オークランドでの留学生活をリアルタイムにレポート|留学と退職

留学ジャーナル|留学相談から滞在中のケアまで

留学のことなら、なんでも相談ダイヤル フリーコール:0120-890-987

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

留学と退職

August 18, 2016

皆さま、こんにちは!

 

留学まであと3週間となりました。

・・・が、まだほぼ何も準備していません。(笑)

本格的な準備は9月に入ってからかなぁ~と

自分で勝手に思っています。

 

実は、今日は留学ジャーナルのオフィスで、オセアニア方面へ

留学する人向けのガイダンスが行われました。

会社の就業時間の都合で、開始には間に合わなかったのですが、

途中から参加してきましたよ~☆(^^)

 

周りを見渡した感じでは、やはり学生が多そうな雰囲気でした。

高校生、大学生・・・って感じですかね。

社会人っぽいなぁという人もちらほらいましたが・・・

 

ちょっと今日は、社会人の方々に向けて書きたいと思います。

あ、社会人じゃない人も、将来同じ状況になるかもしれないから、

読んでくださいね!(笑)

 

 

留学前は、留学の準備について書きますと言いましたが・・・

準備というのは留学が決定して初めてできること。

学生はともかく(というと語弊がありますが)、

社会人の皆さまはまず「決断」を迫られます。

それは、「退職」「留学」かです。

もちろん期間にもよると思うのですが、

自分が3カ月行くということで、今回は所謂長期留学、という

前提で話をさせてください。

 

自分の場合、まず奨学生の応募をするにあたり、

会社には正式に相談と報告はしませんでした。

一部の直属の上司にだけ伝えていました。

で、奨学生になったという通知をもらったのが4月。

世間に公表されたのが5月だったのですが、

会社には公表後に、「決定事項」として報告しました。

 

社会人であればわかると思いますが、

「報・連・相」は常識です。して当たり前のことです。

が、自分の場合はすれば止められると思ったのでしませんでした。

このとき既に自分の中では、

留学>仕事 という不等式が成立

していました。

奨学生の面接でももちろん聞かれましたよ。

「お仕事はどうされるおつもりですか?」と。

 

自分の会社は就業規則に、「休職」について、

「自己都合の休職は会社が認めた場合、~の期間可~」

みたいな感じで書いてあったので、とりあえず休職させてもらえないか

相談してみて、ダメだったら辞めていきます。と伝えたワケです。

 

まぁ結果的に自分の留学は会社のためにならないとの理由で、

休職は認められず、悩むことなく「退職」を選んだワケです。

 

何が言いたいかというと・・・

みんな退職して留学行きなよ!!・・・というコトではありません。

 

あなたにとって、留学って何なの?

 

ということです。

自分にとって、留学は今の仕事を続けることよりも

価値があることでした。だから退職を選択しました。

では、何故そうなのか?というと、

将来、英会話を教える仕事に就きたいと思うようになっていたからです。

それで何故留学が必要なのかを説明するとまた長くなるので、

それはいずれ機会があれば説明しますが・・・

まぁそういった理由で元々ずっと留学したいと思っていたのですが、

なかなかうまくいかず、今回巡ってきた千載一遇のチャンスを

みすみす逃す手はないと思ったのです。

 

 

単純に行きたいなら行けばいいと思いますが、

何故行きたいのか?

というコトが大事だと思うのです。

とりあえず、留学してみたい・・・くらいの感覚であれば、

わざわざ仕事を辞めて行く必要はないですし、

定年後だったり、1週間程度の有休で行けるレベルの

留学もあると思います。

留学はステータスじゃありません。

すればそれでいいというものではありません。

社会人の方は、

何故自分が留学したいのか?しなければならないのか?

ということをしっかりと理解する必要があると思います。

 

それを理解した結果、よし、仕事辞めて留学しよう!ってなったら

それはもう迷わず留学したらいいと思います!

 

この決断、自分にとっては難しくなかったのですが、

世間的には結構難しいみたいですね。

 

まぁ確かに、家庭があったりする人は自分より状況が

複雑だと思いますし、経済的に難しいという方もいると思います。

 

人それぞれ、境遇というものがあり、自分の考えが全ての人たちから

共感を得られるワケはないと分かっていますが、

ずーっと悩んでて、気づいたら5年経ってた・・・

なんてコトになったら・・・

その5年、ムダではないかもしれませんが、勿体ないと思いません??

 

時間は有限ですし、人生は1度きりです。

社会人の方で、仕事と留学という天秤で揺れている方!

今、そこにチャンスがあるのに動かないのは、勿体ないと思いますよ☆

悔いの残らない選択をしてくださいね!!

 

 

・・・何か・・・話まとまってるかな?(^_^;)

 


 ≪ 初めまして! 挨拶メール ≫ 

プロフィール

profile
小松原 悠史さん(31歳)
ニュージーランド語学留学奨学生。英会話を勉強し始めて5年、学生時代嫌いだった英語が、今では将来英会話を教える仕事に就きたいと思えるほど好きになりました。この度、奨学生としてですが留学するという長年の夢が実現するのを大変嬉しく思っています。日本語を忘れるくらい、英語を見て、聞いて、感じて、喋り倒してきたいと思います!

カレンダー

Crown Institute of Studiesに通う留学生ブログのページです。
留学の実現はここからスタート!短期留学や語学留学はもちろん、ワーキングホリデー、大学留学、大学院留学まで幅広くご紹介している留学ジャーナルが、皆さんの海外留学への思いをカタチに変えます。海外留学の実現は、留学ジャーナルで!

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

フリーコール:0120-890-987

留学に関するお問い合わせはお気軽にお電話にてご相談ください

サイト内検索

本社:〒160-0016 東京都新宿区信濃町34 JR信濃町ビル6階
観光庁長官登録旅行業第1695号 一般社団法人留学サービス審査機構(J-CROSS)認証事業者
一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員 一般社団法人留学・語学研修等協議会(CIEL)正会員 一般社団法人海外留学協議会(JAOS)正会員
NAFSA Association of International Educators会員 特定非営利活動法人国際教育交流協議会(JAFSA)賛助会員
このサイトに関するお問い合わせは e-mail:webmaster@ryugaku.co.jp

TOP