オークランドでの留学生活をリアルタイムにレポート|Crownのクラス分けの決め手とは

留学ジャーナル|留学相談から滞在中のケアまで

留学のことなら、なんでも相談ダイヤル フリーコール:0120-890-987

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

Crownのクラス分けの決め手とは

December 29, 2016

皆さま、こんにちは。

今年も残すところあと・・・

あと3日?くらいになりましたね~。

ワタクシ、ぶっちゃけ全然年末感ないです。(笑)

こんなヒマな年末は初めてかもしれない・・・。(^_^;)

今になって実はフラット選びをミスったと思っています。

というのも・・・快適な部屋も大事なんですが・・・

もっとexposureを重要視すればよかったな、と。。。

今のフラットは、オーナー夫妻と日本人の女のコが一人なんですが、

もうね、まったくと言っていいほど会話がないんですよ。。。

それぞれ部屋に閉じこもっている感じで。

もっと環境が悪くても、外国人がいっぱいいるような

フラットにして、そこで友達作ればよかったと今になって

激しく後悔。。。

TESOLコースでそこまで頭が回らなかった・・・当時は。

まぁ今更仕方ないので、ちょいちょい外に出たり、

Netflix見たりして最低限inputはしてますよ。。。

さて・・・、TESOLコースに行く前、自分が

レベル5Hから6に上がったと言いましたが、

来月からまたレベル6に戻ります。

相変わらず何でオレがレベル6なのか分かりませんでした。

というのも・・・

実は今月頭にCAMBRIDGEコースに行くためのPre-testを

受けたのですが・・・自分、それに落ちたんですよ。。。

つまり、そのコースを受ける資格が得られなかったワケです。

で、6人受けて落ちたのは自分ともう一人だけだったんですけど、

その中で、来月からレベル6に行くのは、自分ともう一人だけ

なんですよね。

おかしいと思いません?Pre-testに落ちたオレがレベル6で、

受かった4人のうち3人がレベル5Hっていうのは?

オレからしてみたらすごくアンフェアで居心地が悪いんですよね。

逆にオレが受かった側で、落ちた側がレベル6に行って

自分が行けなかったら多分何でか聞いてると思うし。。。

結局、そんなよくわからない状況では自分としても

納得できないし、ほかの人も言わないだけで、納得してない

人もいると思ったので、教務主任的な先生に聞いたんです。

まず、

何故オレがレベル6なのか?

→何人かの先生がオレはレベル6だと言ったらしい。

それを聞いて、Mattも同じ意見なのか?

→Kind of agree と言われる。(笑)

→Matt曰く、オレはcommunicative skillがいいから。とか。

でも、CAMBRIDEをfailのオレが6でpassの友達が5Hってのは

アンウェアじゃない??

→彼らはペーパーテストは素晴らしいけど、

 communicativeなスキルはまだオレのほうが上らしい。

的な問答でオレはレベル6になったらしいっす。。。(^_^;)

だったらね!本当はね、午前と午後のクラスを別々に

するべきなんですよ。

午後はレベル6でもオレいいと思ってますよ、ぶっちゃけ。

午後は会話クラスだから。でも、午前は文法やリーディングのクラス。

一緒にTESOLを受けていたDr.GrammarのSatoshiには、

Yushiさんは文法ができなさすぎなんですよ!

単語力も全然ないですし。。。とよく言われます。(^_^;)

オレもそう思う。(因みに彼は本当に文法がよくできて、

単語もめちゃくちゃ知ってるんです!!)

だから、オレは午前のクラスはぶっちゃけ

レベル4くらいがちょうどいいと思う。単語レベルもそう。

レベル4の友達いっぱいいるけど、彼女たちが使う単語や

表現でオレわからないことちょいちょいあるし・・・。

だから、午前レベル4、午後レベル6みたいな感じで、

クラス編成をしてくれれば本当に何の問題もないんですよね。。。

結局、文法力やリーディング力より、スピーキング力が

重視されちゃって、先生たちは生徒の本当の英語力を

把握しきれていなかったりするんですよ。

で、それの責任者が全然現場でのオレの英語を知らない人

だったりするわけですよ。今回はMattだったから受け入れましたが。

(Mattは多分Crownの先生たちで一番オレの英語力を知っているから)

これ、AEONでも言えるんですよねぇ。。。

結局ね、そのコミュニケーションスキルが優遇されるなら、

毎週やるテストいらないと思うし、何の意味があるの?

って思っちゃいません??

最終的にクラスを下におろしてくれってお願いしたら

ダメーって言われたんですけど・・・(笑)

レベル6のクラスメイトには本当にすごく迷惑をかけるだろうなと

思います。。。

なので、今のうちに謝っておきます。(笑)

ごめんなさい。m(__)m

これからCrownに来ようと思っている方は、

会話力を磨いておけば上のクラスに入れますよ、きっと♪(^^)

 ≪ 終わるVery Merry Christmas 年末のご挨拶 ≫ 

プロフィール

profile
小松原 悠史さん(31歳)
ニュージーランド語学留学奨学生。英会話を勉強し始めて5年、学生時代嫌いだった英語が、今では将来英会話を教える仕事に就きたいと思えるほど好きになりました。この度、奨学生としてですが留学するという長年の夢が実現するのを大変嬉しく思っています。日本語を忘れるくらい、英語を見て、聞いて、感じて、喋り倒してきたいと思います!

カレンダー

Crown Institute of Studiesに通う留学生ブログのページです。
留学の実現はここからスタート!短期留学や語学留学はもちろん、ワーキングホリデー、大学留学、大学院留学まで幅広くご紹介している留学ジャーナルが、皆さんの海外留学への思いをカタチに変えます。海外留学の実現は、留学ジャーナルで!

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

フリーコール:0120-890-987

留学に関するお問い合わせはお気軽にお電話にてご相談ください

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索

本社:〒160-0016 東京都新宿区信濃町34 JR信濃町ビル6階
観光庁長官登録旅行業第1695号 一般社団法人留学サービス審査機構(J-CROSS)認証事業者
一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員 一般社団法人留学・語学研修等協議会(CIEL)正会員 一般社団法人海外留学協議会(JAOS)正会員
NAFSA Association of International Educators会員 特定非営利活動法人国際教育交流協議会(JAFSA)賛助会員
このサイトに関するお問い合わせは e-mail:rj-webmaster@ryugaku.co.jp

TOP