オークランドでの留学生活をリアルタイムにレポート|再就職活動のまとめ①

留学ジャーナル|留学相談から滞在中のケアまで

留学のことなら、なんでも相談ダイヤル フリーコール:0120-890-987

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

再就職活動のまとめ①

June 26, 2017

皆さま、こんにちは。

今回から数回(もかかるか分からないけど)にわたって、

再就職活動のまとめをしていきたいと思います。

今までアップしてきた内容と被る内容も多々あるかもですが、

ご了承ください。

あと、再就職活動をする人の立場っていうのは色々とあると思います。

あくまで自分の経験からの話なので、すべての人に対して

フォローできているわけではありません。ので、まぁ、

一例として・・・という感じで見ていただければと思います。

まず、自分の場合は、プログラマからティーチング職への

キャリアチェンジでした。

なので最初(の1ヵ月くらい?)は軽く?求人を探しながら

業界を知ることから始めました。

自分が知っている英会話業界はAEONしかなかったので、

AEONも勿論参考にしながら英語のティーチング職という形で

色々な形態の仕事を調べました。

応募条件を見ながら一番思ったことは、

英語関係のティーチング職希望の場合、応募条件は大体が

TOEIC800以上(相当)という英語力の目安。

これが自分にとっては一番大きな障害でした。

因みに以前載せましたが、自分のTOEICスコアは715です。

なので、自分が応募できる条件で求人を探さなきゃ

いけなかったんですねぇ。ここでかなり選択肢が狭まりました。

何故なら、求人に応募するときは、こちらの条件より先に、

相手の条件を満たさないと資格が得られないからです。

たまにあるTOEIC700以上みたいな求人を見つけ、

それに応募・・・みたいな大枠が出来上がっていましたが、

そのあと大事なのがやはり給料でしょう。

この業界、平均年収がどれくらいなのかはまだよくわかりませんが、

大体300万台なような気がします。

年齢的に最低でも400くらいは欲しいかな~と思いながら

探すのですが、よくても大体350~ってところが殆ど。

因みに自分の場合、月給23~とか言われてもピンときません。(笑)

前職が年俸制だったので、年収表記がありがたいです。(笑)

因みに、年収が同じなら、ボーナスはない方がお得ですよ☆(^^)

引かれる税金が変わってきたと思います。

なので、それを考えても年収表記の方がいいかなって思っちゃいます。

その次に考慮したのが残業代と休日です。

特に月給表記のところは残業代があるかどうかがかなり重要。

年俸制は残業代が出てもでなくても、最低ラインがわかるので

あんまり気にならないんですよね。

で、気づいたのは、残業代支給の会社はあまりない!ってこと。

支給と書いてあってもネットで調べると、2万円固定とか・・・

2万円の残業代って意味あります??(^_^;)

ないよりマシですが・・・勿論。。。何かナメられてると

思いますよね。。。(笑)

最近はネットで会社の情報とかも見られるので、

社員、元社員の口コミなどをかなり参考にして選びました。

休日、というか有休のとりやすさなどはこういうところを

参考にできます。実際、ティーチング職というのは

サービス業なので、自分が今までいた開発職と違い、

有休はとりづらいだろうなぁという印象がありますし。

そんな中でもなるべく取りやすいところがいいですよね。

で、ここまでくるとかなり絞られます。

むしろ、あんまりありません!!(笑)

上記の中で自分が最初に妥協したのは年収でした。

300万台を受け入れよう、って。(^_^;)

でもその場合は残業代必須っていう条件付きで探しましたね。

というわけで、ポイントは

・職種(大前提)

・英語力(自分のレベルで入れるか?)

・給与(年収、残業代など)

・休日や福利厚生など

という感じでした。

その結果、応募した会社はなんとたった4社でした。

応募した・・・応募できた・・・かな??

これでもどこか妥協した・・・というところが多いです。

英語力で応募できる企業がだいぶ限られちゃったので、

まぁ仕方ないですね、これは。。。

・・・もっと英語勉強しとけよって話です。(´・ω・`)ショボーン

でも?、だから?、

現実は残酷で、TOEIC700以上って書いてある求人に

TOEIC700の人が本当に応募して受かる確率はそんなに

高くないんじゃないか?っていうのが自分が感じたことでした。

まぁ勿論自分の場合はもう一つキャリアチェンジっていう

大きな障害があったので何とも分かりませんが。

英語力もそうですが、何が一番大変だったかというと、

それはやはり書類作成です!

もう何度も書いているので、このブログを読んでくれている

方々ならご存知だとは思いますが・・・。(^_^;)

 ≪ 就活終了のご報告 再就職活動のまとめ② ≫ 

プロフィール

profile
小松原 悠史さん(31歳)
ニュージーランド語学留学奨学生。英会話を勉強し始めて5年、学生時代嫌いだった英語が、今では将来英会話を教える仕事に就きたいと思えるほど好きになりました。この度、奨学生としてですが留学するという長年の夢が実現するのを大変嬉しく思っています。日本語を忘れるくらい、英語を見て、聞いて、感じて、喋り倒してきたいと思います!

カレンダー

Crown Institute of Studiesに通う留学生ブログのページです。
留学の実現はここからスタート!短期留学や語学留学はもちろん、ワーキングホリデー、大学留学、大学院留学まで幅広くご紹介している留学ジャーナルが、皆さんの海外留学への思いをカタチに変えます。海外留学の実現は、留学ジャーナルで!

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

フリーコール:0120-890-987

留学に関するお問い合わせはお気軽にお電話にてご相談ください

サイト内検索

本社:〒160-0016 東京都新宿区信濃町34 JR信濃町ビル6階
観光庁長官登録旅行業第1695号 一般社団法人留学サービス審査機構(J-CROSS)認証事業者
一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員 一般社団法人留学・語学研修等協議会(CIEL)正会員 一般社団法人海外留学協議会(JAOS)正会員
NAFSA Association of International Educators会員 特定非営利活動法人国際教育交流協議会(JAFSA)賛助会員
このサイトに関するお問い合わせは e-mail:rj-webmaster@ryugaku.co.jp

TOP