オークランドでの留学生活をリアルタイムにレポート|Waitaingi Day

留学ジャーナル|留学相談から滞在中のケアまで

留学のことなら、なんでも相談ダイヤル フリーコール:0120-890-987

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

Waitaingi Day

February 07, 2017

皆さま、こんにちは。

昨日はWaitangi Dayだという話は以前にちょこっとだけしましたね。

では、このWaitangi Dayとは何なのかをちょっとお話したいと

思います。

が、授業でかじった知識なので、ちゃんとわかっているかは

分かりません。。。

Waitangi Dayとはワイタンギ条約が結ばれた日だそうです。

Treaty of Waitangiとかいうみたいで、Treatyとはまぁ

agreementみたいなもんです。

で・・・イギリスからの部隊?がNZに派遣されてきて、

条約締結を迫ったのですが・・・

マオリ側に恐らく2月6日に条約の内容を発表する、みたいな

ことが伝わっていたのでしょうね。

なのに、前日になっても実は条約が全く

決まっていなかったらしいです。

前日に徹夜で条約を考えて発表。。。

それも条約っぽい条約ではなく、たった3つのアーティクルから

なる簡単なものだったそうです。

ただ、英語からマオリ語への翻訳に問題があったみたいです。

言語が違うと、同じ表現が存在しなかったりしますよね?

そういう問題で、違う言葉に変えて翻訳した結果、

マオリ側の誤解?を生み、激しい争いに発展したそうです。

マオリ側の権利?を訴える争いは今日もなお続いているのだとか。

というワケで、現在この日はNZでHolidayとなっていますが、

果たして祝うべき日なのか、忌むべき日なのか・・・

色々と意見がありそうですね!

という感じで、簡単なWaitangi Day講座でした~!

あ!そうそう、New Studentが明日からウチのクラスに来ます!

German Girlだとか!!メッチャ楽しみ☆(^^)

 ≪ Coxs Bay 社会科見学④と復活?のStudent Night!! 2/8 ≫ 

プロフィール

profile
小松原 悠史さん(31歳)
ニュージーランド語学留学奨学生。英会話を勉強し始めて5年、学生時代嫌いだった英語が、今では将来英会話を教える仕事に就きたいと思えるほど好きになりました。この度、奨学生としてですが留学するという長年の夢が実現するのを大変嬉しく思っています。日本語を忘れるくらい、英語を見て、聞いて、感じて、喋り倒してきたいと思います!

カレンダー

Crown Institute of Studiesに通う留学生ブログのページです。
留学の実現はここからスタート!短期留学や語学留学はもちろん、ワーキングホリデー、大学留学、大学院留学まで幅広くご紹介している留学ジャーナルが、皆さんの海外留学への思いをカタチに変えます。海外留学の実現は、留学ジャーナルで!

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

フリーコール:0120-890-987

留学に関するお問い合わせはお気軽にお電話にてご相談ください

サイト内検索

本社:〒160-0016 東京都新宿区信濃町34 JR信濃町ビル6階
観光庁長官登録旅行業第1695号 一般社団法人留学サービス審査機構(J-CROSS)認証事業者
一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員 一般社団法人留学・語学研修等協議会(CIEL)正会員 一般社団法人海外留学協議会(JAOS)正会員
NAFSA Association of International Educators会員 特定非営利活動法人国際教育交流協議会(JAFSA)賛助会員
このサイトに関するお問い合わせは e-mail:webmaster@ryugaku.co.jp

TOP