大学院情報・環境学 の紹介

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

Environmental Studies(環境学)

人間が環境に及ぼす影響への認識が広まる中、環境学への関心が急速に高まってきています。環境学は、社会科学や自然科学、工学など、様々な領域から得た知識を統合し、包括的な解決策を見出すことを目的としている学問です。プログラムの内容は、大学により大きく異なりますが、最低半年間、生物学や化学、地質学などを受講しながら、自然科学や社会学の入門課程から始めるのが一般的です。

今後、直面するであろう環境問題は現代で起こっている問題とは異なるため、特定の環境問題に関する事例を学習するのではなく、自ら環境問題を特定し、その原因を分析して解決策を導き出すことが求められます。また、大学院で環境学を専攻する場合、専門分野は多岐にわたるため、まず環境についての何を中心に学びたいのかを明確にし、履修科目や研究の方向性などを細かく調べる必要があります。

【この専攻を学べる大学例】

学校名 Lancaster University
必要な英語力 TOEFL iBT83
GRE または GMAT 不要
履修科目例 環境リスク/エコロジー/環境保護と文化/植物・微生物相互作用/電子顕微鏡検査法/植生分類の使用/環境放射能/大気汚染と水質汚染の制御技術/化学品リスク査定/廃棄物管理/汚染土壌と改善法/大気汚染、および気候変動の生物学的影響/環境リサーチ技術
この学校で学べる
内容
この学科は1964年に設立され、科学者22名と、約50名のリサーチや技術面の技術者で構成され、リサーチに関しては世界的にその質の高さが認められています。この学科は環境科学をひとつの統合した学問と考えており、従来の環境的な境目を越えた問題に重点を置いています。プログラムは12ヵ月間で、毎年10月に開講されます。コミュニケーションスキル、コンピュータ、統計学、プロジェクト管理および多様な研究技術を学びます。ほとんどのプログラムで、学内のリサーチグループや、外部の共同研究者との5ヵ月にわたる研究プロジェクトに携わる機会が与えられます。

環境学を学べる大学院をご紹介します。

【この専攻が学べる学校例】
学校名
アメリカ University of California, Irvine
University of Illinois, Urbana-Champaign
University of Missouri-Columbia
カナダ Simon Fraser University
University of Calgary
イギリス University of Kent
University of Edinburgh
Imperial College London
オーストラリア James Cook University

大学院留学の専攻情報です。
世界の大学院で学べる専攻の一部となります。大学留学・大学院留学の実現はここからスタート!また、短期留学や語学留学はもちろん、ワーキングホリデーまで留学ジャーナルは幅広くご紹介しています。海外留学の実現は、留学ジャーナルで!

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

留学ジャーナルが留学を少しでも考えているあなたに提供できること 留学前:無料カウンセリング、申込手続き、滞在先手配、出発前ガイダンス、他。留学中:緊急時24時間無料電話相談、生活相談/進路相談、現地サポート。留学後:キャリアサポート、OBの交流、他。

東京(北海道・東北・関東・甲信越エリア)

名古屋(東海・中部・北陸エリア)

大阪(近畿エリア)

広島(中国・四国エリア)

福岡(九州・沖縄エリア)

TOP