ELSボストンダウンタウン留学生による語学留学ブログ |私がアメリカに来たわけ

留学ジャーナル|留学相談から滞在中のケアまで

留学のことなら、なんでも相談ダイヤル フリーコール:0120-890-987

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

私がアメリカに来たわけ

June 27, 2009

私が留学を決めたきっかけのひとつが、このミシガンでの経験でした。

2001年、当時中学2年生だったわたしはひとりでここアメリカのミシガンにやってきました。

英語もほとんど分からず、喋れる英語は「yes」「no」「 thank you」「 sorry」これくらい。

もちろん中学での英語の成績はそれほど悪くなかったんですが、
実際に生で聞くアメリカ人の英語は、教科書に載っているような「this is a pen.」のようには、全く聞こえませんでした。

しかし、そんな私がここで一ヶ月も生活したのです。

日本人だからといって、特別扱いされることもなく、
家族と一緒に家事を手伝い、
ホストフレンドの学校について行き、
毎日プールで泳いだり、サイクリングしたりで真っ黒に焼けるまで遊びました。

ステイ中、多少は語学の壁にぶつかることもありました。
それでも、ホストファミリーは一生懸命に私の伝えたいことを理解してくれました。
私も、普段はめったにしない勉強をして、どうにか英語を習得しようと、中学生レベル以上に頑張りました。

ここでの経験は、私をより大きく、
そして、異文化交流の楽しさを教えてくれました。

しかし、帰国後すぐに、2001年9月11日同時多発テロが起こったのです。
テレビや新聞を通してみるアメリカには、とても衝撃的でした。

私がみたアメリカと違う。
こんなにもいろんな人がいて、多民族国家なんだ。
世界超大国だけど、貧しい人がいっぱいいる。


当時分からなかった経済のこと、人種のことが
今になってやっと、理解できるようになり、

そして今、大学生となり、異文化について専門的に学んでいます。

あのときとは、また違う観点で、もう一度同じ場所に訪れたら
今度は違うことを感じるかもしれない。
そう思い、私はまた、ここに戻ってきました。


同じアメリカでも、それぞれの場所によって違う顔を持っています。

黒人が多い、白人が多い場所っていうのはそれぞれで雰囲気が違うし、
南の方は、スペインなまりの強い南米人が多かったり、
アジア人が多い場所っていうのもあるし。


やりたいことが明確になっていれば、その目的に合わせて留学先も決めやすいのではないかと思います。

同じアメリカでも場所によって全く違うので、転校しながらいろんな場所にステイするのもいいと思います。

ちなみに、私はミシガンが好きです。

 ≪ Michigan Bostonです。 ≫ 

プロフィール

profile
山本 美幸さん(18歳)
現在大学3年生。大学ではさまざまな国の文化を学んでいます。留学はズバリ自分への挑戦!目標は友達を100人作ることで、たくさんの人と英語でコミュニケーションをとり、世界のことをもっと知りたいです。留学ではとにかく英語を中心に勉強する予定。学生の間に、たくさんの経験をしたいと思います。

※2008年12月~2009年8月ブログ担当

カレンダー

ELSボストンダウンタウンに通う留学生ブログのページです。
留学の実現はここからスタート!短期留学や語学留学はもちろん、ワーキングホリデー、大学留学、大学院留学まで幅広くご紹介している留学ジャーナルが、皆さんの海外留学への思いをカタチに変えます。海外留学の実現は、留学ジャーナルで!

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

フリーコール:0120-890-987

留学に関するお問い合わせはお気軽にお電話にてご相談ください

サイト内検索

本社:〒160-0016 東京都新宿区信濃町34 JR信濃町ビル6階
観光庁長官登録旅行業第1695号 一般社団法人留学サービス審査機構(J-CROSS)認証事業者
一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員 一般社団法人留学・語学研修等協議会(CIEL)正会員 一般社団法人海外留学協議会(JAOS)正会員
NAFSA Association of International Educators会員 特定非営利活動法人国際教育交流協議会(JAFSA)賛助会員
このサイトに関するお問い合わせは e-mail:webmaster@ryugaku.co.jp

TOP