海外研修の現場から ~留学ジャーナルコラム~

手配業者に求めるのは、「安心」それとも「安さ」?

 この春休み、多くの中高生や大学生の皆さんの語学留学、ホームステイツアーのお手伝いをさせていただきました。卒業を控えた大学生の中には、例年、社会人になる前の、最後の長期休暇を留学に費やす人もいれば、国内、国外、異なるグループで、いろいろな場所へ旅行に出かけるという人も多く、思い出づくりに夢いっぱいの人たちで賑わう空港は、いつも以上にワクワクします。そんなワクワクを一気に消し去る事件、旅行会社「てるみくらぶ」の倒産が報道されました。150億円をも超える大きな負債を抱えての倒産ということで、申し込んだ旅行に...

続きを読む

子ども達の熱戦に感動! 英語スペリングコンテスト観戦レポート

2017年3月4日、東京芝浦にあるジャパンタイムズ本社で、今年第8回を迎えた The Japan Times Bee が開催されました。初めて聞く人も多いと思いますが、簡単にいうと、小中学生の英単語つづり方コンテスト。この大会に向けて小学校や中学校で開催された選考会に勝ち残った35名の9歳から14歳までの子どもたちが全国から家族、先生たちの声援を受けて集まっていました。 この大会の優勝者はワシントンD.Cで開催されるNational Spelling Beeの全米決勝戦への出場権を獲得できるのですが、この...

続きを読む

社会人になって後悔する、「もっと英語を勉強しておけば・・・」

先日、ある会報誌に書かれていた記事に出典されていた調査結果に目が留まりました。ここに書かれていた特集記事のテーマは、大学生のうちに資格を取得しておこうという話で、そこに掲載されていた表「一般成人が後悔していること」にハイライトされていた「資格をとらなかったこと 29.9%」の上に、堂々一位であったのが「学生時代に英語の勉強を十分にしなかったこと 32.9%」でした。 さらに詳細を知りたくなって、出典元のウェブサイトを探しにいったところ、年齢別、最終学歴別、学科別から、勤務先の業種、現在の職業、勤務先の職位...

続きを読む

2017年、アスリート養成の留学も本格始動か!?

2016年、リオから多くの感動を与えてくれたアスリートたちが、次の東京に向けて動き始めている様子とともに、この年末年始には多くのテレビ番組にシーズンオフを日本で過ごす海外日本人アスリートたちが顔を出していました。 4年後の東京も気になるところですが、フィギュアスケートファンの私にとっては、来年の冬季大会が気になるところで、先月の日本選手権に出場した10代半ばの選手たちのこれからの成長に期待が大きくなりました。残念だったのはインフルエンザで欠場になってしまった羽生選手ですが、コーチのブライアン・オーサー氏や...

続きを読む

2016.03.06 「ぐんま国際アカデミー(GKA)ドキュメンタリー映画祭」開催

過日、ぐんま国際アカデミー(GKA)10年生(高校1年)による映画祭が開催されました。 同校はインタビューページにもあるように、国際バカロレア(IB)校としての認定を受け、国際人を育成する理念を掲げた学校です。校内は英語環境が整っており、校内放送や「土足禁止」のサインなどもすべて英語・日本語両方で、バイリンガル教育を徹底しています。 映像に関しては、まず10年生は1年間をかけて、映像制作を基礎から学び、10~15分の映画を制作。その集大成として今年、第1回目となる映画祭を開催。プロジェクトの顧問でもある諏...

続きを読む

娘・5歳での親子留学。そして7年後の成果は...

「子供の頃から英語に触れさせたい、海外を体験させたい」そんな親御さんからのお問い合わせが増えています。私もそんな親の一人。今回は、我が家の親子留学体験について書いてみたいと思います。 娘が1歳になる前から子供向け英会話教室(イーオンキッズ)に通わせていたのですが、小さいうちに本場の英語に触れさせたいと思い、機会を伺っていました。そして娘が5歳のとき、古い知り合いから偶然、「オーストラリアのパースで子供向けのプログラムを行っている」と連絡があったんです。 内容を聞くと、同年代の子供がいる家庭にホームステイし...

続きを読む
海外研修のことなら留学ジャーナルにお任せください!まずはお気軽にお問い合わせください。 フリーコール 0120-890-087 ※お近くの支店へ繋がります。 お問い合わせはこちら