イギリスのワーキングホリデー

留学ジャーナル|留学相談から滞在中のケアまで

留学のことなら、なんでも相談ダイヤル フリーコール:0120-890-987

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

ワーキングホリデー

イギリスでワーキングホリデー

イギリスのワーキングホリデーは「Youth Mobility Scheme」と呼ばれ、2001年からスタート。最長2年間、就労期間にも就学期間にも制限がないなど自由度が高いが、発給数1000名のみ。非常に競争率が高い。

  • カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから 無料留学相談
  • 資料のご請求はこちら ご希望の資料を無料でお届けします

イギリスでワーキングホリデー。どこからスタートする?

ワーキングホリデーで渡った人の多くがロンドンを拠点としている。ロンドン以外は英語力がないと仕事をみつけるのが難しいのも事実。しかしイギリスのワーキングホリデーは最長2年間の滞在が可能。1年めは地方都市でしっかり英語力を身に着けるのも良い。

ロンドン

ワーキングホリデーはここからスタートする人がほとんど

ケンブリッジ

学園都市で、まずはじっくり英語習得

マンチェスター

イギリス北部の大都市。サッカーファンに人気

ブライトン

南部のリゾート地。ヨーロッパの学生が多い

ワーキングホリデーで滞在。人気都市ベスト3

【1】ロンドン

世界有数の大都市。政治、経済、文化の中心、歴史と現代が調和する魅力的な街。訪れる人を魅了してやまない。都市としての魅力もさることながら、生活の便利さ、仕事の探しやすさからロンドンを選ぶ人は多い。

【2】ケンブリッジ

オックスフォードと並ぶ歴史ある学園都市。学生が多く、アカデミックな雰囲気は、落ち着いて英語を学ぶのにピッタリな環境。ワーホリで滞在できる期間を有意義に使い、語学習得はこんな街からスタートするのもおすすめ。

【3】ブライトン

海沿いのリゾート地。ロンドンからも電車で1時間半程度。学生が多く、リベラルでアーティスティック、ロンドンとは一味違う雰囲気だ。日本人は少なく留学生もヨーロッパ人が多い。そのため、仕事に就くには英語力が不可欠。


ワーキングホリデーでイギリスを旅する!

国土がさほど広くないことから、一つの街を拠点に、あちこちに旅行する形が一般的。歴史的な見どころも多く、電車、コーチと呼ばれるバスの路線も充実、B&Bと呼ばれる民宿も多く、旅行しやすい環境が整っている。

留学中に訪れたい人気スポット3

1 コッツウォルズ

イングランド中央部に広がる丘陵地帯に美しい村が点在。絵本の世界のような古いイングランドの田園風景が広がる。ロンドンからも遠くはないが交通の便はあまりよくない。ただ、ツアーではなく自分の足で訪ねたいところ。

2 湖水地方

イングランド北西部に位置する湖水地方は、大小さまざまな湖と山々が美しい景観を織りなすイギリス最大の国立公園。ピーターラビットの生まれ故郷として知られている。フットパスと呼ばれる歩行者専用の道を歩いてみたい。


3 エディンバラ

スコットランドの首都。石畳とレンガ作りの建物が、中世の雰囲気を残す歴史ある古都。町の中心の岩山からエジンバラ城が街を見下ろすように聳える。夏に行われる芸術の祭典、エディンバラ国際フェスティバルは世界的に有名。

イギリスで暮らす!

滞在費の目安(ロンドンの場合)
ホームステイ
(個室・食事つき)
週£280~
フラットシェア
(個室)
週£100~
ベッドシット
(個室・水回り共同)
週£120~
ステューディオ
(個室・水回り独立)
週£180~

最初はホームステイからスタート、あとからフラットシェアのケースが多い。その他、日本のワンルームにあたるベッドシット、ステューディオ(studio・水回り独立)など。特にロンドンは家賃の高さが突出している。中心部から離れた2Zone以上で探したい。


参加するには?

ワーキングホリデービザ発給条件(日本国籍を有する者に限る)

1.対象年齢
申請時に18~30歳
2.滞在できる期間
最長2年間
3.学校に通える期間
制限なし
4.就労できる期間
最長2年間フルタイムでの就労が可能
5.申請料
必要
6.条件
  • 扶養する子どもがいない
  • 公的資金に頼らない
  • 資金:£1,800以上
7.必要書類
2014年の場合、1/6~1/8の間にEメールで申請。受付期間終了後、ランダム抽選で選ばれた申請者には1/15までに「申請可能通知」「予約方法の詳細」「申請に必要な書類」に関するメールが送られる
8.定員・受付時期
(2014年の場合)
1,000名
9.問い合わせ先・申請先
英国ビザ申請センター

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

フリーコール:0120-890-987

留学に関するお問い合わせはお気軽にお電話にてご相談ください

サイト内検索

本社:〒160-0016 東京都新宿区信濃町34 JR信濃町ビル6階
観光庁長官登録旅行業第1695号 一般社団法人留学サービス審査機構(J-CROSS)認証事業者
一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員 一般社団法人留学・語学研修等協議会(CIEL)正会員 一般社団法人海外留学協議会(JAOS)正会員
NAFSA Association of International Educators会員 特定非営利活動法人国際教育交流協議会(JAFSA)賛助会員
このサイトに関するお問い合わせは e-mail:webmaster@ryugaku.co.jp

TOP