなので
ぜひぜひ、見に行かなくては!


ちなみに、作者が分からなかったのですが
こんな可愛い作品も発見しましたよ。

0409CG%E5%B7%A1%E3%82%8A10%E9%9F%93%E5%9B%BD%E4%BA%BA%E4%BD%9C%E5%AE%B64%E9%AA%B8.jpg
↑ドナルドさんの甥っ子さん達、ヒューイ、デューイ、ルーイ。
 ダックファミリーが、無惨な姿に…


そろそろ、見るのも疲れて来たかと思われますが
まだまだ行きます。

次は

ZIEHERSMITH
533West 25th St. NY


広めでこ綺麗なこちらで開催されていたのは
Liz Markusさんのexhibition。

0409CG%E5%B7%A1%E3%82%8A11%E6%B0%B4%E5%BD%A91.jpg
↑柔らで伸びやかな線と
 水彩ならではの、色のにじみ、混ざり具合がとても好きです。


0409CG%E5%B7%A1%E3%82%8A11%E6%B0%B4%E5%BD%A92.jpg
↑この3連作品が、特にお気に入り。

0409CG%E5%B7%A1%E3%82%8A11%E6%B0%B4%E5%BD%A92up.jpg
↑このオレンジ!!! この色! このにじみ!! 
 すごい良い… 
 さらっと書いた風でいて、こういう水彩画って難しいんですよね。。


お次は、

STEFAN STUX GALLERY
530West 25th Street. NY


ここで見つけたのは、Barnaby Whitfieldさんの作品。

0409CG%E5%B7%A1%E3%82%8A12%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF1.jpg
↑うーん、これはどこかで… と思いませんか?(私も思い出せないのだけど)
 どうやら、何かメジャーなモチーフをブラックにパロディーしている様。

0409CG%E5%B7%A1%E3%82%8A12%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF2.jpg
↑うーん、ブラック。。。笑

 でも、すごい綺麗な色遣いだったりする部分もあるんですよね。。
 アメリカン!な、コテコテ塗りも、個人的にはちょっとツボです。


今回、ペインティング中心で
あまりインスタレーションや立体作品は少なかったのですが

上記の展示と、同じギャラリーで開催されていたのが
PENNY HES YASSOURさんの作品。

0409CG%E5%B7%A1%E3%82%8A13%E7%AB%8B%E4%BD%93%E7%B8%A6.jpg
↑ラバーを加工して、不思議な世界観を作り出していました。
 このアイディア、面白い!


ここまで、お付き合い下さったみなさまお疲れ様でした。

本日最後にご紹介するのは
こちらの作品。(ごめんなさい、ギャラリー名控えるの、忘れました)

0409CG%E5%B7%A1%E3%82%8A14%E5%8F%AF%E6%84%9B%E3%81%84%E9%A2%A8%E6%99%AF%E7%94%BB1.jpg
↑可愛らしい風景画。Fabienne Delacroixさんの作品。

0409CG%E5%B7%A1%E3%82%8A14%E5%8F%AF%E6%84%9B%E3%81%84%E9%A2%A8%E6%99%AF%E7%94%BB2.jpg
↑色遣いも、モチーフの選び方も、とても統一されていて可愛い。


同じギャラリーに飾られていた、
Michael Delacroixさんの作品も素敵でした。
(っていうか、同じDelacroix!!作風も似てるし、まさか、親子とか兄弟…?)

0409CG%E5%B7%A1%E3%82%8A14%E5%8F%AF%E6%84%9B%E3%81%84%E9%A2%A8%E6%99%AF%E7%94%BB3.jpg
↑こちらはモチーフもトーンも、全体的に少しシックな雰囲気。

0409CG%E5%B7%A1%E3%82%8A14%E5%8F%AF%E6%84%9B%E3%81%84%E9%A2%A8%E6%99%AF%E7%94%BB4.jpg
↑近くで見ると、こまかーい所まで書き込んであって、可愛いのです。


こんな風にして、まだまだ(もう良いって?)まだまだ!(押し切ります)
我々の、ギャラリー旅は続きます。


0409CG%E5%B7%A1%E3%82%8A14%E7%89%9B.jpg
↑前述のギャラリーで見つけた、牛さんのペインティング。
 色がほんわりしていて、気に入ったのでピックアップ。


→→→ -part 3- へと続きます。

 ≪ APOLLO THEATER -AMATEUR NIGHT- The art of New York -part 3- ≫ 

プロフィール

profile
村中 享子さん
多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業、日本写真芸術専門学校卒業、画像処理職、デザイン職の経験を経て、アーティストへの道を決意。かねてからの夢であったNY留学を切っ掛けに、国際的に活躍する為の語学習得&現地での様々な刺激を受け、作品制作を通し自分にしか作れない作風の確立が、最終目標。学校での生活以外にも、NYのアートシーンなど色々な事を伝えていく予定。自身のHP http://junk-xxx.main.jp/でも作品を紹介。

※2008年7月~2009年7月ブログ担当

カレンダー

ELSアデルファイ大学マンハッタンセンターに通う留学生ブログのページです。
留学の実現はここからスタート!短期留学や語学留学はもちろん、ワーキングホリデー、大学留学、大学院留学まで幅広くご紹介している留学ジャーナルが、皆さんの海外留学への思いをカタチに変えます。海外留学の実現は、留学ジャーナルで!

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

フリーコール:0120-890-987

留学に関するお問い合わせはお気軽にお電話にてご相談ください

サイト内検索

本社:〒160-0016 東京都新宿区信濃町34 JR信濃町ビル6階
観光庁長官登録旅行業第1695号 一般社団法人留学サービス審査機構(J-CROSS)認証事業者
一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員 一般社団法人留学・語学研修等協議会(CIEL)正会員 一般社団法人海外留学協議会(JAOS)正会員
NAFSA Association of International Educators会員 特定非営利活動法人国際教育交流協議会(JAFSA)賛助会員
このサイトに関するお問い合わせは e-mail:webmaster@ryugaku.co.jp

TOP