ECマンチェスター留学生による語学留学ブログ|02-tamura

留学ジャーナル|留学相談から滞在中のケアまで

留学のことなら、なんでも相談ダイヤル フリーコール:0120-890-987

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

タピオカ&アラーム

June 15, 2019

こんにちは!

ここしばらく雨続きの天気で段々と寒くなっている気がします。マンチェスターは特に天気の移り変わりが激しいと言われているので、これから日本から来る方は折り畳み傘を持ち歩くことをオススメします。

さて今日は最近あったことについてちょっとだけ書いていこうと思います。

一つ目は貢茶(ゴンチャ)というタピオカ屋さんが新しくシティの中心に出来たことです。以前まではタピオカを飲みたい時にはチャイナタウンにあるChatimeというタピオカ屋さんに行っていましたが、お茶(抹茶)が好きなので個人的にはゴンチャの味の方が好みです。早速飲みに行きましたが、オープンから3日間だけbuy1get1(1つ買ったら1つ無料)というオープン記念が開催されていて長蛇の列でした、、、。たまたま違う用事の帰り際にふらっと寄ったのですが、10分くらいで買えるかと思っていたら小一時間待たされることになりビックリしました。店内はとても綺麗で、お客さんは中国人と韓国人がとても多かった気がします。現地の人からはそれ何?美味しいの?お茶?その丸いのは何?とよく聞かれますが、アジア以外には馴染みのない飲み物なのでしょうか、、、。日本での流行り方から考えると、とても不思議に思います。

二つ目は寮で火事のアラームが鳴り響いたことです。今回は誤検知でしたが、物凄い音量で耳が割れるくらいアラームが鳴り響いていて怖かったです。財布とリュックだけ背負って出ていきましたが、万が一本当に火事だった場合にはパスポートなどをどうするべきか考える必要があると感じました。最近少し平和ボケしていたので、今一度部屋に置いている物の配置などを確認しておきたいと思います。IMG_4608.JPG

ではでは!(写真はタピオカを模した店内のオブジェです)

ラマダン終了

June 14, 2019

こんばんは!

少し不具合で更新が滞っていました。

こちらは一向に暖かくなる気配がなく、むしろ寒くなっています、、、。既に冬が恐ろしいです。

さて今日は先週の水曜日にあった出来事について書いていこうと思います。

先週の水曜日に約1ヶ月にわたったラマダンの期間が終了しました。以前ブログにも書いた通り、ECマンチェスターにはとてもサウジアラビア人が多いです。友達に聞いたところ、国から補助金が出ているとか何とか。先日仲良くしていたイタリア人が帰国してしまったため、現在私のクラスは日本人(私)とコロンビア人(1人)を除いた他全員サウジアラビア人という凄い状況になっています。そのためラマダンの影響も大きく、ここ1ヶ月の間休む人の数が多かったです。特に体調を崩したり、授業中に睡魔に勝てず(ご飯を食べる為に日が昇る前に起きるそう)終始寝ている友達もいましたが、それも水曜日で終わりました。ラマダンの終了を祝う文化があるそうで、クラスのみんなに食べ物や飲み物を配っていました。私もチョコレートや木の実?(梅干しのような味でした)、サウジアラビアのお茶のような物を頂きました。ラマダンのことは知っていましたが、このような文化のことは知らなかったので経験できて良かったです。

先週でコースを終了した生徒が多かったようで、休み時間の度に一杯になっていた受付も今週はガラッとしていました。そろそろハイシーズンになると先生が言っていましたが、入ってくる生徒のうち8割はサウジアラビアだそうです。イギリスにいるのにサウジアラビアを感じることのできる不思議な環境です笑

サウジアラビア人の友達の多くは海外の大学に進学する為に英語を勉強しています。彼らは明確な目的や目標があって勉強しているのでとても刺激

IMG_4485.JPG

になります。日本の学生とはまた違った考えなので、良いところをたくさん真似していきたいです。

ではでは!

家探しであったトラブルについて

June 04, 2019

おはようございます!

先週はバンクホリデー明けから風邪気味でダウンしていました、、、。日本の気温が信じられないほどこちらは寒いです。服装が難しい、、、。

さて今回は家探しの際にあったトラブルについて書いていきたいと思います。

前回記事にした通り、私はSpareRoomというアプリを使って家を探していました。20歳学生という条件ではなかなか良い物件が見つからず大変でしたが、ECマンチェスター校も契約している寮を見つけました。ただし、今回は個人が借りていた部屋を借りるといういわゆる又貸し(寮から許可は頂いています)になるため、金額も通常よりかなり安かったです。早速掲載主に連絡を取ったところ、既に彼は部屋を出ているため£2000ほどで約4ヶ月住んでいいとのこと。即決で寮に支払いを済ませて引っ越しました。土日で引っ越しをして、荷物を広げて足りないものを買い足しながらやっと落ち着いてきたところに、月曜日になって寮の受付から至急来てくださいとのメールが。身に覚えはなかったのですが何かやらかしたかなと思いながら受付へ行くと、あなたの支払った金額が足りないと言われました。追加で約12万円払って欲しいと掲載主が言っていると言われ、とりあえずやりとりのメールなどの証拠として全て見せたところ受付の方もびっくり。契約が終わった後にふっかけてきたことになるので100%相手方が悪いということで受付の方もどうにかしようと頑張ってくれました。実は掲載主が18歳以下であったため責任能力がなかったことと、彼のご両親がこの契約のことを知らなかったことが原因で、彼のご両親が大激怒。そんなわけで追加で払うように言われたわけですが、当然納得できず、支払わない場合どうなるのか聞いたところ部屋を出ないといけないと言われました。理不尽すぎると嘆いていたところ、受付の方が今回はあまりに酷いから最悪の場合は寮の違う部屋を(しかもグレードアップした部屋を)追加費用なしで貸してくれると言ってくれました。結果的に部屋はそのまま使うことが出来ることになったのでまた荷物を移動させたりする手間はありませんでしたが、このトラブルのせいで何度も授業を抜け出さなければならなかったため本当に大変でした。特に上のクラスに上がったばかりだったので、戻ったら授業が進んでて何やってるのか全然わからなかったりして本当に勘弁して欲しかったです。

今回の教訓としては

❶お金の支払いは第三者(寮など)を挟む。

当たり前のことではありますがお金を個人間でやりとりしていた場合、今回のケースでは契約が無効になっていたらお金を持ち逃げされていた可能性もあります。第三者を挟むか、個人間での契約の場合は契約書を作るのがいいと思います。

❷証拠を残しておく。

今回はメールのやりとりと掲載されていたページ、契約内容の注意事項などのスクリーンショットが役に立ちました。相手方の主張する金額と掲載されていた金額にも差があったので必ず証拠を残しておくべきです。

海外生活にはトラブルが付き物だとは思いますが、トラブル体質なのかこちらに来てから頻繁に巻き込まれて大変です。少し疲れてきていますが、気を引き締めて頑張っていきたいと思います。

実はまだブログに載せていないトラブルもいくつかあるのでまた気が向いたら書いていきたいと思います。IMG_4446.JPG

ではでは!

家探しについて

May 25, 2019

こんばんは!

日本は30度を超えているところもあると聞いていますが、こちらは相変わらずの気温でまだ少し寒いです。着る服を選ぶのが難しい国だなぁと実感しています。半袖は1、2枚持っていれば事足りるかもしれません。

さてかなり前から記事にしたいと思っていた家探しについて書いていきたいと思います。自身が巻き込まれたトラブルについても後日お話ししていきます。

まず初めに私がマンチェスターで生活する際にどのような計画を立てていたかについて。

最初の3ヶ月間はホームステイをし、残りの期間は寮なりシェアハウスなりで生活するつもりでした。実際到着してから約2ヶ月と少しの間ホームステイを利用していました。最初の1ヶ月目はあまり環境が良くなかったので、学校側に相談したり留学ジャーナルさんに手伝っていただき、結果的にステイ先を変更することになりました。2ヶ月目のホームステイ先は少し学校から離れてはいましたが、家族の一員のように扱っていただいて勉強に集中することが出来ました。残念ながらホームステイ先の家族が旅行に行ってしまうということで、予定より2週間程早く家を探さないといけなくなりました。そんなわけで家探しがスタートした訳ですが、これが思っていたよりずっと大変でした、、、。

結論から述べると、今現在私はECマンチェスター校も提携している学生寮に住んでいます。今回実感したのは20歳であっても責任能力は一切ないものとして見なされているということです。イギリスで有名なSpareRoomというアプリを使用してシェアハウスを探していましたが、間違いなく大きな壁になると感じたのは「年齢」と「職業」です。初めのうちは20歳超えてるし適当なところがなんだかんだでサクッと見つかるだろうと甘い考えでしたが、すぐに考え直さなければいけませんでした。「年齢」の面で言うと最低でも23、「職業」の面で言うと職あり(ワーキングホリデーなど)のどちらかを満たしていなければ、ほとんどの物件に引っかかることすら難しかったです。例えばシェアハウスで年齢は18からで良いけど職がないといけない、もしくは職業は学生でも良いけど年齢は23(最低ラインです。24が多かった気がします。)以上でなければならないという物件が非常に多かったです。年齢20の職業学生の引っかかるところは立地があまり良くなかったり、金額がビックリするくらい高かったり。私は勉強しに来ているわけで、肝心の目的に集中できないところに住むのは違うと考えました。その結果たまたまこのアプリで募集をかけていた学生寮に入ることになったのですが、少し特殊な例でそれがトラブルの元になってしまいました。この件に関しては次の記事で書いていこうと思います。

とにかく今回の記事で声を大にして言いたいのは、もし今この記事を読んでくれている方の中に「23歳未満で学生として留学を考えている方」がいるのならば、出発前に必ず、学生寮の予約を取っておくことを強くオススメします。家を探すことで忙しくて勉強に集中できないのでは本末転倒です。ホームステイを延長すれば良いと思っている方もいるかもしれませんが、個人的には寮の方が勉強に集中できると感じました。また学生寮自体かなり人気が高く(?)、基本的に明日から入りたいから入れてくださいはいどうぞ、とはいかない状態です。二の舞にならないように気をつけていただきたいです。

少しでも参考になれば幸いです。トラブルについては次回の記事で(重要度が下がるので)。

ではでは!

リバプール

May 21, 2019

こんばんは!

バタバタしていた問題もほぼ解決に向かっていて、完全に終わったら家探しについて記事にまとめたいと思います。

先週末は気分転換も兼ねてリバプールへ行ってきました!

1ヶ月ほど前にも行っていたので2回目になりますが、やはり電車で1時間の距離にあるのは魅力的です。

また今住んでいるところが非常に駅に近いので、朝早くから行動するのも苦ではないのも良いところです。

さて今回は2回目ということで、少し慣れてきた町並みを楽しんできました。前回のように迷子になることもなく、少し土地勘がついて余裕を持てました。主な目的はお店を見て回ることで、古着屋さんやチャリティーショップをぶらぶらとしていました。中でもお気に入りなのがsohosという古着屋さんで、アメリカンカジュアルを中心に取り扱っているお店です。何より魅力的なのは、物価の高いイギリスで、1着£10、2着£15、3着£20とかなり安いコーナーがあることです。一階と地下に別れていて、一階はブランド物がメイン、地下はブランド物もあったりしますが基本ごちゃ混ぜでとてもオススメです。私は適当に見て回るだけでも1〜2時間くらいは楽しめるかなと思いました。(個人的な感想です。)前回行った時とは全くラインナップが違ったので、定期的に訪れたいと思います。

他にも前回紹介した69Aというお店に行ってきました。看板猫がいるお店なのですが、本当に人懐っこくて可愛いです。店内のベンチに腰掛けて膝をポンポンすると乗ってきてくれます。興味のある方はぜひ!

お昼ご飯は前回食べたところで食べようと思っていましたが、改装されていてメニューが全く違ったので仕方がなく違うイタリアンのお店に入りましたが、とても美味しかったです!(お店の名前を控えるのを忘れていたので次回行った際に、、、)

こちらに来てから色々とトラブル続きで疲れていましたが、リラックスできる良い休日になったかなと思います。

ではでは!IMG_4332.JPGIMG_4333.JPGIMG_4334.JPGIMG_4335.JPG

余談です。

May 14, 2019

こんばんは!

少しずつ時間ができて喜んでいたところにまたトラブルが舞い込んでバタバタしています。家探しについて書こうと思っていたのですが、その件について今まさにトラブルの渦中にあるので全て落ち着いてから書いていきたいと思います。

今週に入ってからまた急に暖かくなってきました。気温安定して欲しいです、、、。

さて今日はタイトルにもあるように余談をしていこうと思います。

以前ECマンチェスターにはサウジアラビア人が多くいると記事に書いたと思いますが、イスラム教はラマダンの時期に入っており、ご飯を食べるため朝とても早くに起きているようで、また日中は基本飲まず食わずのためとても大変そうです。仲の良い友人はラマダンに入ってから授業中ほとんどダウンしていて心配になりますが、宗教的なことなので何とも言えないなと思いながら見守っています。

そんな友人ですが数日前にこんなことがありました。

授業で"itchy"という形容詞を出てきた時のことです。イッチーという発音の後、やたら友人がニヤニヤしながら私に向かってイッチー!イッチー!と言ってきたのです。何だろう何か悪口かサインか何かだろうかと思っていましたが、その後よくよく聞いてみると日本語の"エッチ(H)!"と"イッチー!"を混同していたようです。どこでそんな言葉を覚えてくるんでしょうか、、、。笑いが止まりませんでした笑 何人かの友人は漫画やアニメ、コメディで日本語を覚えて私に言いにくるんですが、これが本当に面白くて、絶対日常で使わない言葉ばかり覚えてくるんです。以前にも別の友人が英語で会話している最中に突然"スゴイネー"と棒読みでぶち込んできたり、廊下ですれ違った時に"ハマダーアウト〜"とガキ使のセリフを言ってきた時は流石に吹き出しました笑 そんなこんなで愉快な友人に囲まれて楽しい留学生活を送っています。もう少し生活が落ち着いてきたらサッカーができれば良いなと思っていますが、未だにかなり忙しいのとしばらく運動していなかったので少しずつやっていきたいと思います。

ではでは!

アベンジャーズ

May 13, 2019

こんばんは!

記事の更新が遅くなってしまい申し訳ありませんでした。ホームステイ先の事情もあり、予定より一足先に寮へと移動することになったのですが、荷ほどきやら何やらでとてもバタバタしていました。ようやくWifiも繋がって記事を更新していくことが出来そうです。

さて今日はかなり前の話(4月26日の話)にはなりますが、アベンジャーズを観に行った時のことについて話していこうと思います。

先日帰国してしまったタイ人の友達に誘われて公開日にアベンジャーズを観にいくことになりました。日本より公開日が1日早かった(?)こともあり、一足先に楽しんできました。今までこのシリーズの作品をちゃんと観たことがなかったため、所々盛り上がる要素が分かりませんでしたが、それでも十分に楽しめました。(結局タイ人の友達はテストを受けることになって、チケットを買っていたのに来られませんでした、、、。)IMG_4230.JPG

初めてイギリスの映画館を利用したのですが、日本より映画の料金は安いようでたったの£5(750円)。予約は友達がネットでやってくれたのですがそこまで難しくなかったと言っていました。学生料金でこの値段は嬉しいものです。こちらで英語の勉強方法に映画を観ることが勧められていた理由が分かった気がしました。残念ながら今回は字幕なしだったので全て理解することはできませんでしたが、とても勉強になりました。所々でネイティブの方々が笑っているのに何が面白いのか分からなくて悲しかったので、帰るまでに聞き取れるようになれるように頑張ろうと思います。

唯一驚いたことは、日本の映画館とは違って座席の文字列の表記がはっきりしておらず、どこが自分の座席かわからない人がたくさんいたことです。もはや何も目印になるものがなく、上映前にそこ私の席なんでどいてくださいといった光景が何度か見られました。こういうところが海外らしくて適当だなぁと思います。

ほどほどに安くて勉強になるので留学される方はぜひ映画館に足を運んでみてください!

次回は家探しで困ったことについて書いていこうと思います。

ではでは!

マンチェスターダービー

May 07, 2019

こんばんは!

今日は4月24日(現地時間)に行われたマンチェスターダービーに行ってきたことについて書いていこうと思います。

マンチェスターダービーとはマンチェスターユナイテッドとシティーの試合のことを指します。今回はユナイテッドホームのアンフィールドで行われました。

本来ならば会員であるか、ダフ屋から高額な転売チケットを買わなければ試合を観ることが出来ないのですが、今回は運よくタイ人の友達が懸賞でチケットを当てたため、観に行くことが出来ました。本当に感謝です、、、。

イギリスに来てから初めてのサッカー観戦でしたが、とても楽しめました。ユナイテッドホームということもあり、スタジアムは赤のユニフォームがほとんど。チャントの度にスタジアムが揺れていて、一体感が凄かったです。と同時に凄い回数のスラングを聞くことになりました。ダービーならではだと思いますが、ビックリです。

試合はというと前半は0−0で折り返して拮抗状態。ユナイテッドのチャンスの度に客席の人が皆立ち上がって声を出し、盛り上がります。しかし残念ながら(私はどちらのサポーターでもありません)後半に入るとシティ優勢に。結局0−2でシティが勝利しました。サポーターというのは正直なもので、負けがほぼ決まったら一斉に帰り始めてしまい、選手にとっては厳しいだろうなと思いました。

そもそも地元にこれだけ強いチームが2つもあることだけでもビックリですが、本当に皆さん人生をかけて応援している方が多くて、特に歴史の古いユナイテッドに関しては物心ついた時からずっとサポーターだといった方も見られました。その分応援に熱が入っており、負けた時の何とも言えない表情はなかなか来るものがありました。私は自分のルーツになるようなものを持ち合わせていないので、ここまで地域一帯で盛り上がれるのは少し羨ましいなと思いました。自分の人生にこれは不可欠だ、といったものがあるのは素晴らしいと思います。

行動に移せば世界最高峰の試合を観ることのできる環境にあるので、また観に行きたいと思います!IMG_4162.JPGIMG_4161.JPG

ではでは!

ロンドン➂

May 06, 2019

こんにちは!

またバンクホリデーで3連休でしたが、初日から体調を崩してしまいダウンしていました、、、。

気温は相変わらず低くて寒いです。古着屋さんや普通のお店でも半袖が増えてきましたが、この気温で半袖を着る人はいるのでしょうか、、、。

さて今日は長くなってしまいましたが、ロンドン小旅行についてまとめていこうと思います。

まずは前回の記事でも触れていた、Hostelであった出来事についてです。

Hostelを利用するのは初めてでした。男女同室の部屋を利用しましたが、流石に男しかいないだろうと思ったら意外とそんなことはなく、南米系のカップルと中国人のカップルが1組ずつ、そこに僕とアルゼンチンの男が1人という組み合わせでした。皆さん割りとよく喋る方で、フレンドリーで楽しかったです。特にアルゼンチンの子は、めっちゃ喋る、止まらない。笑 日本の働き方や労働時間についてとても不思議に思っていたようで、終始質問攻めにあっていました。アルゼンチンでは働く時間が極端に短く、いかに楽をして稼いでリタイアするかに皆が重きを置いているとのことでした。その後、タピオカを飲みに行くと言ったらついてくるというのでお喋りしながらChatimeへ。結局夕飯も一緒に食べ、Hostelに到着してから6時間くらい一緒に行動していました笑 長時間一緒に行動しといてあれなんですが、お互い名前も知らないまま一緒にいて、連絡先も交換せず終わってしまいました。こんなに適当でもどうにかなる、個人的にここに英語で話すメリットが出ているかなと思います。というのも、私は人の名前と顔を覚えるのが大の苦手で、言われた1分後には思い出すことが出来ないというポンコツ具合。大体の場合は直感的に感じたことと名前を一緒にメモしておかなければ思い出せません。ですが英語だと(もちろん名前を覚えて、名前で呼ぶ方が良いとは思いますが)"you"を主語に置けば会話ができます。個人的には人の名前を覚えなきゃ覚えなきゃというプレッシャーがなくてとても楽です。まあそんなこんなで楽しいHostelでした。

お次は観光。

土日であらかた古着屋さんやマーケットを楽しみ終わった後、少し時間が余ってしまったのでせっかくだし観光名所にも、、、と思い、ハリーポッターの9と3/4番線に行ってきました。ロンドンのキングス・クロス駅というところにあります。写真撮影も出来るらしいし楽しみだなーと思っていましたが、考えが甘かったです。ありえないくらい混んでいました、、、。流石ハリーポッター。世界中で愛されているだけありますね。写真撮影のできるスポットの隣には公式ショップもありますが、そちらも激混み。結局公式ショップだけ見て帰ることにしました。写真撮影をしたい方は休日や祝日を避けるのが賢明かと思われます。というのもあまりに混みすぎていて、列が切り離されて外まで並んでいました。連休の家族サービスで疲れ果てたお父さんたちもちらほら見られて大変だなぁと、、、。

IMG_4155.JPG

IMG_4156.JPG

電車に乗ったことで思い出しましたが、ロンドンでは公共交通機関を利用するのにオイスターカードというものが必要です。各駅の窓口で発行&チャージができるようなのでバスや電車を利用する予定のある方は忘れずに作っておきましょう。

ロンドンはどこを切り取っても絵になる街だなぁと実感した小旅行でした。とても広くて一回ではまわりきることが出来なかったので、また機会があれば色々なところへ行ってみたいと思います。

IMG_4159.JPG
IMG_4158.JPG

ではでは!

ロンドン➁

May 02, 2019

こんばんは!

ここ最近家探しで忙しくてバタバタしていましたがようやく一段落つきそうです。中々大変だったので、また記事にまとめようと思います。これからマンチェスターに留学する方の参考になれば幸いです。

前回の4連休は20度前後と暑かったのにも関わらず、また冬のような気温に戻ってしまい参っています、、、。天気や気温に関しては未だに慣れていません泣

さてそんなことはさておき、今日は4連休で行ったロンドンについての続きを書いていこうと思います。

今回書いていくのはロンドンに行った目的のうち、➁古着➂マーケットについてです。個人的に古着に興味があり、以前リバプールに行った際に[古着 リバプール]で検索したところ、リバプールの古着屋さんではなく、ロンドンのLiverpool Streetという駅の近くにある古着屋さんがやたら出てきたのを覚えていたため、そこを重点的にまわることにしました。何も考えていなかったのですが、たまたま髪を切ったお店がLiverpool Streetの周辺だったので時間をロスすることなく古着屋さんやマーケットをまわることができて良かったです。どちらかというと土曜日はマーケットよりも普通の古着屋さんを中心にまわりました。何故かというと、ロンドンでは週末である日曜日が一番マーケットが盛り上がっていると聞いていたからです。

というわけで初日は古着屋さんをぶらぶらしていましたが、さすがロンドン。マンチェスターより古着屋さんの数が多く、また中々見かけないデザインのシャツやスウェットなどがあって面白かったです。Liverpool Streetの付近にほとんどの店が集中しているので、一店一店の為に電車に乗ったりする必要がないのでオススメです。

日曜日は念願叶ってマーケットへ。前日に気がついたのですが、月曜日がイースターだった為この日曜日はイースターサンデーで、どこの店も早く閉まる上に、下手すればマーケットやってないかもしれないと言われて半泣きでしたが、そんなことはなく無事にマーケットを見ることができました。

写真でもわかる通り、マーケットのある通りは人で一杯でとても盛り上がっていました。街中の至る所でマーケットが開かれていて、全てをまわる時間はありませんでしたが、中にはとんでもなく安い掘り出し物やユニークなものなどもありました。個人的に面白かったのは地下のマーケットにあったお店で、ここのお店で取り扱っているものは全てバーバリーでした。さすがイギリスといった感じで、日本では見かけたこともないような色やデザインの古着のバーバリーのコートが置いてあって楽しかったです。他にもたくさんのお店があって1日中楽しめました。ロンドンに訪れる際にはぜひ、特に日曜日に行くことをオススメします!マーケットは服だけではなく、食べ物やアクセサリー、おもちゃなども置いてあったので年齢に関わらず楽しめると思います。

次回はロンドンのHostelであったことと、少しだけまわった観光地について書いていきたいと思います。

本当に書きたいことが溜まってきているので少しずつ消化していきたいです、、、。

ではでは!IMG_4117.JPGIMG_4118.JPG

ロンドン➀

April 29, 2019

こんばんは!

今日は先日の4連休にロンドンへ行ってきたのでそのことについて書いていきます!書きたいことがたくさんあるので何回かに分けて書いていきます。

そもそも何故4連休だったかと言いますと、イギリスにはバンクホリデーと呼ばれるお休みがあります。何が違うのかなと調べたのですが、まあいわゆる祝日というやつですね。イギリスでの呼ばれ方はバンクホリデーというだけのようです。今回はたまたま金曜日と月曜日がバンクホリデーで4連休になったようです。事前に4連休であることを知っていれば近隣の国に旅行できたのかもしれませんが、直前に気がついた為に飛行機代が恐ろしいことになっており断念。考えた結果、ロンドンへ行ってみるかという安易な発想でロンドンへ行くことにしました。まず初めに言っておきます。計画性がないと大変なことになります。(理由は後程)

今回ロンドンに行きたかった理由はいくつかあります。

➀髪を切りたかった(最後に切ってから2ヶ月が経過)

➁古着を見たかった

➂マーケットを回ってみたかった

➃純粋にロンドンに興味があった

の大きく分けて4つです。何回かに分けて書くので今回はこの➀を含めた内容で書いていきたいと思います。

出発の二日前に決めたロンドン小旅行。ネットでバスを予約したところ往復で£34ほどと飛行機・電車とは比べ物にならないくらい安く済みました。(連休でなければバスは£20ほどで行けると友達が言っていました。)ホテルはほとんどのところが一杯、もしくはとんでもなく高かったので、人生で初めてHostelを利用しました。一泊で£36ほど。Wombat's CITY Hostelというところを利用しましたが、とても良かったです。他の国にもあるようなので、近隣の国を利用するときはまた利用しようと思います。部屋は6人部屋で男女混合部屋でした。皆良い人で、個人ロッカーもあるので盗難の心配もないですし、トイレやシャワールームもとても綺麗でした。とまあこんな感じで交通費宿泊費が£65ほど(夜行バスで朝5時に帰ってきてバスがなく、あまりに寒すぎて限界だったのでタクシーを使ったので+£10)で済みました。

朝7時にマンチェスターの中心部から発車するバスに乗り、およそ5時間、ロンドンに到着です。途中でトイレ休憩などなかったので事前に行く事をオススメします。冷房が効きすぎていてとても寒かったです。ロンドンに着いてびっくりしたことはほとんどのトイレが有料だということです。30ペンスだけ、と言っては何ですが、なかなか衝撃的でした。

5時間のバスの中で、髪を切る美容院を探していましたが、中々良いところが見つからず、結局地元で一番有名な(ネットにそう書いてあった)お店に行くことにしました。というのも初めは日本人のお店で切ろうと思っていたのですが、高い。高すぎます。イギリスでは人々が通常£17とかで髪を切っているのに対し、日本人の経営している美容院は£50〜100。日本でもその額出せばそれなりに有名な美容院行けるやん!!!というケチな心が邪魔をしたので地元の美容院へ。先に結論から述べますと、わさわさしていた髪の毛が信じられないくらい切られました。人生で一位二位を争うくらい変な髪型になった事をここに報告致します。恐らくですが、僕の英語がまだまだ未熟なこともあり、上手く伝わらなかったのかなと、、、。日本の美容師さんって凄いんだなと思いました。これから髪の毛が伸びるまで帽子で生活する事を心に決めたくらいです。日本人の髪質はこちらの人と根本的に違い、切るのが難しいようです。次回挑戦する時はアジア系の美容院か、諦めて髪の毛を伸ばしてベイルみたいな髪型にしてしまおうと思いました笑 計画性は本当に大切です。気をつけましょう。ちなみに料金は£28。うーん、、、。

とまあこんな感じで到着して早々に心をへし折られたわけですが、その後に行きたかったところへ行けたので初日はそれなりに楽しめました。長くなってしまったので古着やマーケットについては次回書いていきたいと思います。

ではでは!IMG_3825.JPG

グリーンフィールド!

April 26, 2019

こんばんは!

先週の4連休は20℃を超える暑さだったにも関わらず、今週に入ってからまた急に寒くなり、今日は7℃前後と気温差が酷く体調を崩しそうです、、、。

中々まとまった時間を取れずに書きたいことばかりが溜まっています。時間を見つけて更新していきたいと思います。

さてそんなわけで今日は先週の金曜日(連休初日)に行ったグリーンフィールドについてです。

グリーンフィールドは広場から出るバスに乗って1時間程のところにあります。Oldham Street沿いだったかと。サウジアラビア人の友達が誘ってくれたので急遽行くことになりました。バスに乗ること1時間、道中もかなり景色が良かったのですが、すっかり山!自然!といった景色に。バスの窓から羊や馬が見えるほどです。予想より遠かったですが、目的地であったグリーンフィールドに到着しました。友達が歩くのが好きだということで2時間程道に沿って歩きました。事前に自然を見に行こうと言われていなかったら革靴だったと考えると恐ろしいです笑 犬の散歩に来ている方がとても多く、日本では考えられませんがリードなしで散歩をしている方もおり、子供と一緒に犬たちも水浴びを楽しんでいました。犬好きの私としてはこれ以上ないくらい幸せな光景でしたが、あいにく友達は動物が嫌いだそうで凄い顔をしていました笑 写真からもわかると思いますが、とても景色が良く、晴れていたこともあって絶好のお出かけ日和でした!マンチェスターの中心部以外行ったことがなかったので、こういった一面もあるのかと発見の多い1日になりました。また初めて2人だけで出かけたので、ノンストップで英語を話し続けるとても良い練習になりました(めっちゃ疲れました笑)

マンチェスターに留学される際にはぜひ一度行ってみて欲しいです。本当にオススメできます。

次回は連休二日目三日目に初めてロンドンへ行ってきたのでそのことについて書こうと思います。

ではでは!
IMG_3822.JPGIMG_3823.JPGIMG_3824.JPG

日本食!

April 23, 2019

こんばんは!

更新が遅くなって申し訳ありません。今日は4連休最終日でした。連日20度越えととても暑く、夏物の服がなくて大変でした笑

この4連休を含め色々なところへ行ったので、何回かに分けて紹介していきたいと思います。

まずは以前から言っていた日本食についてです!

何とですね、またもやお友達が寝坊しまして、結局夜ご飯として食べに行くことになりました笑

今回行ったお店は"わさび"というお店で、チャイナタウンの中にあります。名前からわかる通りめっちゃ日本って感じです。店内は何故か回転寿司形式でした笑 メニューは寿司ラーメン焼きそば焼き鳥にたこ焼きと色々あり、また日本のお酒も置いてあるお店です。値段は高めですが、ラーメンの質に関しては納得できるかなと思いました。ちなみにラーメン1杯£8(1200円)ほどです。味は博多ラーメンに近くて美味しかったです。サウジアラビア人の友達にラーメンが食べたい!と誘われて行ったのですが、彼らは宗教上の問題で豚が食べられず、店のラーメンは豚骨ラーメンがメインだったため結局別のものを頼むことに。麺がいいとのことだったので焼きそばを注文していましたが、美味しかったようでとても気に入っていました。"わさび"という店名だけあって、お店にはわさびと紅しょうがが置いてあり、サウジアラビア人の友達が試してみたところ全然いけるとのことでした。個人的にはわさびでツーンとなる反応を予想していたのでびっくりです笑 お寿司は海外特有の日本で見たことのないものも含まれており、友達にこれ何と聞かれて、私もこれ何と聞き返す事態に。オーストラリアの時もそうでしたが、謎の具材が多いです笑

チャイナタウンには"ゆず"という日本食のお店がもう一つあるので機会があったら行ってみようと思います。

次回は連休初日に行ったグリーンフィールドについて話したいと思います。

ではでは!



IMG_3768.JPGIMG_3766.JPGIMG_3767.JPG

日本食、、、。

April 16, 2019

こんばんは!

週末はのんびりと過ごしながらIELTの勉強に追われていました。

さて今日は待ちに待った日本食!!!について話していきたいところでしたが、実は行きたいと言っていた友達がすっかり忘れており、金曜日にお店に行った際には既に満席、じゃあ月曜日!というので待っていたらいない、じゃあ今日で!と言っていたら寝坊したらしくことごとく機会を逃しております笑 こんな感じのゆるーいお友達ですが、明日こそはリベンジすると言っているので無事に食べることができたら記事にしようと思います。

というわけで今日は少し別のお話です。

今日はチャリティーショップについて話していきたいと思います。イギリスは日本とは違い、服を売るという感覚よりかは人にあげるという感覚の方が一般的なようで、チャリティーショップでは主に寄付されたものが売られています。また働いている人もボランティアだそうです。チャリティーショップで働くことで履歴書に箔が付くとか付かないとか???お恥ずかしながら、日本から持ってきたけど使わない洋服を売ろうと色々検索してたところ、そもそも売るという感覚自体がこちらの国とズレているのだなと気がつきました。潔く諦めて、誰かが使ってくれることを願い、明日チャリティーショップに持っていきたいと思います笑 IMG_3649.JPGチャリティーショップの中には時折レアなものも混ざっているらしく、私自身持ち帰る余裕があれば買いたいと思うようなインテリアがちらほら、、、。また漫画もそれなりに置いてあり、日本でも人気だった漫画の英版などが置いてあるので興味がある方はのぞいてみるのもいいかもしれません。商品の回転がかなり早く、数日おきに違うものが置いてあるのでとても楽しいです。マンチェスターの中心部から近いので近くを訪れた際はぜひ!

ではでは!

タイ料理を食べにいきました。

April 11, 2019

こんばんは!

すっかり日が長くなって午後7時を過ぎてもまだまだ明るいです。最近は急に天気が崩れることも少なく過ごしやすくなったかなと思います。

今日はお昼にタイの友達に誘われて、タイ料理を食べに行きました。大変申し訳ないのですが、急いでいたため写真を撮り忘れてしましました、、、。以後気をつけていきたいと思います。

タイ料理のお店は中華街にあります。中華街はECマンチェスターから徒歩5分もしないくらいの距離にあるのですが、お昼休みが45分しかないためかなりギリギリです。ゆっくり食べている余裕はないです。1時間にならないかと先生方に提案しているのですが、きっと変わらないので普段は時間内でサクッと食べています。普段はそんな感じですが、今日はみんなで楽しくレストランに行きました。タイの新年が近いらしく、店内はとても賑わっていました。いつもは注文を済ませてからすぐに出てくるそうですが、かなり混んでいたため出てくるまで時間がかかりました。気がつくと授業が始まる時間に、、、。ちょうど授業が始まる時間に料理が出てきたので急いで食べましたが、結局20分遅れてしまい、15分以上遅れると教室に入れてもらえないので、今日のSpecialFocusは受けることができませんでした、、、。通常の授業は2回バスを間違えて受けることができなかったことがあるのですが、こっちは皆勤賞だったのでなかなかショックです。肝心のタイ料理はどうだったかというと、とても美味しかったです!久しぶりに白米(日本米に近いもの)を食べました。蟹を揚げたものや少し甘めのお米、牛肉を使った料理にタイで有名な麺料理などみんなでシェアしてたくさん食べさせてもらいました。美味しいものでお腹いっぱいになり、色々とタイのことについても教えてもらえたので良かったです。今度はみんなで日本料理を食べにいこうという話になって今から楽しみです。

明日はタイの友達とは別で、サウジアラビアの友達が日本料理に挑戦したいそうなのでラーメンを食べに行くことになりました。次回の更新は日本食のレストランについて書こうかなと思います。

ではでは!

(写真は午後6時半の広場です。明るいです笑)IMG_3549.JPG

気をつけましょう、、、。

April 08, 2019

こんばんは!

少し暖かくなってきました。ようやく春っぽくなってきたかなと、、、。相変わらず夜は少し肌寒いですが、日中はスウェットやTシャツで過ごせる気温です。

さて今日はあまりいい話ではないですが、気をつけた方がいいなと思ったことについてお話しします。

大きく分けて2つあります。

一つ目はホームレスについてです。初めて来た方は驚かれるかと思いますが、想像以上に数が多いです。お金を下さいとずっと言っています。余裕があったら支援してあげられればと思いますが、基本的には関わらないというスタンスが正しいのかなと思います。今までに2回、少し怖いなと感じたことがありました。1回目は授業の休憩時間にお腹が空いて目の前のパン屋さんに行った際のこと。入り口付近で声をかけられ何か聞かれていると思って反応してしまったのが間違いでした。めっちゃ早い英語でまくしたてるように話してきて、要点をつかむので精一杯でしたが、要約すると彼女に会いに行くのにお金がない(多分嘘)ので£2くれだそうです。結局お金かよって思いました。その際はごめん小銭ないのでと言って逃げましたが、取り合わないのが大切かなと、、、。2回目はショッピングモールの近くを歩いていた際、いきなり近づいてきて金よこせ的なこと言われて拒否をしたところ、汚い言葉を吐かれました。皆が皆そういう人ではないとはいえ、お金が関わると本当に危ないことに巻き込まれる恐れもあるので、注意すべきだと思います。また少し関係があるのですが、早朝は絶対に出歩かない方がいいです。私は止むを得ない事情で一度だけ5時半にcityにいたことがありますが、お酒に酔った人、大量のホームレスがいてとても怖かったです。どうしても早朝に出かけるのであれば、最低でも複数人で、すぐに連絡を取れる状態でいる必要があると感じました。

二つ目は盗難についてです。貴重品は絶対に目を離さないでください。友達の話を聞いていると、少し目を離した隙にスマホや財布をすられたという話を耳にします。特に街中で歩いている最中やバスの中が危ないそうです。スマホは常に手に持っているのが安全だと言っている人もいました。日本でもすられる時はすられますが、圧倒的に頻度が高いです。常に気をつける必要があると感じました。私は学校に行くのに基本リュックを使っていますが、リュックの内側のポケットの奥底に入れ、休み時間でも貴重品は持ち歩く(もしくは信用している友達に見ていてもらうよう頼む)などしています。今の所何もなくなっていませんが、これからも気をつけていきたいと思います。

週初めの月曜日はなんだか気が重いですが、また1週間頑張っていこうと思います。

ではでは!

1ヶ月が経ちました。

April 03, 2019

こんばんは!

日本はもうすっかり暖かくなったと聞いていますが、なぜかこちらは寒さがぶり返しています、、、。

サマータイムが始まって、日本との時差が9時間→8時間になりました。また日に日に陽が長くなってきました。今週からまた日本人が増えて、現在ECマンチェスターには5人の日本人がいます。みんな良い人なので仲良くやっていけそうで安心です。1ヶ月が経つ今では友達も増えて、楽しく過ごしています。学校外で日本人を見かけたことが一度もないので、誘惑に弱い人には本当にオススメできる場所だと思います。

先週からSpecial Focusのコース(通常授業の他に毎日ある授業)をIELTに変更しました。周りの人のほとんどが大学進学のためにIELTが必要という理由で受講しています。私は特に必要なわけではないですが、やっておいて損はないということで受講することにしました。当然内容は難しく、頭がパンクしそうになっていますが、とても有意義な時間を過ごせています。また宿題がほとんどないに等しいので、自分で自分の足りないところを勉強するのに時間を費やせて助かっています。1ヶ月があっという間なのでこのままではいけないと少し焦っていますが、まずはきちんと足りないところを分析して、これからの残り10ヶ月を過ごしていきたいと思います。IMG_3444.JPG

ではでは!

リバプール

March 31, 2019

こんばんは!

マンチェスターに来て4週間が経とうとしています。少しずつ生活に慣れてきて余裕ができてきたので、土曜日はリバプールへ行ってきました!

初のリバプールでしたが、事前に何も調べずに行ったので一日中歩き回ってヘトヘトです、、、。

街はマンチェスターと同じかそれ以上に賑わっていました。どちらかというとマンチェスターより若者の街という印象でした。

朝9時台の電車に乗って1時間ほどかけて到着。なんと往復で£5.6(800円ちょっと)。チケットはネットで予約しましたがとても安かったです。(行き帰りにバスの時間が合わなくてUberを使用したのでお金は結構かかりました泣)

主な目的はショッピングだったのでまずは古着屋さんを探すことに。69Aというお店(服だけではないVintageのお店)が、今までの人生で訪れた中で一番雰囲気が良かったです!!お洒落で落ち着いた店内には年代物の服や雑貨が置かれていて、思わず時間を忘れてしまうほどでした。次に訪れる時まで残っていたら買いたい雑貨がちらほら。とても楽しめました。リバプールを訪れる際はぜひ行ってみてください!他にも古着屋さんを回って素敵な服を買うことができました。また普通のお店もマンチェスターより種類が多くて楽しかったです。

主にショッピングをしていたのですが、リバプールはビートルズの故郷でも有名なのでその近くを見に行ったり、景色の良いとこ

IMG_3410.JPG

ろを探して歩いたりと充実した一日でした!帰り際には探していたビールを見つけて買って帰ることができてホクホクです。唯一やり残したことは、リバプールのホームAnfieldに行きそびれたことです。次は行きたいところです。これからも1ヶ月に1〜2回くらいは遠出していきたいなと思います!

IMG_3409.JPG

ではでは!

文房具について

March 28, 2019

こんばんは!

最近は雨が少なくなってきて過ごしやすい日が続いています。日中は暖かいですが、夜はまだ少し寒いです。

今週に入り新しいホームステイ先に移動したのですが、未だバスに慣れず反対方向に乗ってしまったり、違う行き先のバスに乗ってしまったりとバタバタした日々を過ごしています。今まで遅刻したことはなかったのですが、今週に入って既に2回もバスを間違えて遅刻しているので気をつけていきたいと思います。また今日は風邪気味で、帰ってきてからずっと寝ていました。パブロンさまさまです。。。(笑)

さて今回は海外から見た日本の文房具についてお話ししようと思います。

結論から述べると、日本の文房具は安価でかつとても品質が高いです。またデザインの面でも優れています。以前シドニーに短期留学した際も、日本の文房具いいね!と話題に挙がることがあったのですが、マンチェスターでも同じような話題が挙がり、それ凄い好き!と褒めて貰いました。また値段を伝えるとびっくり。その価格でそれが買えるのか!と驚いていました。海外から見ると物珍しいものも多いようなので、会話のきっかけになるかもしれません。IMG_3347.JPG

まずシャーペンについて。日本のシャーペンはとても書きやすく疲れにくく、デザインが豊富です。有名どころを挙げるとドクターグリップやクルトガなどがありますが、これらに勝るものを海外で見たことがありません。オーストラリアではクルトガが定価の5倍近くで売られているのを見かけましたが、海外の文房具と比較するとその価格でも納得できると感じました。それくらいに優れています。またフリフリ機能のついたシャーペンに学校の友達はとても驚いていました。ここで何が言いたいかというと、海外でシャーペンが壊れた場合にはその代用になるものが容易に見つからないということです。海外留学の際は必ず壊れてもいいように2〜3本ほど持っていくのをお勧めします。ちなみに私は持ってくる筆箱を間違えてシャーペンが1本しかないので壊れたらおしまいです、、、(笑)準備をしっかりとしておくことをお勧めします。

次に色ペンです。日本の色ペンは、海外の色ペンに比べて色が繊細で種類がたくさんあり、また書きやすいと感じました。海外の文房具屋さんでも蛍光マーカーはそれなりに見つかるのですが、色ペンに関してはクオリティが違い過ぎて代用が効かないと思いました。実際タイの友達がタイで買った無印良品の色ペンを使っていたのですが、色が綺麗でとても使いやすく、日本の物が一番だと言っていました。私もそう思います。

次にボールペンです。ボールペンに関しては海外とそこまではっきりとしたクオリティの差は見られません。個人的には私が愛用しているジェットストリームとアクロボールは海外では代用品が見つからないかなと思いました。ちなみにジェットストリームは持ってき忘れた筆箱に入ってます、、、(泣)

最後にノート類です。ノートの品質もやはり日本の物は優れているなと感じました。私は300枚ルーズリーフとノートを7冊ほど持ってきましたが足りなくなりそうで困っています。ECマンチェスターでは受付でレポート用紙をもらうことができるので何とか持ちこたえられそうです。ちなみにこの受付でもらえるレポート用紙、とても品質が良くて気に入っています。ルーズリーフバインダーは性能の面でははっきりとした差はないと感じましたが、日本の方がデザインが圧倒的に豊富だなと感じました。

日常生活で何気なく使っている文房具でも、海外から見るととても優れています。留学の準備をする際は同じようなクオリティの物は手に入らないと思って、しっかり準備しておくことをお勧めします。

もう少しマニアックな話もしたいのですが、かなり脱線して長くなってしまうと思うのでこの辺で終わります。

ではでは!

お久しぶりです。

March 26, 2019

こんばんは!

長い間更新できずに申し訳ありませんでした。

先週末にようやくホームステイ先を変更することが決まったのですが、色々あって慌ただしい週末を過ごしていました。今は新しいホームステイ先で落ち着いて有意義な時間を過ごせています。

そんな話はさておき、今回は最近の生活についてお話をしたいと思います!

基本的には毎日4時間半の授業があり、それが終わってから毎日授業の復習を1〜2時間、その後時間があれば文法や単語を勉強しています。授業で出る宿題はほとんどないので自主的に勉強をする必要があると思います。私は担当の先生にお願いしてエッセイの個別課題を出して頂き、添削して頂いてます。できれば毎日一つはエッセイを書くことにしたいのですが、午後授業の日はあまり時間に余裕がないため難しいです、、、。1日でやりたい事が多すぎて時間が足りないですが、大学でダラダラと学んでいるより遥かに有意義だと感じています。

日本にいる間にできる事についてです。出発前に単語だけでもいいのでしっかりと覚えておくことをオススメします。また余裕があれば、普段日本で友達と話している内容を英語で表現できるか確認しておくと良いと思います。日本人は文法や語彙に関しては他の国の人よりできる方だと感じていますが、それを表現する機会がないため他の国の人より話せません。文法や語彙をできるだけ高いレベルで固めておくことで、すぐに話す練習に移ることができると考えています。文法や語彙が不十分だと、その都度詰め直していかなければならないので効率が悪いと感じました。私は長年サボってきたツケを清算するために、纏めてやっているのでとても大変です。コツコツが大切です。

次回はイギリスに限らず海外から見た日本の文房具についてお話をしたいと思います。個人的に文房具が大好きなので話が脱線するかもしれませんが、お付き合いいただければ幸いです。IMG_3309.JPG

ではでは!

(画像:新しいホームステイ先のご飯。美味しいです笑)

イギリスのバスについて

March 20, 2019

こんばんは!

今日はこっちに着いてから一番暑かったです笑 日中はコートがいらない暑さでしたが、夜は少し冷え込んでいます。日本は薄手の上着で良いほど暖かくなってきたと聞きましたが、まだまだこちらでは上着が必要なようです。

さて今日はイギリスにおけるバスと、ついでに以前オーストラリアに短期留学していたのでオーストラリアのバスについても触れていこうと思います。

まずイギリスのバスについてです。日本の公共機関はかなり正確に動いているため、それと比較して海外はいい加減だと言われがちですが、イギリスはわりかし時間通りに動くものだと感じました。通常遅れても5〜10分程度でそこまで気になりません。ただ朝夜の通勤・退社ラッシュに関してはかなり混んでいて、普段30分で着く道が1時間近くかかったすることがあります。私が今使っているバスは、片道だけか、1日乗り放題か、1週間乗り放題を選んで購入できます。(ネット上でのみ1ヶ月以上の定期も買える模様?)1日乗り放題が£4.8に対して1週間乗り放題が£16なので、語学学校や大学に通うのであれば定期を買った方がお得だと思います。私は無くした時が怖いので1週間ごとに定期を更新することにしました。バスは2階建で、2階から見える景色が良いです。降りたいバス停が近付いたらボタンを押して停車してもらいます。ここが日本とは違うところで、次は〜〜といったアナウンスはないので、心配であればバスの運転手さんに降りるタイミングを教えてもらうのがいいと思います。

IMG_3244.JPG

次にオーストラリアのバスについてです。先に言っておきます。かなり適当です笑 5分遅れてるならまだしも5分早く来ていってしまうことが多々あります。また20〜30分以上遅れている

こともあり、ようやく来たと思ったら運転手が車内で音楽をガンガンに鳴らしながら到着することもありました。日本では考えられませんが、誰も気にしていないようで、むしろみんなノリノリだったりと国民性が表れているなと感じました。TripViewというアプリを使えばどのバスが今何分早くもしくは遅れているのかがわかるのでオススメです。日本でいうSuicaのようなものでOpalカードというものがあります。トップアップ(チャージ)をすることで利用できますが、日本と違うのは基本的にOpalカードがないと乗り物に乗れないことです。近隣のスーパーのカウンターなどで購入することができます。訪れる際は気をつけましょう。またイギリスと同じく、降りるときにアナウンスがないので降りたいところの風景などを覚えておく必要があります。私はがっつり寝ていてとんでもないところで降りたことがあるので、そうはならないようにお気をつけ下さい笑

参考になることがあれば嬉しいです。これからも気がついたことについて記事にしていきたいと思います。

ではでは!

友達とお昼ご飯を食べに行きました。

March 17, 2019

おはようございます!

普段は夜に更新していますが、昨日自分で作って食べた夜ご飯に当たったのか、お腹が痛くて眠れないのでこの時間に更新します笑 2日前に炊いて冷蔵庫で保管していたお米も危ないということを覚えました笑

さてさて土曜日は以前から約束していたサウジアラビア人のお友達とご飯を食べに行きました。事前の話だと3人来ると聞いていたのですが、何故か2人しかいませんでした、、、笑 またインド料理を食べに行くと聞いていましたが、何故かブラジル料理とサウジアラビア料理の二択に。結局みんなでサウジアラビア料理を食べに行きました。この辺の雑な感じがとても好きなお友達です笑 

サウジアラビアの料理はとても量が多く、写真は2人前だそうですが、3人でも残してしまうほどでした。また普段日本人は箸やスプーンなどを利用してご飯を食べていると思いますが、サウジアラビア人は右手を利用してご飯を食べていました。一応知識として知ってはいたのですが、実際に見てみるとなかなか豪快で、文化の違いを身に染みて感じました。せっかくなので少し挑戦してみましたが、やっぱり私には箸やスプーンといった道具を使う方があっているなと感じました。料理は少し辛かったですが美味しかったです!

ECマンチェスター校にはサウジアラビア人が多く、彼らはとてもフレンドリーで話しやすいです。特に日本のアニメや漫画が大好きだそうで、日本人だということを伝えると、必ずと言っていいほどワンピースやドラゴンボールと言った言葉が聞こえてきます。中にはなかなかマイナーな漫画もあって、むしろ逆に私がオススメされる側に回っています笑 留学を考えている人は、できれば一度目を通しておくと話が弾むかと思います。また何かしらオススメできる自分の好きなアニメや漫画について、簡単に伝えられるようにしておくと良いと感じました。

今日は一日グダグダしながら勉強するか、いい感じのカフェを探して街へ出るか悩んでいますが、とりあえず二度寝をしてから考えたいと思います。


IMG_3195.JPGではでは!

バスが、、、。

March 15, 2019

こんばんは!

少し身の回りがバタバタしていたため更新が遅れてしまいました。申し訳ありません。

到着から2週間ほどが経ち、少しずつ街に慣れてきました!街中にはお洒落な服を着た人がたくさんいるのでとても参考になります笑 依然として気温の変化は激しいですが、ここ数日は雨がほとんど降っていないので快適に過ごせています。

さて今日はつい最近あったアクシデントについてお話しします。

私は普段バスに乗って通学しており、行き道は目的地が終点なので寝たり音楽を聴いたりしながらゆっくりしています。その日は少し朝早くて眠かったのでうとうとしていました。すると突然バスが路肩に停車しました。あまりに急だったのでびっくりしていたところ、車掌さんが2階に上がってきて、「 The bus was broken! Please get off! 」と言うので指示に従って降りることに。どうやら突然故障したようで、とりあえず全員降りてくれと言われました。どうしようか考えていたところ、後ろを走っていたバスが止まってくれて、乗客を全員乗せてくれたので何とか学校には間に合いました。なかなかない貴重な経験をすることができましたが、20年間生きてきて初めての出来事だったので少しびっくりしました笑

また今日はチャリティーデーだったようです。(それと関係あるかはわかりませんが)3時間ある授業のうち1時間半を使ってみんなでお茶をしようと言う話になり、授業の一環としてみんなでカフェに行きました。私のクラスはサウジアラビア人が7割を占めているのですが、アラビア語が禁止されたため、みんな頑張って英語で会話していました。普段は授業で関わりがあるくらいの付き合いでしたが、ゆっくり時間をとっていただいたおかげでクラスメイトのことを知れて良かったです。パンケーキを食べながらタイ人とサウジアラビア人の友達と色々話しましたが、日本人が少ないこともあってか、日本のことについて質問攻めにあいました。日本の勤務時間の長さや、日本人はなぜ冷たい飲み物を好むのかなどといった普段考えないようなことまで質問されて大変でしたが、考えるいいきっかけになったと思います。国ごとに文化が違うのは理解していたけれど、実際に話を聞いてみるととても面白かったです。

明日はサウジアラビア人の友達とお昼の約束をしているのでほどほどにして寝ようと思います。

ではでは!IMG_3174.JPG

最近ハマってます

March 13, 2019

こんにちは!

到着してからほぼ毎日雨が降っていましたが、ここ最近は晴れている時間の方が長い気がします。

相変わらず気温は上がったり下がったりで安定しませんが、少しずつ慣れてきました。

さてブログのタイトルにもあるように、今日は最近ハマっているお昼ご飯について紹介します。

基本的にはお昼は学校があるので外食になります。最初のうちはハンバーガーをよく食べていたのですが、1食当たり£6〜7(900円〜1000円)とそれなりにかかっていたので、もっと安くて美味しいものはないかと探していたところ、サウジアラビアの友達がtikka(ティッカ)を勧めてくれました。

tikkaはインドの鶏肉料理で、タンドリーチキンと似たような味です。それの骨なしで小さめに切ったものになります。私がよく行くお店では、tikkaとその他の野菜を合わせて生地で包んで焼いたものが売られています。トッピングを選ぶことができ、野菜やソースを好きなものを選べるので飽きがきません。また1食£5=750円(ドリンクなしだと£4=600円)と比較的安い上に、不足しがちな野菜も取ることができるのでオススメです。店員さんもとても優しくすっかり気に入ってしまいました笑

マンチェスターの中心部のバス停から徒歩2分ほどの距離にあるので、近くを立ち寄った際にはぜひ食べてみて欲しいです。(写真を撮っていないので後日更新します)

今週末はサウジアラビアのお友達が他のオススメのインド料理を紹介してくれるとのことだったので楽しみです!

ではでは!IMG_3054.JPG

街を散策しました

March 10, 2019

こんにちは!

本来なら昨日の夜に記事を更新したかったのですが、歩き疲れて寝てしまったので珍しくお昼に更新します笑

タイトルの通り、昨日は一日中マンチェスターを散策していました。マンチェスターは古着が有名で、Oldham Streetという通りにお店が集中しています。昨日はさらっとですが、Vintageという看板が目に入ったお店を見てきました。最終的にナイロンジャケットを2着で£15で購入しました。気に入ったものが見つかって良かったです。古着の中にはPOLOやL.L.Beanといったブランド物もありました。ブランド物でも中には3000円を切るようなものもちらほら置いてあったので、古着が好きな方は一度訪れてみるのも良いかと思います。

また先日物価が高くても安く生活用品を買えることに気がついたと記事にしましたが、そのことについて書いていきます。それはアウトレットを利用することです。イギリスではTK Maxxというアウトレットが有名だそうで、いくつかの都市にお店があります。基本的には現品限りのアウトレットで、調理器具をはじめ、服や香水、靴や時計など幅広く取り扱いがあります。店内は広いため、しっかり見ていたらかなり時間が必要かなと思いました。店内をぶらぶらしている時に見つけたパーカーを購入しましたが、£48→£15で買えてホクホクです。値引率は最大で60%程だそうなので、上手く活用できれば生活費を抑えることができると感じました。

明日は週の初めでテストがあるので、ゆっくりしながら勉強したいと思います。IMG_3081.JPGIMG_3082.JPG

ではでは!

イギリスでの食事について

March 09, 2019

こんばんは!

ようやく一週間の授業が終わりました!未だ慣れないところがあり大変ですが、これからも頑張りたいと思います。

不思議なことに今日(金曜日)の授業はいつもの半分ほどの人数しか出席していませんでした。ですがすぐに理由がわかることに。英語でプレゼンテーションをしなければなりませんでした、、、。皆さんあまり好きでないようで、直前の授業までいた人も帰ってました、、、。なかなか難しかったですが、とても勉強になりました。サボらず頑張ります笑

さて約一週間マンチェスターで生活してみて、食事について感じたことを書いていきます。まず初めに言っておきます。食事に期待するのはやめておいたほうがいいです。イメージとしては日本食から2〜3段階グレードを落としたものを想像しておいた方が良いでしょう。日本を訪れたことのある先生方は、日本食は何を食べても本当に美味しいと絶賛していました。わかります。私も今そう感じています。普通に美味しいのはハンバーガーくらいでした。

私は2年程一人暮らしをしており、ある程度は料理ができるので何とかなっていますが、正直結構厳しいです。というのも物価はほどほどに高いので、毎食毎食外で食べているとかなりお金がかかってしまいます。長期で留学する方はある程度は作れるようにしておいたほうが良いかもしれません。

自炊することを前提にして話を進めていきますが、私がこれは持ってきた方が良かったなと感じたものを紹介していきます。

まず調味料。醤油、塩胡椒、ポン酢、焼肉のタレあたりでしょうか。オーストラリアの友達が最悪焼肉のタレをかければ何とかなると言っていましたが、今ならその気持ちがわかります。

次に調理器具。さいばしはあった方が何かと便利だと感じました。その他木ベラなどの調理器具も気持ち大きい(太い?)気がするので、余裕があれば持ってくると良いかもしれません。計量カップもあると便利だと思います。フライパンは荷物としてはかさばるので現地で購入した方が良いと思います。現地では普通に買うとかなり値が張りますが、安く買える方法に気がついたのでまた後日紹介しようと思います。

他にはインスタントのお味噌汁やラーメンがあったら良いと思いました。

あくまで私が感じたことなので個人差はあると思いますが、こんな感じです。

マンチェスターに着いてから初めての落ち着いた週末なので、街を散策したりショッピングを楽しみつつ、勉強に励みたいと思います。

ではでは!IMG_3055.JPG

雨続きです。。。

March 07, 2019

こんばんは!

マンチェスターに来てからほぼ毎日のように雨が降っています。降ったり止んだりで偏頭痛持ちにはなかなか厳しい環境です。

さて火曜日から授業が始まりました。今のクラスに新規で入ったのは私だけでしたが、皆面白くて優しい人ばかりで何とか馴染むことができそうです。午前授業と午後授業を繰り返すリズムにまだ慣れていないためか、若干疲れを感じていますが何とかやれています。

少し話題が変わりますが、ハウスルールというものをご存知でしょうか?ハウスルールとは、私たちがホームステイ先で生活するにあたって守るべきルールのことを指します。前回オーストラリアに短期留学した際にはハウスルールは門限が18時(遅れる際は連絡し、夕食が必要かどうか伝えること)以外にほとんどありませんでした。今回のホームステイ先では、ハウスルールが記載されたA4サイズの紙を頂きました。このハウスルールですが、困ったことに書いてあることが全てというわけではないみたいです。というのも自分で料理をして良いと言われたので、許可を取り包丁を借りてお肉を切っていたところ、それは野菜用の包丁だ!と怒られてしまいました。他にも洗濯の仕方や細かいルールが記されていない事もあるので、トラブルにならないためにも一つ一つの動作の前に確認を取る方が良いかと思われます。日本での常識が海外の常識だとは限らないので気をつけましょう。

次回はイギリスでの食事について、自分なりに感じた事を書いていこうと思います。

ではでは!

IMG_3033.JPG

学校初日

March 04, 2019

こんばんは!

今日は学校初日でした。昨日とは打って変わって朝から気温が低く、1日中雨が降ったり止んだりしていました。マンチェスターは思ったより暖かいと昨日の記事に載せましたが、そんなことはないようです。

雨が降ったり止んだりしている中で、街ゆく人々はあまり傘をさしていなかったことに気がつきました。大半の人がナイロン素材のアウターを着ており、雨に濡れても気にしていないようでした。私はウール素材のコートを着ていたので、水を吸ってしまい重くなって大変でした。

到着3日目にして初めて日本人と出会いました!語学学校に一人だけ日本人の女性がいましたが、その他には街を歩いていても全くすれ違う事もないのでびっくりです。以前短期で一ヶ月間オーストラリアに留学した際は日本人だらけだったので、日本語が聞こえない環境に身を置きたい人にはオススメできるかと思います。

語学学校の中の国籍の比率はサウジアラビアが圧倒的に多かったです。次にドイツでした。アジア系は遠いだけあって少ないですね。仲良くなってお昼ご飯を何人かで一緒に食べましたが、クラス分けテストの結果、同じタイムスケジュールになれなかったのが残念でした。(AグループとBグループに分けられ、Aグループが午前授業ならBグループは午後授業、Aグループが午後授業ならBグループは午前授業となっています。)

明日は午前授業なので、少し早めに寝たいと思います。ではでは!

IMG_3012.JPG

マンチェスターに到着しました!

March 03, 2019

こんばんは!

少し記事をあげるのが遅くなってしまいましたが、無事にマンチェスターに到着することが出来ました!

時差が9時間もあるということで、寝て調整しようと飛行機ではずっと寝ていました笑

その甲斐あってか時差ボケはほとんどないのですが、代わりに少し困ったことに。

マンチェスターに到着したらタクシーカウンターに名前を告げれば送迎して頂けると聞いていたのですが、きちんと伝わっていなかったのか、1時間半ほど空港で足止めをくらってしまいました、、、。

さらにホームステイ先に着いてからいくつか日本に忘れてきた物に気がつき、長時間フライトと合わせて肉体的にも精神的にもクタクタな1日でした。

今回は現地でも買える物だったので良かったですが、準備は念入りにしておくことをオススメします。

1日目はなんだかバタバタしていたので、2日目はゆっくりさせてもらいました。足りないものなどを買うため、近くのスーパーまでバスを使っていきました。

物価が想像していたより高くなくて安心しました。また気候も思ったより暖かくて生活しやすそうです。

明日から学校ということで、少し早く寝て明日に備えようと思います。

IMG_3003.JPG

ではでは!

留学直前!

February 28, 2019

初めまして!田村亘です!

留学まであと数日ということで、留学前の手続きや準備に追われています...。

留学期間中に運転免許が切れてしまうことに気がつき、大慌てで更新しに行きました笑

そんな中ですが先日、留学前に行われる最終ガイダンスに参加してきました。留学にあたっての注意事項や忘れがちな物などを確認することができて良かったです。

IMG_2932.JPGマンチェスターに約1年間留学している間に、気がついたことやオススメしたいことを積極的にブログに載せていこうと思います!不慣れではありますが頑張りますのでよろしくお願い致します!

プロフィール

profile
田村 亘さん(20歳)

高校入学当初から留学を考えていましたが、特に何をするわけでもなく、気がつけば大学2年生になっていました。今の環境に甘えてしまっている自分を変えたかったので留学を決意しました。幼い頃からサッカーが好きだったので、イギリスではサッカーを通して世界中に友達を作りたいと思っています。また色々なところをぶらぶらとすることが好きなので、日本とはまた違った雰囲気を楽しみたいです。

カレンダー

ECマンチェスターに通う留学生ブログのページです。
留学の実現はここからスタート!短期留学や語学留学はもちろん、ワーキングホリデー、大学留学、大学院留学まで幅広くご紹介している留学ジャーナルが、皆さんの海外留学への思いをカタチに変えます。海外留学の実現は、留学ジャーナルで!

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

フリーコール:0120-890-987

留学に関するお問い合わせはお気軽にお電話にてご相談ください

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索

本社:〒160-0016 東京都新宿区信濃町34 JR信濃町ビル6階
観光庁長官登録旅行業第1695号 一般社団法人留学サービス審査機構(J-CROSS)認証事業者
一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員 一般社団法人留学・語学研修等協議会(CIEL)正会員 一般社団法人海外留学協議会(JAOS)正会員
NAFSA Association of International Educators会員 特定非営利活動法人国際教育交流協議会(JAFSA)賛助会員
このサイトに関するお問い合わせは e-mail:rj-webmaster@ryugaku.co.jp

TOP